『大江戸スチームパンク』がくだらなくて面白いしゾンビ回もあるよ?六角精児が平賀源内、袴田吉彦が天草四郎

番組予約しようとしてたらふと見つけたのです、『大江戸スチームパンク』。
毎週火曜の午前1時頃からTOKYO MXで、30分ドラマ。
再放送も月曜22時にやってるので、今からなら2話を再放送で見れます。最新話は来週火曜。

2話目がゾンビ回だったから見てみようかなって。ぶれないあひるちゃん。てか水着回みたいなゾンビ回ってあるのか。今作りました。でもあります。世の中に確実に存在しますゾンビ回といふもの。みんな実はゾンビが大好きなんだよ。制作側はみんな実はゾンビものを作りたいと思ってるんだよ。ゾンビ回がない作品はきっと予算や出演者事務所のGOが出なくて泣く泣く諦めたんだよ。

検索してみたら、このドラマ今年冬枠だったんですね。大阪で1月から放送されていたようです。それがDVD発売を機に関東でも放送開始!と。

時代劇 × SFドラマ「大江戸スチームパンク」 | TVO テレビ大阪


見てみたら、六角精児さん演じる平賀源内が蒸気の力でスチームパンクヒーローを作り出す!というトンデモ設定だし、主人公の変身?コールが「蒸、着!」ならぬ「蒸、発!」で笑いました。悪役3人組がどう見てもドロンジョ様とボヤッキーとトンズラーだしこれタツノコプロに許可取ってるのかなって不安になったり、悪役の統領が天草四郎で袴田吉彦さんだったり!無駄に豪華!

雑な特撮(…?)といい、雑な効果音の書き文字といい、雑な「説明しよう!」といい(信憑性が民明書房並み)、ちょっとツボでした。それにゾンビ回もあったので、主にオット宛のメモとして書き残しておきます(私信)。オットくんもPC部屋のtorneで録っといたら?(私信)(家でやれよ)(マナーポスターにするには口が悪いですよ)

以下、関連リンク。
“『大江戸スチームパンク』がくだらなくて面白いしゾンビ回もあるよ?六角精児が平賀源内、袴田吉彦が天草四郎” の続きを読む

短編映画『カメラを止めるな!リモート大作戦!』[宮本から君へ][新井英樹]

待ってました!!
超楽しかった!!


(現時点5/2 15時での再生回数65,044回)

あいかわらず元気が出る映画を作ってくれるなあ〜。
これ笑ってていいのか…大丈夫なやつ…?と出来の微妙さにハラハラしつつ、なぜか最後はほろりとしてしまう、「カメ止め」そのままの「リモ止め」でした。

下記のクラウドファンディングで、「未来チケット」コース、リターン特典の中に「サンクスシアター」とあるものを選ぶと特典映像が見られるそうです!私も些少ながらこちらを選んで募金しました。

未来へつなごう!!多様な映画文化を育んできた全国のミニシアターをみんなで応援 ミニシアター・エイド(Mini-Theater AID)基金 – クラウドファンディングのMotionGallery

クラウドファンディングの実施は5月14日23時59分までです。もっと延ばせばいいのにな。

でね、あのね、他ならぬあてくしから皆さんにどうしてもお伝え申し上げたきことがひとつ。
すっげーたいしたことないことですので気にしないでおくんなまし?
こちらのミニシアター・エイドのサイトのところどころに何気なく装飾に使われている、ミニシアターのある風景画像のひとつにね?

思いっきりでかでかと、『宮本から君へ』のポスターが!!
“短編映画『カメラを止めるな!リモート大作戦!』[宮本から君へ][新井英樹]” の続きを読む

アニメ『ドロヘドロ』グロくてサイバーパンクで第3話はちょこっとゾンビで高木渉さんで面白い



原作未読ですが、面白い。嫌いじゃない、この世界観。
グロいですけどね?最近は残虐描写も当たり前の深夜アニメでわざわざ「残虐な描写があります」って注意書きが出るくらい。でもそうでもなくない?最近では普通じゃない?あと洋ゲーでは普通じゃない?腕が飛んだり首が飛んだり。つまりはその程度にはエグいしグロいので耐性がないとつらいと思います。なにせほらあひるちゃんゾンビを好き好んで嗜む程度にはグロ耐性あるので参考にならないかもしれませんが。

第3話がね、ゾンビフィーチャーでちょっとフフッてなりました。得した気分。リビングデッドね。古式ゆかしきゆっくりゾンビで微笑ましかったです。墓から蘇ってるしね。伝統伝統。基本基本。いっそ新鮮。
これがあったから取り上げておこうと思いました(そこまで)。ゾンビなら。ゾンビであるならば。

全体的に、人物造形がアキラの大友克洋にちょっと近い。つまり初期のバナナフィッシュにも近い。悪役の統領さんがオーサーに似てる。あとは少年たちが徒党を組んでギャングっぽいことやってるのもちょっと近くて連想するのかも。
世界観はアキラもですが、銃夢とか、映画ブレードランナーのあれです。サイバーパンク。ゲームで言えばボーダーランズ。
たぶんイメージが一番近いのはボーダーランズじゃないかな?私とオットくんが知ってる中だと。ドメスティックすぎる。すいません今出張中のオットくんに伝えたい内容をそのまま書いてます。君に伝えたい、このグロさ。キライじゃない、このアホな感じ。君もそうだろう?って意味で無言で両手でしゅぴって指差したらきっとオットも無言でこっちをぴぴって指差してくれると思います。阿吽。
“アニメ『ドロヘドロ』グロくてサイバーパンクで第3話はちょこっとゾンビで高木渉さんで面白い” の続きを読む

デスストのBB(赤ちゃん)に対するオットくんの期待通りの反応(ややネタバレあり)

【PS4】DEATH STRANDING
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2019-11-08



デスストやりました。面白かったです。感無量。
あ、やりました、ってもちろんオットがです。私は横でロムってました。
ロムってる、ってみんな知らない?今の10代20代知らない?
いや10代20代はあひるちゃんを知らない?読んでない?
まあいいや一応説明しておくと、見てた、ってことです。(説明するんじゃなかったのか)
ROMね。ROM。
まあいいや。

えー。BBというキャラ?装備品?がおりまして。
赤ちゃんなのね。
このゲームは本当にいろんなことが革新的といいますか、ヒデちゃんほんと変態というか、発想が超展開というか。
いろいろ気になる点が多すぎたんですが。

中でも群を抜いてアレだったのが、BBの存在です。
赤ちゃん。ていうか胎児。
それをね、装備するんです。男性が。
人工子宮的なポッドの中に何やらオレンジ色の液体を満たしてその中に胎児をぷかっと入れとくの。それを自分のお腹のあたりにがしょんと繋ぐの。それで配達するの。佐川さんとかヤマトさんみたいに。あちこちへ荷物を運ぶの。がしょがしょと。赤ちゃん連れて。

あのねそれがね、星野源ちゃんがラジオで喋ってたんですけど、「自分の中にこんなにも母性があったのか!と気づかされる!!」「BBかわいいよBBハアハア」って状態になっちゃうんですって。

以下、えーっとストーリーのネタバレとかもずるっとしちゃうかもしれないんでご注意ください。
年末にね、もうほら幼稚園終わっちゃうんで。うちのBBが。ちょっと育ったうちのBBがもう2020年までずっとうちにいるんで。ゆっくりPCに向かって記事とか書いていられないんで今のうちに書いておかないと!デスストのことは今年のうちに書いておかないと!と焦燥に駆られて書いておりますのです。
“デスストのBB(赤ちゃん)に対するオットくんの期待通りの反応(ややネタバレあり)” の続きを読む

米津玄師『馬と鹿』も、星野源『フィルム』も、ゾンビが出てくるMVまとめ[ゾンビ]

はい、さきほどの『Dr.STONE』のOP『Good Morning World!』がかっこよすぎてつらいの続きっぽく、MVのお話です。

大泉洋さんと上川隆也さんのドラマ『ノーサイドゲーム』主題歌、米津玄師『馬と鹿』。
ドラマをオットと見てるんですが、こないだ通りすがりに「米津のPV、ゾンビだったぞ」と言われてファッ!?ってなって見てみたらば。
なるほど確かにゾンビではありませんか。


うん、ゾンビでした。
そういえば星野源ちゃんもゾンビでPV撮ってたな。最近はミュージックビデオの略でMVっていうのかな?


この源ちゃんのはむしろ冒頭のマーティーマクフライ寝の方が気になるんですけども。寝相がマーティー。バクトゥのね。BTTF。『Back to the Future(バック・トゥ・ザ・フューチャー)』

え、実はみんなゾンビ好きなの?
あんま脈絡なくない?ゾンビに必然性が。

OT「マイケルジャクソンリスペクト?」

ああ!!
ええ!?
スリラーね。うん。わかるよ?わかるけど。
マイケルリスペクトは、星野源ちゃんは確かにマイケル好きを公言してるし毎回PVにダンスを取り入れてるけど、米津は…?米津とマイケル…関連性ある…??

OT「米津も紅白でダンスを取り入れてたし」

ああ…あの前衛的な…よく覚えてるね。確かに衝撃的だったけど。

まあいいや。細かいことはわかりませんが、とりあえずゾンビ好きとしては取り扱っておかないとかな、と思って載せました。

米津さんの『馬と鹿』といえば。
ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の佐々くんがこんなことを。
“米津玄師『馬と鹿』も、星野源『フィルム』も、ゾンビが出てくるMVまとめ[ゾンビ]” の続きを読む

声優×怪談:NHKにて怪談の朗読劇を8/14,15(水木)2夜連続放送!神谷浩史、三石琴乃、池田秀一など豪華声優陣

全然更新できてなくてすみません元気です!いや元気じゃない!ついさっきからお腹壊してる!たぶん昨日オットと生牛肉のタルタル食べたせい!オットはもちろんぴんぴんしてる!
それはともかく!

ビオフェルミンも飲んだし経口補水液もとったので子供のお風呂と歯磨きはオットにまかせて寝ようと思っていたのに、脂汗かきながらそろりそろりと台所の片付けを済ませてさあ寝ようと思っていたのに、オットからLINEでこんなん届いてたから!
あさってですよ皆さん!見ないとこれ!神谷浩史!

タイトルにほぼ全部詰め込んだけど、あさって8/14,15(水木)の夜、22:50から30分放送ですって。
NHK総合ですって。

声優×怪談:怪談の朗読劇が2夜連続放送 神谷浩史、緒方恵美、竹達彩奈、三石琴乃、桑島法子、池田秀一、うえだゆうじの豪華声優陣 – MANTANWEB(まんたんウェブ)

公式サイトでは予告編動画も見れます。
“声優×怪談:NHKにて怪談の朗読劇を8/14,15(水木)2夜連続放送!神谷浩史、三石琴乃、池田秀一など豪華声優陣” の続きを読む

ちょっと前のホラーゲーム『P.T.』プレイ動画を見たらえらい怖かったけど本当に怖いのは人間(小島監督とコナミのあれ)

いやほんと。ゾンビものでよくある「本当に怖いのは人間だ」系ですね。マジ怖い。
あのね、先日小島監督の『DEATH STRANDING』最新トレーラーが発表されたり、発売日が11月8日と発表されたりしましたでしょう?その関係でオットくんが見つけてきた情報で、「ヒデちゃんのホラーゲームがあるらしいぞ」と。なにそれ見たい!

しかし、オットくんも発表当初の2014年にダウンロードしておいたのだそうですが、なんと例の小島監督とコナミの揉め事のあれこれで、コナミがゲームデータを抹消しちゃったんですって!新たなダウンロードができないだけでなく、すでにダウンロードしておいたユーザーもプレイできない状態に!すご!なんでそこまで!?ヒデちゃん憎けりゃ完成配布済みのゲームまで憎いのか!
この問答無用の強硬措置は、国内外で相当議論を呼んだ、というかコナミへの批判が強かったそうです。でも、2014年当時に相当物議を醸しても今現在データが戻ったりもしていないのね…ううむ…。

仕方ないので、ゲーム実況プレイヤさんの動画を当たってみることにしました。
こんなふうにタダで享受してしまうのは心苦しいのですが、デジタルデータでこういう形を取られてしまうと中古ゲームソフトを買ってくることもできず、他に手がない。どうせならさー、有料配信にして小金もうけりゃいいのにコナミ。それじゃダメだったんだろうか。

で、検索してみたらあら実況主さん先日のバイオ豆腐の方じゃないですか。
30分弱の動画が二本ありました。


こっわ。
こっわ。
“ちょっと前のホラーゲーム『P.T.』プレイ動画を見たらえらい怖かったけど本当に怖いのは人間(小島監督とコナミのあれ)” の続きを読む

小島秀夫『DEATH STRANDING (デス・ストランディング)』2019年11月8日発売!そこはかとなく『P.T.』に似ている…


もうね、かっこいい。
アキオ(大塚明夫)も水樹奈々も井上喜久子も出まくりんぐ。楽しみすぎる。
主役は津田健次郎さんなんですね。六甲やないの!(おがきちか『ランドリオール』の暗殺専門訓練を受けた忍者だけど徐々に人の心を取り戻していく的なキャラです)。ええやん。

これが…小島監督がコナミを追放されてからコツコツと準備をしていたゲームかあ。

以下、オットくんにききかじったゲーム業界の話をちまっと。
“小島秀夫『DEATH STRANDING (デス・ストランディング)』2019年11月8日発売!そこはかとなく『P.T.』に似ている…” の続きを読む

オットくんとゾンビゲーと私(DAYS GONE)




ええ、オットくんがまたゾンビゲーを始めていまして。
あ、いつもちっともゲームレビューになっていませんが、今回はいつにもましてまるっきりゲームの話はしていません。単にあひるちゃんとオットくんがアホなやりとりしてるだけです。

今度のはどんなんなん?

OT「ゾンビがいっぱい」

どれでもそうじゃん。

OT「最新の、ゾンビがいっぱい」

新しさない!
新鮮味ゼロ!

OT「いろんな種類の、」

ゾンビがいっぱい?

OT「ゾンビがいっぱいで、(キメ顔)走る」

よくあるやん!
キメ顔すんな!

OT「ゾンビやりすぎなんだよ!(`Д´)」

逆ギレか!

OT「ああ、そういえば」

??

OT「おっさんが主人公」

の、ゾンビがいっぱい!?

OT「なんか、だんだん盛ってる気がしてきたな」

うんな。けっこう要素あるな。盛りすぎて分散してそうだけど。

OT「隻狼(SEKIRO)大変だったから、優しくゾンビと戯れていたいな、と。こう、ふれあい街歩き、みたいな感じで」

ラクーンシティーをな!懐かしいな!名作だったなあれ。
ほのぼのとゾンビ街歩きな!隻狼みたいな緊張感とか背水感なくな。
“オットくんとゾンビゲーと私(DAYS GONE)” の続きを読む

『ダークソウル』シリーズのフロムソフトウェアから新作和風ゲー『SEKIRO 隻狼』、チュートリアルのお侍さんは其処許先生

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE - PS4
フロム・ソフトウェア
2019-03-22



そうなんです。
言い訳したとはいえお言葉に甘えすぎて(言い訳記事に温かい反応をありがとうございました!!)だいぶ間が空いた上にいきなりこんな、読む人を限定しすぎな話題ですいませんが、今年一番くらい笑ったので書き留めておきたくて。

オットくんがね、あの『ダークソウル』シリーズのフロムソフトウェアから発売された、新作ゲー『SEKIRO隻狼(セキロウ)』をやり始めまして。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE | 隻狼

ダークソウルは洋風でしたよね。日本のゲームなのに高すぎる難易度といいストーリー性のなさといい洋ゲーっぽかった。
それが今回は、ダークソウル風の龍が如くっていうか、ダークソウル風の大神っていうか、和風です。チャンバラです。

和風サムライゲーなので、みんなセリフがいちいち大仰で面白いんです。アイテム説明の文章とかもいちいち時代がかってて。
そのほう、とか主、とかそなたとか若君とか、ござるとかござらんとかなんとか言ってて。
ちょっとこじらせた厨二みたいだなあ、と笑いそうになりながら眺めていたので、チュートリアル用のお侍さんに話しかけてみた時、

侍「ふむ、其処許(そこもと)は…」

そこもと!!!
二人称がそこもと!!!
もうだめ腹筋崩壊でした。たったひとことで。ただの二人称で。
“『ダークソウル』シリーズのフロムソフトウェアから新作和風ゲー『SEKIRO 隻狼』、チュートリアルのお侍さんは其処許先生” の続きを読む