契約書の「甲」と「乙」を「僕」と「君」に変換したら村上春樹っぽくなってしまう

契約書の「甲」と「乙」を「僕」と「君」に変換したら、読みやすくなって村上春樹さんっぽくなってしまう – Togetter



もうだめ冒頭の「第一条 僕は君に対し」が目に飛び込んできた時点で笑いが止まらなくなって難儀しました。
「第三条の1がツンデレみがあっていいですね」とか
「『拙者』と『そなた』にすれば」とか(其処許(そこもと)ですね先生!)
「『俺』と『お前』にすればさだまさし」とか。
皆さん奮ってらっしゃる。

春樹といえば先日『多崎つくる』くんの壮大な考察記事を読んで仰天したのでそれもそのうちまとめたいです。

以下、関連リンク。
“契約書の「甲」と「乙」を「僕」と「君」に変換したら村上春樹っぽくなってしまう” の続きを読む

京アニ事件について海原純子先生「メディアは報道を見る人たちや取材を受ける人たちの心を想像して」

京アニ事件 報道を見るとつらい、苦しい人の心のケア(海原純子) – 個人 – Yahoo!ニュース

取材される人たちの心のケア

さてもう一つ気になるのはメディアの持つこうした潜在的な力と関連して、関係者に報道の暴力性についても改めて認識してほしいと思う。

真実を伝えるのが報道だという点に異論はない。ただ毎回事件が起きるたび被害者や被害者の家族、親しい方に向けるマイクがどのような影響を与えるかについて配慮しつつ取材をしていただきたい。
事件直後はまだ当事者はことを受け入れられず現実感のないままに取材に応じている可能性がある。また今回、取材を受けてインタビューに応じている方が、涙をのみこみ感情をおさえながらお話しなさっているのが気になった。
(中略)
当事者が自らの意思で語りたいときに語る場を提供することが本来であり、当事者が混乱し心の整理がつかない状況の中でマイクを向ける行為は時には精神的な「暴力」になる。事件が報道されることで支援が広がることは事実だろう。それゆえにメディアには、報道を見る人たちや取材を受ける人たちの心を想像し、共感と支援につながるように報道する姿勢を望みたいと思う。


“京アニ事件について海原純子先生「メディアは報道を見る人たちや取材を受ける人たちの心を想像して」” の続きを読む

京アニ放火事件、京アニに直接届く支援金預かり専用口座情報など

ご支援の御礼とご案内 – 新着情報 | 京都アニメーションホームページ

7月18日(木)に発生いたしました事件につきまして、世界中の方々からご支援のお声を頂戴いたしております。厚く御礼申し上げます。

弊社としても、再建を目指して最善の力を尽くしていく所存にございます。
そんな折、弊社に寄り添いたいという皆さまからの数多くのお声を受け取り、この度、弊社にて支援金の預かり口座をご用意させていただく運びとなりましたので、お知らせさせていただきます。

支援金につきまして、各方面より大変多くのお問い合わせをいただいております中、ご案内が遅くなりました事、お詫び申し上げます。

<株式会社京都アニメーション 支援金預かり専用口座>

銀行名 京都信用金庫
銀行コード 1610
支店名 南桃山支店
店番号 048
口座種別 当座預金
口座番号 0002890
口座名義 株式会社京都アニメーション 代表取締役 八田英明
※ 表示名「カ)キヨウトアニメーシヨン」


“京アニ放火事件、京アニに直接届く支援金預かり専用口座情報など” の続きを読む

FEが好きと公言したのはどっちの羽生さん?」「◯◯のほうの羽生さん」大喜利が開幕

前にもこういうのありましたけども、お二人の共通点の多さに驚愕です。

FEが好きと公言したのは名人なの王子なの、どっちの羽生さん?」疑問に応えて「◯◯のほうの羽生さん」大喜利が開幕 – Togetter

こんなかんじで続く。
“FEが好きと公言したのはどっちの羽生さん?」「◯◯のほうの羽生さん」大喜利が開幕” の続きを読む

幾原邦彦『さらざんまい』第10話の放送と公式ツイッターの神連携とかネットの感想まとめとか [イクニ]



いやーすごいことになっていたようです。リアルタイムには見れなかったのですが、あとで何が起こっていたのかを読んだだけでも面白かった。

#さらざんまい が巻き起こしたアニメ界初の神手法、その表現の極北に涙するタイムライン(いしたにまさき) – 個人 – Yahoo!ニュース

#さらざんまい この騒ぎそのものが最終回への伏線なのではないか? – シン・みたいもん

で、最終回の予告編漏洩!!


何が起こってしまうのでしょう…劇中でも現実でも。
リアルタイムに観られる人は観たほうがいいのかも!うちはどうかな、子供がうまく寝てくれて、自分がうまく寝ずに済んだら…

以下も公式ツイッターやネットの感想まとめです。
“幾原邦彦『さらざんまい』第10話の放送と公式ツイッターの神連携とかネットの感想まとめとか [イクニ]” の続きを読む

小島秀夫『DEATH STRANDING (デス・ストランディング)』2019年11月8日発売!そこはかとなく『P.T.』に似ている…


もうね、かっこいい。
アキオ(大塚明夫)も水樹奈々も井上喜久子も出まくりんぐ。楽しみすぎる。
主役は津田健次郎さんなんですね。六甲やないの!(おがきちか『ランドリオール』の暗殺専門訓練を受けた忍者だけど徐々に人の心を取り戻していく的なキャラです)。ええやん。

これが…小島監督がコナミを追放されてからコツコツと準備をしていたゲームかあ。

以下、オットくんにききかじったゲーム業界の話をちまっと。
“小島秀夫『DEATH STRANDING (デス・ストランディング)』2019年11月8日発売!そこはかとなく『P.T.』に似ている…” の続きを読む

蒼井優が山里亮太と結婚した理由は「冷蔵庫すぐ閉める」

電撃婚でしたね!めでたい!
蒼井優ちゃんのことはもともと好きでしたが、今回どの写真を見てもとんでもなく可愛くて。いつにもまして可愛い。

ネタとしては、

蒼井優、結婚理由は「冷蔵庫すぐ閉める」告白は山里 – 結婚・熱愛 : 日刊スポーツ

おらがオットさまは蒼井優ちゃんに結婚してもらえないです。
オットくんは結婚前からもはや20年になろうかという年月、言っても言っても冷蔵庫開けっ放しクラスタです。
ほら!冷蔵庫はやっぱちゃんと閉めるべきだがね!
だけんゆうとったやろがい!
と今こそ力説したいです。心して聞け、メンズたち。
うちの子にも冷蔵庫はきちんと閉めとけ、美女が見初めてくれるかもわからんぞ、と語り伝えようと思います。美女は嫁に来てくれないかもしれないけど節電にはなるぞ。中の食材も傷みにくくなるし。
小さなことからコツコツと。
小さすぎる。

あと、こんな新婚さんなのに映画『宮本から君へ』とか出ちゃって大丈夫なんでしょうか。すんごい酷い目にあいまくるんですけど。女優魂をかけた体当たり演技になること請け合いなんですけど。あ、収録は交際スタート前に終わってるのか。

その他リンク集。
“蒼井優が山里亮太と結婚した理由は「冷蔵庫すぐ閉める」” の続きを読む

新井英樹『宮本から君へ』映画化!ドラマ主演の池松壮亮、蒼井優に加え、新キャスト井浦新(風間裕二)、元格闘家の一ノ瀬ワタル(真淵拓馬)、ピエール瀧(真淵部長)も出演

宮本から君へ Blu-ray BOX
池松壮亮
ポニーキャニオン
2018-10-03



あのね、先日ディズニーランドに行ってきたんですよご家族で。泊まりで。くたびれたけど楽しかったねーハーやれやれ、と帰宅して翌朝普通に幼稚園やら仕事やらの準備をしながらの朝食の席でオットが、

OT「宮本映画化するな」

えっそうなん!?
嫌だな〜〜(嫌なのか)。
え、ディズニーランドの翌朝の爽やかな朝食の話題でそれ?っていう相変わらずのあひるちゃん一家ですし、ディズニーランドもすごく面白かったのでその話も日記的に書きたいなと思っていたのですがこんな話ぶっこまれちゃあこっち書くしかないじゃないですか。旬な話題旬な話題。

え、やっぱりあのドラマのキャストで?

OT「ピエール瀧のことでニュースになってるぞ」

えええ!?何それ!!あっ出るんだ!?でそのままやるんだ!?へえへえ!
誰誰!?
オットが送ってくれた関連リンクを見ると、真淵拓馬のお父さん!!真淵部長かあ!いい役じゃないですか!

OT「こんな映画出て…イメージダウンになるんじゃないか?」

そっ!?いやっ…!?
否定できない!!
瀧さんの方がね!むしろ何こんなえげつない映画出てんだと。

いやいや!真淵部長いい人だから!(そういう問題じゃない?)新井作品の中では真淵部長すごくいい人だから!息子の拓馬はほんまにもー史上最低最悪のキャラクターだけどお父さんなら酷い目には遭うけど大丈夫!(大丈夫か?)
“新井英樹『宮本から君へ』映画化!ドラマ主演の池松壮亮、蒼井優に加え、新キャスト井浦新(風間裕二)、元格闘家の一ノ瀬ワタル(真淵拓馬)、ピエール瀧(真淵部長)も出演” の続きを読む

平成から令和へ、リンクまとめ

平成最後(?)のピタゴラスイッチが凄すぎてまさかの海外からも感想が来る「NHKに投稿すべき」 – Togetter


ボス『宇宙人ジョーンズ・平成特別』篇 2分 トミー・リー・ジョーンズ サントリー – YouTube

リンク集、つづき。
“平成から令和へ、リンクまとめ” の続きを読む

小池一夫先生死去

2006年にも劇画塾をネタにしたりしましたが、子供の頃うちには父が買い集めていた小池一夫先生原作の漫画がたくさんありました。
以下に追悼のため、思い出せる限り並べておきます。

一番覚えているのは『ラブZ(ゼット)』



原作・小池一夫、作画・やまさき拓味のコンビで、1982年~1984年、黄金期の「週間少年サンデー」(小学館)で連載された、新境地を拓く意欲作。主人公・早見公平は、同級生の小楯薫子(ル子)のことを、小学校からずっと想い続けていた。遂にある日、募る気持ちを抑えきれず、自転車を疾走させながら「好きだーッ!! ル子ッ」と叫ぶ! しかしその瞬間、トラックに激突し、不慮の死を遂げてしまう――! 果たして、公平の片想いの行方は? 意表をつく展開で、「幽遊白書」に先駆けること8年、死者と生者の恋愛を描く異色ラブ・コメディ、感動の名作。


そうそう「ル子」ちゃん。途中で髪型を変える珍しいヒロインでした。何らかの目的で別人になりすますためにばっさりとベリーショートにするんですが、しかしそれを見た実の父親まで「はじめましてル子のお友達ですかな?」とか言っててそりゃないだろと子供心に思ったものです。いくらなんでも髪切ったくらいで父親まで別人だと思い込むなんて。
そんな昭和の漫画の雑っぽさもありましたが、最後の方は怒涛の熱すぎる展開だったような覚えが。それから、ファンの人から届いたという詩に作者さんが(今思えばこれこそ小池先生?)いたく感激して、物語にもキーになる歌として登場させたんですよね。そんな模様もエッセイ風に漫画に挿入されていて、連載中の漫画にファンレターがこんなにも影響を及ぼすものなんだなーと子供心に印象に残っています。

続いて『ズウ~青春動物園』 “小池一夫先生死去” の続きを読む