うちの子5歳ひとみしり男子、初めてのキッザニア体験記

そうなんです、先日行ってきたのですキッザニア
子供向けのお仕事体験テーマパークみたいな。それもけっこう本格的で、モスバーガーとかピザーラとか本物の企業が出店してて、それぞれ本物の各社の社員さんが常駐してるんですって。そして子供たちを相手に「新人研修」をおこなってくれる、という体になっている。「はい〇〇ちゃん、〇〇しようね〜?」みたいな子供向けなかんじじゃなく、「それでは本日担当を勤めさせていただきます〇〇と申します。〇〇さんにはこちらとこちらをおこなっていただきます」みたいな。さん付けのビジネス喋り。おもしろい。

モスバーガーピザーラも、本物のハンバーガーやピザを作れるのです!
それで焼いてもらって、お給料もらって(キッゾという通貨)品物もらって出てくる。空きスペースで食べる。楽しい。

で、うちの子ね。タローさん5歳、性格ひとみしり。引っ込み思案。インドア派。理系朴念仁。
いってきましたキッザニア。平日たまたま時間が取れたので朝頑張って早起きした!
といっても豊洲駅到着が9時だったので、ガチ勢の7時から並ぶ!みたいな方々に比べたら全然ぬるい…それでも結果的には、6つくらいのお仕事体験ができて、かなり満足でした!

以下、うちの子のキッザニア初体験レポートです。
というかほぼほぼ「ひとみしりで隠キャなうちの子、お仕事できるかな…」日記です…あんまり参考にはならないと思うのですが、資本主義とか日本の社会における仕事や子育てとか、色々考え込んでしまったので記録しておきます。

 日にち:2019年9月の平日、午前の部
 到着時間:9時過ぎ(〜15時まで)
 子供:5歳の男の子一人
 性格:ひとみしり、隠キャ、理系

“うちの子5歳ひとみしり男子、初めてのキッザニア体験記” の続きを読む

米津玄師『馬と鹿』も、星野源『フィルム』も、ゾンビが出てくるMVまとめ[ゾンビ]

はい、さきほどの『Dr.STONE』のOP『Good Morning World!』がかっこよすぎてつらいの続きっぽく、MVのお話です。

大泉洋さんと上川隆也さんのドラマ『ノーサイドゲーム』主題歌、米津玄師『馬と鹿』。
ドラマをオットと見てるんですが、こないだ通りすがりに「米津のPV、ゾンビだったぞ」と言われてファッ!?ってなって見てみたらば。
なるほど確かにゾンビではありませんか。


うん、ゾンビでした。
そういえば星野源ちゃんもゾンビでPV撮ってたな。最近はミュージックビデオの略でMVっていうのかな?


この源ちゃんのはむしろ冒頭のマーティーマクフライ寝の方が気になるんですけども。寝相がマーティー。バクトゥのね。『Back to the Future(バック・トゥ・ザ・フューチャー)』

え、実はみんなゾンビ好きなの?
あんま脈絡なくない?ゾンビに必然性が。

OT「マイケルジャクソンリスペクト?」

ああ!!
ええ!?
スリラーね。うん。わかるよ?わかるけど。
マイケルリスペクトは、星野源ちゃんは確かにマイケル好きを公言してるし毎回PVにダンスを取り入れてるけど、米津は…?米津とマイケル…関連性ある…??

OT「米津も紅白でダンスを取り入れてたし」

ああ…あの前衛的な…よく覚えてるね。確かに衝撃的だったけど。

まあいいや。細かいことはわかりませんが、とりあえずゾンビ好きとしては取り扱っておかないとかな、と思って載せました。

米津さんの『馬と鹿』といえば。
ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の佐々くんがこんなことを。
“米津玄師『馬と鹿』も、星野源『フィルム』も、ゾンビが出てくるMVまとめ[ゾンビ]” の続きを読む

声優×怪談:NHKにて怪談の朗読劇を8/14,15(水木)2夜連続放送!神谷浩史、三石琴乃、池田秀一など豪華声優陣

全然更新できてなくてすみません元気です!いや元気じゃない!ついさっきからお腹壊してる!たぶん昨日オットと生牛肉のタルタル食べたせい!オットはもちろんぴんぴんしてる!
それはともかく!

ビオフェルミンも飲んだし経口補水液もとったので子供のお風呂と歯磨きはオットにまかせて寝ようと思っていたのに、脂汗かきながらそろりそろりと台所の片付けを済ませてさあ寝ようと思っていたのに、オットからLINEでこんなん届いてたから!
あさってですよ皆さん!見ないとこれ!神谷浩史!

タイトルにほぼ全部詰め込んだけど、あさって8/14,15(水木)の夜、22:50から30分放送ですって。
NHK総合ですって。

声優×怪談:怪談の朗読劇が2夜連続放送 神谷浩史、緒方恵美、竹達彩奈、三石琴乃、桑島法子、池田秀一、うえだゆうじの豪華声優陣 – MANTANWEB(まんたんウェブ)

公式サイトでは予告編動画も見れます。
“声優×怪談:NHKにて怪談の朗読劇を8/14,15(水木)2夜連続放送!神谷浩史、三石琴乃、池田秀一など豪華声優陣” の続きを読む

映画『宮本から君へ』最新ポスタービジュアル解禁!池松壮亮と蒼井優の全開な笑顔がつらい

クリックすると全体が表示されますよ。ぜひどうぞ?そしてつらくなって?


もうね、つらい。
つらE。
この幸せそうな弾ける笑顔の二人にこのあとどんな災厄が降りかかってしまうのか、あるいはすでに起こってしまいそれを乗り越えた末だったとしても一体何があったのか本当に必要だったのか当時の変態デスクに焚きつけられて変態作家新井様の目がギラついてあんな展開になってしまっただけで本当にあんなこと必要だったのか。
とかとか色々考えてしまうのでつらE。

まあでも、なんか、すごいらしいので。
女性に見て欲しいらしいので。
前売りも買っちゃったし。
あ、すごいです特典ファイル付き前売り、売り出し翌日には先着順の特典なくなってました。すごいよ宮本人気だよオットくん。

OT「身内が買い占めてるのかもしれないだろ」

ええ!身内というかガチファンが!?1人で何枚も!?
てかオットくん、ポスタービジュアルもできたよ。

OT「この2人が…あんなことに」

だよね!思うよね!この笑顔!

“映画『宮本から君へ』最新ポスタービジュアル解禁!池松壮亮と蒼井優の全開な笑顔がつらい” の続きを読む

映画『宮本から君へ』の特報見ましたか!?ドラマ再放送もやってるよ!ムビチケ特典は新井英樹描き下ろしクリアファイル7/12発売!

これなこれこれ!
見た見た!?みんな!!


やる気だ!!
公式さんまるっとやる気だ!!
ドッキドキでございます!!

こんな情報も見つけたの。
ムビチケ特典は池松壮亮くんと新井英樹描き下ろし宮本の両A面クリアファイル。
買ったよ!予約したよ!

映画『宮本から君へ』 ムビチケ特典は新井英樹描き下ろしクリアファイル|NEWSポストセブン

7/12、今日から発売だよ!特典ファイルは早い者勝ちだよ!
せっかくだから買っといたよ。オットのと2枚。
オットがえって言いそう。えっ見に行くって言ったっけ?って。
正直アイリーンも嫌がってたけどこないだむりくり一緒に見た。Amazonプライムで。
なので今回も一緒に行こうよ!行こうよ行こうよチケット買っちゃったし!ファイルもついてきちゃうし!

購入どうしたらいいのかよくわかんなくてちょっとややこしかったのでリンクを貼っとくよ! “映画『宮本から君へ』の特報見ましたか!?ドラマ再放送もやってるよ!ムビチケ特典は新井英樹描き下ろしクリアファイル7/12発売!” の続きを読む

うちの子が世界の真理に気づいてしまった時のオットくんの神対応

トントン紙ずもう (WORK×CREATEシリーズ)
COCHAE(コチャエ)
コクヨS&T
2012-10-01



はい6月は父の日もありオットくんの誕生日もある月なので、普段父ちゃんキライシリーズとか作られて虐げられているオットくんポイントアップキャンペーン月間的に、そんな感じの記事を続けてみます。あと母ちゃんの失敗第二弾です。

えーうちの子タロー5歳、父ちゃんと「でこ相撲」をするのが好きでして。
タロー氏考案、単におでことおでこをくっつけあって倒れた方が負けという勝負です。タローさん遠慮容赦なく力一杯押してくるから痛いんですけど、タローさんのご機嫌によって通常は概ねスキンシップを拒絶されている父ちゃんにとってはタロさんがニッコニコで顔をくっつけてくるなんてすてきにご褒美というwin-winな遊びなのですが。

ある日私にもタロさん挑んできまして。

TR「母ちゃんもでこ相撲やる!?僕強いんだよ!?」

いいともさ、やろうじゃないか。
そして私がでこ相撲で本気出して勝ってしまいまして。
子供との勝負事には遠慮せず全力出していくスタイル。

タロー、しばらく無言でおでこをさすさすしながら、しまいにはしきりと目をこすり始めてしまい。
悔し泣き。タローさん悔し泣き。
超かわいそう。超かわいそう。
父ちゃんからの冷ややかなまなざし。
何よ。何が言いたいのよ。

しかも問題はここからで。
“うちの子が世界の真理に気づいてしまった時のオットくんの神対応” の続きを読む

[まじめに]うちの子3歳「なんで母ちゃんは優しい時と怒ってる時があるの?」

はい先ほどの、うちの子4歳(当時)にガチ説教されたお話の、ちょこっと補足です。

「母ちゃんはせっかちだからすぐイライラして僕のこと怒っちゃうんだ、っていつも言うでしょ」のとこ。
そうなんです、私いつもこう言ってるのです。
遡ること3歳はじめ頃のタローさんとの会話で。
(最初2歳半と書いていたのですが、アルバムメモを遡って調べたら3歳はじめでした)

小TR「ねえねえかあちゃん?」

うん?

小TR「かあちゃんは、やさしいときと、おこってるときがある」

うん。

小TR「なんで?」

よくぞ聞いてくれました。
あ、うちの子言葉早かったので2歳半頃からけっこうこんな感じで込み入った話ができたんです。

よくぞ聞いてくれました。
母ちゃんが怒る時には、大きくわけて2つの理由があります。
“[まじめに]うちの子3歳「なんで母ちゃんは優しい時と怒ってる時があるの?」” の続きを読む

[まじめに]父の日のオットくんの説教と、うちの子幼稚園児、小学校へのプレッシャーに戸惑っているのかもしれない



さて父の日の大騒ぎについて書きましたが、今回はちょっとまじめに。

幼稚園での父の日イベントで、緊張したのか恥ずかしかったのか、集団行動を乱しまくって走り回って荒ぶりまくってしまったタローさん。
さすがにこの日のタローさんはいきすぎだったので、オットくんはタローに説教したんだそうです。
“[まじめに]父の日のオットくんの説教と、うちの子幼稚園児、小学校へのプレッシャーに戸惑っているのかもしれない” の続きを読む

父の日とうちの子と蒲田くんとオットくんの知られざる危機

ええ、蒲田くんってあの蒲田くんでお間違いないです。

シン・ゴジラ
長谷川博己
2017-03-22



ほらこないだの日曜、父の日だったじゃないですか。先々週。幼稚園では父の日のイベントがあったのです。お父さんと遊ぼう!っていう。
みんなそれは楽しそうでした。私は卒アル係なので撮影のために参加したんですけどね、子供たちみんないつもの教室に珍しくお父さんが来てるもんだから嬉しくて大興奮。自分のお父さんじゃないお父さんともドンジャンケンポンとかやって大盛り上がり!
していたのですが。

一方うちの子、おこ。

うちの子タロー5歳年長さん、普段と違った環境に緊張してしまったのか、みんなの中にちっとも加わらず。
みんなお父さんと仲良くきゃっきゃしてるのに、うちの子おこ。ほら呼んでるよ、と父ちゃんが差し伸べた手をひらめくような速さで振り払って打ち込み打ち込み。しかも背中の動きからかなり本気の全力のやつだと知れるやつ。
ええ…タロちゃんとこだけ険悪…
そうです、発動しちゃいけない場面で「父ちゃんキライ」モード全開だったのです。
タロー氏、ゲームに参加せず。
時々オットくんだけ参加してました。みんなお父さんと仲良く参加してるのに。ぼっち。ロンリーすぎる。公開処刑。

中盤の山場、お父さんが子供を持ち上げてスーパーマンみたいに掲げながら走るリレーでは、やっと参加する気になったのかタローさん最後尾にスタンバイ!あれでもよく考えたらそこリレーのアンカーという超重要な位置なんだけど大丈夫かな…と気付いた時には遅かった。果たしてうちの子とオットくんの番がまわってきたと思ったら!

タローを抱えようと屈み込むオットくん。
抱えられたくないタロー、逃げる!

高這い(膝をつけない四つん這いのこと)で高速遁走!!

その不気味な動きは蒲田くんそっくり!!

そんなわけで蒲田くんです。
“父の日とうちの子と蒲田くんとオットくんの知られざる危機” の続きを読む

ちょっと前のホラーゲーム『P.T.』プレイ動画を見たらえらい怖かったけど本当に怖いのは人間(小島監督とコナミのあれ)

いやほんと。ゾンビものでよくある「本当に怖いのは人間だ」系ですね。マジ怖い。
あのね、先日小島監督の『DEATH STRANDING』最新トレーラーが発表されたり、発売日が11月8日と発表されたりしましたでしょう?その関係でオットくんが見つけてきた情報で、「ヒデちゃんのホラーゲームがあるらしいぞ」と。なにそれ見たい!

しかし、オットくんも発表当初の2014年にダウンロードしておいたのだそうですが、なんと例の小島監督とコナミの揉め事のあれこれで、コナミがゲームデータを抹消しちゃったんですって!新たなダウンロードができないだけでなく、すでにダウンロードしておいたユーザーもプレイできない状態に!すご!なんでそこまで!?ヒデちゃん憎けりゃ完成配布済みのゲームまで憎いのか!
この問答無用の強硬措置は、国内外で相当議論を呼んだ、というかコナミへの批判が強かったそうです。でも、2014年当時に相当物議を醸しても今現在データが戻ったりもしていないのね…ううむ…。

仕方ないので、ゲーム実況プレイヤさんの動画を当たってみることにしました。
こんなふうにタダで享受してしまうのは心苦しいのですが、デジタルデータでこういう形を取られてしまうと中古ゲームソフトを買ってくることもできず、他に手がない。どうせならさー、有料配信にして小金もうけりゃいいのにコナミ。それじゃダメだったんだろうか。

で、検索してみたらあら実況主さん先日のバイオ豆腐の方じゃないですか。
30分弱の動画が二本ありました。


こっわ。
こっわ。
“ちょっと前のホラーゲーム『P.T.』プレイ動画を見たらえらい怖かったけど本当に怖いのは人間(小島監督とコナミのあれ)” の続きを読む