オットくんからうちの子へ、プログラマとしての父の教え [バグ][ポエム]

ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング -Switch ブランド: 任天堂 プラットフォーム : Nintendo Switch

また日常回です。

うちの子タロー(仮名)小3、ゲーム大好きだけどすぐイライラしがち。まあまだ子供なのでうまいこと操作できず焦れること多し。それはともかく、その際YouTube実況で覚えたのか「バグ」という言葉を連発しがちで。「バグじゃない!?これバグじゃない!?」とすぐバグのせいにしがち。

そんな我が子にある日、父であるオットくんが改まった口調で。

OT「タロー。バグ、というのは人をなじる言葉なので、気軽に使ってはいけません」

注:オットくん職業プログラマ。
“オットくんからうちの子へ、プログラマとしての父の教え [バグ][ポエム]” の続きを読む

「お母さんによく言われる言葉は?」うちの子の回答

【中古】【8cm】違う、そうじゃない/鈴木雅之

日常小ネタです。た、たぶん。

友人C美がこちらのツイートを送ってきてくれまして。


いい話!!いい話!!
私も「早く(しなさい)」かな…うちの子の答え…とか思っていたらC美さんちの三男くん小5の答えは「『ありがとう』?」で、なんやその心洗われるやつ…てなったそうです。なんやその心洗われるやつ!いい話!

そういえばうちはこないだタロー氏が「母ちゃんから『うがい!』ってよく言われてる気がする」って言ってたな…心は洗われないけど口腔内は洗われている…。
“「お母さんによく言われる言葉は?」うちの子の回答” の続きを読む

Gとうちの子とオットくんと私「いいから早く!!」[ゾンビか]

タニサケ ゴキブリキャップP1 30個入


日常回です。日常回ってなんだよ。日常回です。2回言うかよ。説明する気。

それはある夏休み明け、まだ残暑も厳しい9月の早朝のことでござりました…。

うちの子タロー小3が登校の折、いってらっしゃい〜と一緒に玄関開けたらドアの外側に張り付いていたらしき奴が!!黒光りしてる名前を言ってはいけない例の!!あのヒトが!!ぼとりと落ちてきやがりましてハァアァアァアァ!!!しかもでかい奴ゥオォウォウォウォゥ!!

っていうお話でござんす。
“Gとうちの子とオットくんと私「いいから早く!!」[ゾンビか]” の続きを読む

うる星やつら復刻BOX!!(子供の漫画は電子じゃなく紙で買い直してる話)

うる星やつら復刻BOX Vol.1 (書籍扱いコミックス単行本) コミック – 2022/10/12 高橋 留美子 (著)


令和アニメ版が良かったので懐かしくていろいろ検索してて見つけて買ってしまいました早!!流れるような連続技!!

復刻してくれたらいいのになーって書こうとしてたらぐわ!?ほんとに復刻するんだ!!??


ぎゃあああ箱が!箱が続き絵にいいい!!
カラーは!?カラーページはどうなってるの!?検索したけどわからない!!

わからなかったので買いました。

こちらの復刻BOXは、残念ながらカラーページも白黒でした。んーこれで中身のカラーページがカラーだったら完璧なのにー!
“うる星やつら復刻BOX!!(子供の漫画は電子じゃなく紙で買い直してる話)” の続きを読む

オット母のこと、『監察医朝顔』2022年スペシャルに寄せて [まじめに]



いやもうドラマ『監察医朝顔』2022年スペシャルが素晴らしくて。

最後の上野樹里さんの長回しが。じっと表情だけを捉える長回しが素晴らしくて見入ってしまって滝ほど泣いて、エンドマークにホワイトアウトではあ…と溜息着く暇もなく10月からのドラマが同じスタッフによる小児専門のPICUの物語で北海道舞台だからって主題歌中島みゆき様って!!そんだけでどんぶり3杯泣かすのやめて。

でも正直子供がつらい目に遭ったりその親御さんがつらい目にあったりするドラマつらすぎて見れないから見ないと思いますごめんなさい…絶賛されてた『透明なゆりかご』もあらすじだけで無理だったから見てない…。

なのでほんとに。今回の『朝顔』もかなりきついシーンがたくさんありましたけど。でも全体としては良かったし、やはり自分の最近の生活に近いものがありすぎて。

以下、ドラマのネタバレも含みつつ、オット母の介護と、その終幕の話を。

とりあえず先に、ドラマのネタバレの話から。
“オット母のこと、『監察医朝顔』2022年スペシャルに寄せて [まじめに]” の続きを読む

うちの子と私とガガンボとオット

フライの雑誌 119(2020春号): 特集◎春はガガンボ ガガンボは裏切らない

嫌いなものを語る時、人はなぜいきいきしてしまうの?教えておじいさん。教えてアルムのモミの木よ。あひるです。
何この書き出し。まあいいや。今回も小ネタです。

こないだ雅(嫌いすぎて誤字)との接近遭遇について書きましたが。それもスズメガ!あの胴体太くて羽小さくて触覚太くて色はいかにも賀といった薄茶色で最低な輩!

その数日前のことです。ガガンボがなんと家に!!いたの!!ふと見たら!!台所の壁に!!
キエエエエエ!!!

あひるちゃんはガも嫌いだけどガガンボも嫌いです。でかいのよ!!奴らは!!身体あんなほっそいくせに手が!手足がひょろ長く気色悪く曲がって(一応申し添えておきますと奴らは昆虫なので手はないよね全部脚だよね知ってる嫌いすぎて)放射状にお行儀良くシンメトリーに広がってやがってこの野郎!!名前も嫌い。ガガンボって。そもそも蚊が嫌い。憎いといっても差し支えない。その特大版!!最低。最低の存在。
“うちの子と私とガガンボとオット” の続きを読む

うちの子と私とガ

昆虫 (ポプラディア大図鑑WONDA)

日常小ネタです。大きな事件があっても、粛々と投票に行き、日々の暮らしを営む。

先日久しぶりに書きましたがあひるちゃんはガが嫌いです。嫌いすぎて漢字も見たくないので賀とか雅とかあえての誤字にしたりする。しかも雅やかな字を選ぶ。大体なんだあの虫編に「我(ワレ)」って自分大好きかパリピか俺様か主張が強いのよそういうところよ。

そんなガとですね。先日接近遭遇してしまいまして。

ある初夏の夕暮れ時、タローさん8歳小3と家を出たらヒイ!!
エレベーターホールに画が!!
しかもスズメガかよ!!
わたくしの駕嫌いの端緒とも言うべき輩!!オリジンGA!!
“うちの子と私とガ” の続きを読む

ラピュタとうちの子とオットくんの指が曲がる

天空の城ラピュタ [DVD] 宮崎駿 (監督)

はいもう7月!ていうか今年は6月から猛暑!暑い!!皆さまご無事ですか。いのちをだいじに。マジで。

そんなわけで、載せそびれ日常小ネタです。

えーうちの子がラピュタを見たと書きました。うちの子タロー8歳小3、ラピュタにどハマり。あれの続きです。

突然ですがオットくんは指が曲がりますあらぬ方向に。てか関節全般柔らかいです。二重関節ってやつだ。『舞姫ーテレプシコーラ』でプリマになれるやつって言ってたやつ。

そしたらうちの子も見事にそれを受け継いでまして。指が曲がる。あらぬ方向に。いろんなとこがいろんな方に曲がる。ヒイ。キモ。っておののくと喜ばれます。そして見せつけられます。

その夜もお布団でころころしていたらタローが指を曲げ出して。手の指4本をまとめてね、甲の方にむきょって90度。いや110度くらいいってるかも。ヒイ!キモ!って言ってたら喜ばれ。
“ラピュタとうちの子とオットくんの指が曲がる” の続きを読む

騒々しいあひるちゃんを母に持ったうちの子

デロンギ(DeLonghi) 全自動コーヒーメーカー マグニフィカS ECAM22112B

また小ネタです。すごくささいな日常小ネタです。

先ほど、コーヒー入れようと思いまして。エスプレッソマシンで。一度代替わりしてるけど同じデロンギさんを使っています。それでコーヒー入れようと思って、昨日の食器が散乱しているシンクの隙間に水タンクを置いて、水を入れつつコーヒー豆出そうとしていたら。

あの、デロンギのだけかな?水タンクって下が微妙に傾いてるからほんとは手を離して水入れてちゃそのうち倒れるんですよね高確率で。でもたまに倒れない時もあるし水が溜まるまで手で支えっぱなしで他のことなんもできないのイラッとするから嫌(や)で。せっかちかつずぼら。昨日の食器も散乱してるし。なので今日はつい手を離しつつ、コーヒー豆の袋を開きつつ一応見守ってたらやっぱり倒れて。ゆっくり倒れていくのがわかっていたけど手を出すのは間に合わないから声だけ出まして。ゥワアオ!!みたいな。ロックな合いの手みたいな。浩志が言いそうなやつが。ウルトラソウヘイ!!みたいなやつ。同時に昨日の食器も薙ぎ倒されて派手な音を立てまして。SE多めのあひるちゃんち。ガタンバシャンガチャンゥワアオ!!って。解説を加えますと、ガタン(水タンク)バシャン(水)ガチャン(食器)ゥワアオ(私)!!って。
“騒々しいあひるちゃんを母に持ったうちの子” の続きを読む

うちの子には800人の敵がいる(お伝とでんじろう)

炎の転校生(1) (少年サンデーコミックス) 島本和彦

800人の敵。どこの戦国武将か。
今日は4月1日ではありますが残念ながら嘘じゃないの。エイプリルフールのネタでなしに。本気です。少なくともうちの子はがっつり本気。落ち着いてるわよ私は落ち着いてる状態。

えーうちの子タロー氏の幼稚園の時の、孤独の話をいたしましたよね。
孤独!!(立木文彦声)
幼稚園児の孤独。
そういうこともあるよね。わかるぞ?なんだかんだであなたのその魔太郎怨み念法な性格私にそっくりだからね(お前のせいか)。

そんな引っ込み思案で内弁慶なタロー氏が、幼稚園を卒園し無事近所の小学校に晴れてご入学いたしまして、その後どうなったかというと。今回はそんなお話です。

ピッカピカの一年生になってコロナで大混乱の怒涛の数日が過ぎた頃。ある日のタロー氏に、学校どう?楽しかった?と聞きましたらば。

うちのクラスは嫌な子ばっかりだと。
他の学年にも嫌な子ばっかりだと。
僕のことだけを狙って学校中の全員が嫌なことしてくるんだと。

ん、ん〜。
“うちの子には800人の敵がいる(お伝とでんじろう)” の続きを読む