実父とかドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』とか、引け目とか [家族の重い話][真面目に]

縁
ポニーキャニオン
2021-04-16



先日のど重い肉親とのあれこれ記事にたくさんのハートを皆様ありがとうございます!
反応が心配だったので、すごくほっとしました。

今日は遅ればせながら3話を見ていて、前回書き漏らしたドラマのオープニングとエンディングの感想とか、実父についてふつふつと浮かんできた気持ちとかについて、もうちょっと真面目系の話を続けさせてもらいます。今回は前回ほどドラマの筋に即してないし、もっと観念的な感じになりそうです。いつもの小ネタがお好きな方には申し訳ないのですが、やっぱりなにかこう、自分の中に流れのようなものがあって。いきなり小ネタに移れなくて。いろいろ書きたいことはあるんですけども!

“実父とかドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』とか、引け目とか [家族の重い話][真面目に]” の続きを読む

ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』2話を見て思い出した、実父の葬儀の話 [家族の重い話][真面目に]

生きるとか死ぬとか父親とか(新潮文庫)
ジェーン・スー
新潮社
2021-02-27



やー面白い!今期楽しみにしているドラマのひとつです『生きるとか死ぬとか父親とか』。

【ドラマ24】生きるとか死ぬとか父親とか|テレビ東京

ジェーンスーさんの原作エッセイがあるのですね。そちらは未読ですが、吉田羊さんがすごくジェーンスーさんに寄せてる!とご本人もびっくりしてらした。へえへえ。

ジェーン・スーが自伝的エッセイのドラマ化に期待。「年を重ね、親との関係に悩んでいる人に観てほしい」:…|テレ東プラス

いやー國村隼さんが、亡くなったうちの父に見た目もちょっと似てて。実父の方です。時々登場しているオット父ではなく。そうなんです、実父も亡くなっているのです私。40代も後半戦ともなるとそういうことも増えてくる。オット父が亡くなったのは10年前で60代前半とまだ若かったですが、実父の方はわりと最近。70ちょっと過ぎ。病気でした。

國村隼さんの、ちょっととぼけた、憎めない感じ、人たらしな風貌が実父と少しかぶります。たれ目がちなとことか、声が低くややかすれたようなとことかも。憎めなくて人たらし、というのはドラマと違って私の場合はあくまで「他人から見たらそういうふうに見えるのかもな」という醒めた感想ですけどね。このドラマで吉田羊さんがのっけから「ついつい父を甘やかしてしまう、実の娘ですらそうなのだから他人の女からしたらますますそうだろう(モテるだろう)」みたいに言ってらして私はえええええと思いましたけどね!実父を甘やかしたいと思ったことなど一度もないわ!信じられんわこのおっさんはよくもまあ〜と呆れてましたいつも。すいませんね亡き父をつかまえて言いたい放題。オットくんのお父さんと扱いが違いすぎる。

今回はドラマを機に、私も自分の父のことをちょっと書いてみることにしました。どうしても家族の重い話がずるっと出てくるかと思うので、そういの苦手な方はご注意くださいませ。
“ドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』2話を見て思い出した、実父の葬儀の話 [家族の重い話][真面目に]” の続きを読む

『監察医朝顔』最終回によせて、オット妹と弟の結婚式のスピーチの話[まじめに][亡き父の話]

監察医 朝顔 Blu-ray BOX(メーカー特典なし)
上野樹里
ポニーキャニオン
2019-12-18



いやあ良かった…『監察医朝顔』最終回、すごく良かったです。泣くわあんなん。

公式サイト。
ストーリー・第19話 | 監察医 朝顔 – フジテレビ

上野樹里ちゃん演じる主人公の朝顔が、遅ればせながら結婚式、披露宴をやることになったじゃないですか。それで時任三郎さん演じる父、平(たいら)さんのスピーチがまた、朴訥としていて、すごく良かった…。これまでのこのドラマのすべてを言い表しているような、このドラマだけでなくすべての人の人生にも通じるような、素晴らしいスピーチでした。不器用で実直な、平さんの人となりを時任さんが見事に表現してらして圧巻でした。もうね、泣くしかないやろ。

結婚式のスピーチって良いですよね。素敵だ。晴れ晴れとして、一抹の寂しさもあって、だけどやっぱり祝福に満ちていて。

つい、もう10年くらい経ちますけれど、オット弟それぞれの結婚式のスピーチについて思い出してしまいました。2人の結婚式についてはブログに書かせてもらったのですが、当時は伏せてあった話についても、これを機に書き記しておこうと思います。
“『監察医朝顔』最終回によせて、オット妹と弟の結婚式のスピーチの話[まじめに][亡き父の話]” の続きを読む

うちの子とマイクラとゾンビトラップとオットくん



えーうちの子とゾンビ続きです。マイクラサバイバルでゾンビトラップ。

オットくんがですね、タローに教えたんだそうで。ゾンビトラップっていうのを作るとね、レベル上げが捗るよって。
それでYouTubeのゾンビトラップの作り方動画を教えてあげたんだそうで。タローさんそれを見ながらコツコツ作ってまして。これまたすごいの。けっこう複雑なの。
“うちの子とマイクラとゾンビトラップとオットくん” の続きを読む

うちの子とマイクラとゾンビ

Minecraft (マインクラフト) - Switch
マイクロソフト
2018-06-21



とうとう!ゾンビカテゴリにうちの子が登場です!

えっあひるちゃん夫婦ゾンビ好きだからっていくらなんでも小学校低学年のお子さんにゾンビは早すぎないと心配になってしまったそこなお前様方、大丈夫です。あなたのご配慮は正しい。あひる家ではレーティングを大切に育児を進めております。どんなに好きでも寄生獣はせいぜい中学生から、新井英樹は高校生から、ハッピーマニアも手足が伸び切ってから。ハッピーマニアすんげえ勉強になるけどね、でもあれがすべての女性に当てはまると思われても困るんで、だいたいあってるで、とは思うけどそれはこの母が当てはまる側の女だからだと思うのですわが子よ(タロちゃんかわいそう)かわいそうとか言ってやんなし。まあかわいそうだが。この母が(ディオ様みたいに「この」ってつける母)どのように当てはまる側か父ちゃんに今度聞いてみな。きっと教えてくれないから。村に伝わる恐ろしい禁忌、みたいな反応されるから。その話を口にしてはならぬゥゥ!!って。なんなん私。山から降りてきた大猿なん。まあだいたいあってるが。

そんなこたあいいんだよ。マイクラの話だよ。 “うちの子とマイクラとゾンビ” の続きを読む

うちの子とマイクラの馬と、お友達から聞いた悲しいあつ森の話

Minecraft
Mojang
2020-12-16



うちの子タローさんのマイクラの馬話の派生です。
ある日いつものようにマイクラ操作しながらふいにタローさん、

TR「母ちゃんあのね、こないだ僕の馬しんじゃったんだ」

えっそうなの!?
画面に目を向けたまま、ブロックを積む作業を続けながら淡々と語るタロー。

TR「うん、ダイヤモンドの鞍つけてた馬。サバイバルで父ちゃんに貸しててね、父ちゃんがマグマのとこ飛び越すの失敗して、落ちて燃えちゃったの。ダイヤモンドの鞍は拾えたんだけど、馬はしんじゃったんだ…」

そうだったの…さりげに父ちゃんを告発…

TR「白い馬だったの。僕が最初からご飯あげて仲良くなって、ダイヤモンドの鞍つけてたんだ」

そっそう…残念だったね…淡々と語るのが余計に哀愁が漂っているように感じられるじゃないですかヤメテ。
マイクラってね、動物にごはんをあげるとハートがぽわぽわって出てきてじっとこっちを見つめるようになったり、ついて歩いてくれるようになったりするんですよね。懐くの。やだかわいい。四角いけど。

それで思い出したんですけど、タローのお友達のママさんからしばらく前にこんな話も聞いたなと。
“うちの子とマイクラの馬と、お友達から聞いた悲しいあつ森の話” の続きを読む

柴田昌弘傑作選「成層圏のローレライ」「未来都市バラン」「ミッシングアイランズ」び、鼻行類だー!!!

『赤い牙』初期シリーズや『ブルーソネット』についてのまとめの続きです。
柴田昌弘先生の他の作品もセールになっていました!
99円!
しかも559ページなのでたっぷり大容量、単行本3冊分でこのお値段。


なぬう!「成層圏のローレライ」「未来都市バラン」の2冊は何年か前に定価で買っちゃったよ!(柴田昌弘先生好きすぎだろ)
でも「ミッシングアイランズ」こそ読みたかったから99円払って購入しましたけどね!

『ミッシングアイランズ』はね、ほんと。前にも書いたくらい印象深い作品でしたよ。「鼻行類だー!!!」って。花とゆめコミックスが出たのが1989年らしいので、私14歳かあ。確かね、これ読んだ頃に図書館に『鼻行類』って本があって、ええっほんとにいたんだ!?進化のミッシングリンクってそういえば手塚治虫の『三つ目が通る』にも出てきた!ほんとにあるんだ!ってむちゃくちゃびっくりしてめちゃめちゃワクワクしたのを覚えています。

あら今「鼻行類」で検索したらえええ!?いっいらすとや!!!

ナゾベームのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

なぬうー。
“柴田昌弘傑作選「成層圏のローレライ」「未来都市バラン」「ミッシングアイランズ」び、鼻行類だー!!!” の続きを読む

柴田昌弘『紅い牙』シリーズ『ブルーソネット』などがKindleで0円〜99円!(重複注意)

あらま懐かしい。あひるちゃんが小学校の頃から読んでいた、少女漫画誌『花とゆめ』に連載していた男性作家によるエログロハードSF超能力バトル漫画長編、柴田昌弘先生の『赤い牙』シリーズが今Kindleで安くなってます!ものによるけど1冊0円!だったり99円だったり!
キャンペーン価格のうちについ30冊くらいまとめ買いしちゃったのですが、買ってみたら重複している話があったりしたのでせっかくだから情報を整理しておきます。

えっとですね、『紅い牙』といえば全19巻の『ブルーソネット』が一番有名ですが、その前日譚となる短編も8話分ある。読んでみたらブルーソネットに収録されている短編も混じっていたので、まとめ買いはしないで1話ずつ購入をおすすめします。

こちらから!記念すべき一作目『紅い牙 -狼少女ラン- 1』です。
第1話発表は1975年!あひるちゃんが生まれた年じゃないですか。
現在0円。

愛蔵完全版 紅い牙 -狼少女ラン- 1
柴田昌弘
ゴマブックス株式会社
2021-03-15





表紙は最近(といっても完全版が出た頃だから2000年くらい?)描き下ろされた綺麗な絵なので中身を見るとびっくりします。北島マヤみたいなめちゃ昭和少女漫画な絵柄です。
それから、こちらは短編集ではなく短編1話分のみ。54ページ。あら?昔持ってた単行本だと何話か入ってたんだけど、その他の短編SFなんかはどこいっちゃったんだろう。
“柴田昌弘『紅い牙』シリーズ『ブルーソネット』などがKindleで0円〜99円!(重複注意)” の続きを読む

うちの子の幼稚園のお遊戯『おおかみと七匹の子やぎ』が闇深



はいそんなわけで突然ですが、うちの子6歳小1が3歳年少さんだった3年前の、『おおかみと七匹の子やぎ』のお話です。リアル「幼稚園児のお遊戯」話。もうなかなか時間が取れないもんだからどんなに脈絡なくても思い出して書ける時に書いてアップしちゃえキャンペーン中。どんなに脈絡なくてもってなんか歌の歌詞みたいですね。歌い上げたい。聴いてください、どんなに脈絡なくても。

もう年少さんなんて赤ちゃんですよくっそかわええ。わたくし卒アル係だったのでみんなの年少さんの頃の写真集まってくるじゃないですかめっちゃかわええ。みーんなぷにっぷに。みーんなぷにっぷに。ぷに。2回言ってもまだ足らずこぼれ出るぷに。超かっわええ。ひとクラス20人弱で3年間過ごすもんだからみんな親戚みたいになっちゃってどの子もかわええかわええ。
“うちの子の幼稚園のお遊戯『おおかみと七匹の子やぎ』が闇深” の続きを読む

[blog運営] 皆さまハートをありがとう!真面目な内容の記事には[真面目に]タグをつけています



皆さま、一つ前の311に関する超個人的な独白記事にハートをたくさんありがとうございます!
現時点で252個も!(21日昼間)
と思ったら261個に!(22日未明)
ご存知のようにあひるちゃんハート連打できる謎仕様にしてあるので40人くらいの方が6個ずつくらい押してくださってるだけかもしれませんしあるいは高橋名人的連打記録に挑戦しているかたが数名競い合っていらっしゃるだけかもわかりませんが(ヤメテ)。
かつてないくらい内面を吐露する内容でしたし、吐露の内容も内容だし、1万字超えの超ど長文だし…でもたくさんのハートをありがとうございます。こんな内容を、読みにきてくださる皆さんに甘えて書かせてもらえて、ハートの形で後押ししてもらえて、すごくすごく励みになりました。本当にありがとうございます。

今後、時々こうして真面目な内容を書く時には、[真面目に(まじめに)]タグをつけて判別しやすくしておこうと思います。これまでもちょこちょこやってきたのですが改めてお知らせ。

普段の小ネタと温度差すごいし(すいません)、正直あひるちゃんにこういうの求めてないという方もいらっしゃるんじゃないかと思います。それに、この手の重い内容って読む側にも心の準備がいるじゃないですか。
なので、重めの内容とか、読むのに気力体力がいりそうな記事には、[真面目に]とつけて冒頭にアナウンスをして、「続きを読む」以降に本編を書き始めるようにしていきます。
“[blog運営] 皆さまハートをありがとう!真面目な内容の記事には[真面目に]タグをつけています” の続きを読む