うちの子のお店やさんごっこ

TR「母ちゃん!お店やさんごっこするよ!こっちきて!早く!」

とある日の夜、歯磨きするよー、と呼んでいたのはこっちのはずだったんだけど…まあいいか珍しく早い時間だし…はい来ましたよ。

TR「はーいまだ開店してないのであっちいっててくださーい」

えっ呼んだのに?
斬新な接客だな。
はいわかりました…

ちょっと離れたところにいたら、とことことやってきてタロー、

TR「はーいこれ食べて待っててくださーい」




(参考画像)




ピザ。
おもちゃのですけど。
ピザ。
重い。サービスでちょっとつまみながら開店を待つには重い。
“うちの子のお店やさんごっこ” の続きを読む

うちの子、モスバーガーのおまけのコマを回す才能が開花

ええなんかすごいのです。
モスバーガーの子供セットにね、おまけのおもちゃがついてて毎回違うのもらえるんですけど。うちの子タローもうすぐ4歳、先日はコマを選びまして。床の上で母ちゃん見て見て?って、くるくるっと上手に回すのです。あら上手だねえ、ちょっと前までこの指先でくるっとやるのができなかったのに。キレイに回せるねえ。

母ちゃんもやってみて、と言われてやってみる。くるくる。回った回った。

タローがやる。すっと指を滑らせ、音もなく回るコマ。

えっ、なんか母ちゃんと違わない?もう一回やってみる私。くるくる。フローリングの上でコマの微妙な凹凸がカツカツカツ…と小さな音を立てながら回る。え、タローやってみて…?

タロー、一瞬のためのあと、すっとコマから指を離す。
無音。まったくの無音で静止しているかのように回るモスバーガーのコマ。

えええ、ちょ、何これオットくん来てー!?
PC部屋で仕事しているオットを呼びつけコマを回させる。オット、カツカツカツ…。やっぱり音するよね!?タロー先生お願いします。

タロー、すっ。
無音。完全なる静寂の中で揺るぎなく回り続けるモスバーガーのコマ。

すげえ!うまい!!何これうちの子天才!羽生くんのスケートのようにうちの子の才能がモスバーガーのコマを回す一点に華ひらいちゃった!その一点に!?羽生くんレベルで!?稼げないにもほどがない!?しかもモスバーガーのこのプラスチックのちゃっちいコマ限定なの!?(すいません)汎用性なさすぎない!?のび太のあやとりくらい無駄じゃない!?

と両親大騒ぎしている間にもすっすすっすと無音で回し続けるうちの子。自分で「うんまいねえ!すんごい上手でしょう!?」とめっちゃ調子乗ってました。うんうん天才だからな。モスバーガーのコマを回す分野においてな。狭いな。

それから数週間後、他のおもちゃに埋もれていたモスバーガーのコマを発掘し、あ、タローほらこれ回してみて?

カツカツカツ…。

うちの子の才能、さっそく枯渇。早かったな。


フーターズで踊ってきた

HOOTERS JAPAN
小櫃 謙
小学館
2012-01-31


『監獄のお姫さま』9話を見ていて思い出した、書きそびれネタ。

けっこう前なんですけどね、社会人バンド仲間の(あひるちゃんの世界の狭さが伺える感じですね、最近『監獄のお姫さま』の話題社会人バンド仲間の話題ばっかし。ええやんどっちも大好きやん!ほっといて!うそほっとかないで!仲良くして!)結婚パーリィの帰りにね、酔っ払い数人でおされして銀座新橋界隈を歩きながら楽しかったねー新婦ちゃんの松浦亜弥すごかったね!マジ上手かったし超可愛かった!しかもお客さん全員バンド仲間だから「新郎新婦の友人の出し物」の歌や演奏がどれもこれもクオリティー高すぎで。めっちゃ盛り上がった。
もう一軒どっか入ろうよー、って言ってたら、目に飛び込んできたフーターズのオレンジ色の看板。

赤坂・銀座・渋谷・新宿・名古屋・大阪・福岡でアメリカンパーティー!カジュアルアメリカンダイニング&スポーツバー「HOOTERS」

あっフーターズ!行ってみたーい!行っとくか!

って、行ってきたんです。イエーイって。女たちでぞろぞろと。
ってすいません男性もいました。完全においてけぼり。すごく嫌だったと思います。どうせなら男性だけで楽しみたかったと思います。

そんな知人男性の気持ちガン無視、店内にぐいぐい入る我々女たち。結婚パーリィ帰りのドレスで着飾ったほろ酔いウィメンズがヒールでカツカツ颯爽と、まるでSATC(セックスアンドザシティ)!すいません言い過ぎました。改行もせず早々に謝っておきます。似てるのは年齢だけです。歳は近くても都市も違いすぎる。ニューヨークと新橋。

店内はもちろんほぼ男性オンリー。フーターズのおねいさんたちの健康美を静かに座ってこっそり盗み見たり、いや別にフーターズじゃなくても良かったんですよ仕事の打ち合わせの店を探していたらたまたま目についたのがここだっただけで私はやましい気持ちなどない勤勉なサラリーマンですよと心で小芝居をしつつ盗み見たりしているであろうことは想像に難くないシャイでねんねな男性たちのテーブルの間を大はしゃぎでぶいぶい練り歩きながらお店の奥に案内される我々自称SATCウィメンズ(言ってるの私だけか)。男ウケ要素ゼロ。むしろマイナスしかない。皆さんすごく嫌だったと思います。

だがすまぬ、私たちも超楽しかった!テーブル担当になってくれたおねいさんも超喜んでくれました。女性のお客様少ないので嬉しいです~、しかも皆さん超オシャレじゃないですか!?ステキ~って。さすが接客業です。男も女も良い気分にさせてくれます。

で、フーターズってね、なんか、ダンスの時間があるんですね?皆さんご存知でした? “フーターズで踊ってきた” の続きを読む

美味しいビストロとうちの子に向けられた謎めいたキーワード

子供の幼稚園のお盆休みとトイトレが重なってゆっくりブログを書く時間がまったく取れない夏のまんなかに、なんてことのない日記っぽいお話。

今日(昨日)は家族でちょっとだけ遠出をして、いつも行かない方角の駅で降りて大きな公園に行き、近くでお夕飯を食べられるお店を探して行ってみたら超美味しかった!
まず上品かつ気さくな物腰の女性の店員さんから勧めて頂いた白ワインのグラスがまさしく今飲みたかった味!というぴったし感で感激。普通のサラダもひとつひとつの野菜がハッとするほど美味しくて、ドレッシングも味は薄めでこれといって特徴はないんだけど美味しい。サラダだけで大興奮でまた来たい!と思いましたが行きづらい!電車やら何やらを3本くらい乗り継がないとたどり着けない。でもまた来たい。

うちの子も、公園で遊びすぎて眠かったりで微妙にご機嫌斜めで叫んだり、ご機嫌戻ったかと思えばテーブルクロスを思いきり引っ張ろうとしたり(それはマチャアキにしか許されない芸だからやめて!と大昔の新春隠し芸大会のネタで止めました)、外食中は概ねお行儀良くしてくれるのにたまにある普通のお子さんモードで恐縮でしたがもうひと組も似たような年齢のお子様のご家族連れだったので肩身の狭さも軽減でした。
トイトレ真っ最中のうちの子、ちゃんとトイレでおしっこできたしパンはもりもり食べたしカルパッチョも食べて偉かった(他のものは勧められただけで叫ぶほど拒否でしたが)。

そんなお出かけの日の夜、お布団に入って絵本も読み終わり、電気を消すよ、という段になってうちの子がはたと顔を上げ、

「ねえねえ母ちゃん、なんでお店の人、アイス持ってきた時に『おこめ』って言ったの?」

そうだね言ってたねえ!
そうなのです言ってたのです。
ええと、父ちゃんも一緒のお出かけの時や、お客さんと一緒の時には特別にデザートを注文しても良い、といううちルールにのっとって、今回も食後にバニラアイスを注文したのですが。
お店の感じの良い女性が、アイスを持ってきてうちの子の前に置いてくれながらにこやかに、

「おこめ」

えっ。
にこやかに去っていく女性。
米粉のアイス、とかなのかな?と思ったけど食べてみるとそんな感じでもない、ごく普通のバニラアイス(たぶん自家製というわけでもないと思う)。上にかかっている赤いソースもラズベリーの味。タイミング的には「お米のソースですよ」という意味に取れるような言葉とお皿の置き方だったけど普通にラズベリー。
なんだったんだろう!?あの「おこめ」なんだったんだろう!?聞き間違い!?だったら何て?「お食べ」?いや違うよねカジュアルとはいえフレンチビストロで「お食べ」はカジュアルすぎるよね!?カジュアルっていうか田舎のおばあちゃん感出ちゃってるし!

何だったんでしょう…あれは一体。気になって眠れなくなって腕の中でくるくる回ってひとしきり寝ポジション探しをしてからすやすや眠る子供の眠気を誘う温かさにも打ち勝ってしまい、起きてきて今これを書いています。

ちなみに寝ポジ探し、今日は帰りの電車の中でも始まってびっくりしました。電車で隣の席から私の膝によじ登ってきて向かい合わせにぺしょんとくっついていたかと思ったらそのままもぞもぞ回転し始めて正面向いたりもう一周して向かい合わせになったり。くるくる。

お店は王子駅の「ビストロジュン」です(食べログ)。

 

堺正章 HIC-1021
堺正章
ビクター エンタテイメント株式会社
2008-09-01

 

オットくんと子連れご飯と検索ワード

ある日オットくんとうちの子タローと、新宿でご飯でも食べようかという話になり、お店を検索し始めたオットくんのiPhoneをふと見ると、
IMG_3439

「新宿 赤子 肉バル」
その検索ワードじゃダメだろ!!
Google先生もびっくりだよ!!
しかしなんと良いお店が見つかってしまったのです。
KICHIRI MOLLIS (キチリ モリス) – 新宿三丁目/ダイニングバー [食べログ]
丸い座卓が点々と並ぶ不思議な空間で、子供が多少ハイハイしたりうろうろしても子連れが多いので気兼ねない雰囲気でした。お料理も美味しかった。おすすめです。この時は土日の当日予約でギリギリ短時間だけ滑り込めたかんじだったので、余裕を持って予約した方が良さそうです。

すてきなビストロでひとつのデザートを奪い合うオットと私

恥ずかしいからやめようよ。
画像1

(忍び寄るオットのフォーク)
前に知人がちらっと載せてた桜新町の肉がちフレンチビストロが美味しそうで、結婚記念日も近いしちょうど仕事で珍しくスーツのオットくんと待ち合わせて行ってきました。美味しかった!確かに肉がちだった。オットは特にバーニャカウダソースがお気に召したようです。オットくんはどうもにんにく風味のオイルっぽいものにパンを付けて食べるのが好きみたい。

“すてきなビストロでひとつのデザートを奪い合うオットと私” の続きを読む

突然ケンタが食べたくなったオットくん

そろそろお夕飯何にしようかという頃、突然オットくんが「ケンタ食べたいな!」と言い出しまして。い、いいけど何突然。ものすごく久しぶりだよね何年ぶりだろう。少なくとも5~6年は経ってるよね。そして私がコールスローサラダを作ったり準備している間にオットくんが買い出しに行くことになり、
OT「パーティーバーレル買ってきちゃうぞ?(*ゝ`ω・)」
ヤメテ。お腹が減ってるからそんな気分なんだろうけど数年前に食べた時も脂っこくて味濃くて最後の方困ったじゃないの。とわあわあ大騒ぎしつつ何とか計画を立て、無事にそこそこ適量のケンタにありつきました。久しぶりに少し食べると美味しい。
さてあらかた食べ終わったオットくん。食べ足りないなら私のも食べる?もうあんまり食べるとこないけど(あばらのあたり)。
OT「そんなゾンビの食べ残しみたいのいらん(・ω・)」
なんてことを。まあ確かにちょっとこう…
OT「…久しぶりにケンタな気分になったのって、『ウォーキングデッド』見てたからかな?(0゚ ・ω・)*」
な、なんだってーーーー!?
(注:ウォーキングデッド=ゾンビもの海外連ドラです)

“突然ケンタが食べたくなったオットくん” の続きを読む

アフリカのノンアルコールビール、マルタギネスが美味しかった

748cffab.jpg

アフリカ料理のお店、浜松町の『カラバッシュ』で友人が注文したノンアルコールビール「マルタギネス」がすんごく美味しかった!です。穀物の甘さというのでしょうか、何かこう、知ってる味なんだけどなんだっけこれ思い出せない!みたいな甘さ。
お店の人に日本でも買えるんでしょうか?って訊いてみたら、お店ではアフリカ(都市名だったけどどこだっけ…)から直輸入してるから日本で買えるかはわからない、とのこと。そして帰って検索してみたら通販ショップとか全然引っかかってこない。キャー貴重品です。どっかで見つけたらまた飲みたいなメモでした。

“アフリカのノンアルコールビール、マルタギネスが美味しかった” の続きを読む

ご禁制の品!

1dfc3d67.jpg

だがこんにゃく。
私は別にレバ刺しラバーでもないのにメニューにあったから思わず頼んじゃったじゃないの。しかし運ばれてきた瞬間は「うわめっちゃレバ刺し!」とちょっと上がりましたが、さてお味は、と箸を伸ばしたらつるりつるり。逃げる逃げる。こんにゃくやんwwいやこんにゃくだけど。知ってたけども。
味ももちろんこんにゃくでした。にんにくじょうゆでレバ刺し感を出そうとしてはいるけども。私は面白かったですが、ほんとにレバ刺し好きな人がこれ出されたら泣いて怒るんじゃないのかな。

“ご禁制の品!” の続きを読む