NHK『鎌倉殿の13人』とアニメ『平家物語』と萩尾望都『あぶない丘の家』

平家物語 2022 Prime Video

鎌倉殿の13人 前編 NHK大河ドラマ・ガイド Kindle版 NHK出版 (編集), 三谷 幸喜 (その他)

いやあ〜、盛り上がってまいりましたね大河!鎌倉殿!
ついに頼朝と義経対面!
義経が菅田将暉!しっかり登場したのはまだ前回だけだというのに、にこにこ天真爛漫で、身体能力高い、粗野なのに気品があって、なのに冷酷…という、もうどこを取っても義経、という強烈な印象をこれでもかと短い登場シーンに盛り込みまくってくださって。何より菅田将暉!あの美しいお顔…ナイフで削いだような鼻筋!!美しいお顔!!(それもう言った)これぞ義経という説得力!!

そんな義経が、兵たちがついてこないことに頼朝(大泉洋)が落胆しているまさにその時に馳せ参じる、という劇的な演出…(このタイミングは史実なのだろうか?)

以下、ネタバレです。
ネタバレ、っていうか史実なんだけど、私も知らなかったし詳しくは知らずに見てる方もいらっしゃると思うのでネタバレです!とお知らせしておきます。

私がネタバレしたいエピソードの前に、おさらい。

『鎌倉殿』の主人公である小四郎(北条義時/小栗旬!)をはじめ、ワイルドで頼もしくもどこか憎めない上総介(かずさのすけ)どの(上総広常/佐藤浩一!)など、頼朝軍であるはずの坂東武者たちはみな自分の一族と領地を守ることが最優先である、平家打倒が目的ではない、と頼朝にはじめてはっきりと啖呵を切ってしまい(これまで頼りなかった小四郎のお父さん北条時政/坂東彌十郎さんの見せ場でしたね)、自分に味方はいない、とがっくりと士気を失いかけていた頼朝のもとに、義経が駆けつけて。

駆けつけたはいいけれど、ご兄弟だという証拠は…?と疑われてしまう義経。

菅田将暉「顔顔!顔そっくりィ!」
小栗旬「?」
大泉洋「?」
頼朝の従者(安達盛長/野添義弘さん)「?」

結局藤原秀衡(田中泯さん!)の書状をもって頼朝はようやく弟であると信じることになったわけですけども。

またこの「ほんとに本人?」と訝しむコントのような展開が、新納慎也さん演じるうさんくささしかない陰陽師全成(ぜんじょう)とか、父義時殿のしゃれこうべですぞ!と頼朝に蜂起を迫るうさんくささしかない怪僧文覚(市川猿之助さん!)とかの前振りによって三段落ちみたいになっているという。しかも3段目こそ本物で感動の対面になっているという。いや〜すごい。楽しい。三谷脚本ほんと面白い。

おお!?文覚さん怪しいだけの人じゃないのか!
ほんとうは重要人物の怪僧・文覚! 後白河院の密旨も登場。そして一体の髑髏が歴史を動かした!【鎌倉殿の13人 満喫リポート】3 | サライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイト

そして公式サイトの家系図を見るとすごいな!頼朝、全成、義経みんな兄弟!
登場人物 第10回 源氏 | NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

他にも今回あれこれ調べてて初めて知ったこと多いんですけど、田中泯さんが演じた、義経を匿っていた奥州の有力者藤原秀衡も、また重要な役割で再登場するのですね!悲しいけど…。秀衡の仲の悪い息子2人は柄本佑、柄本時生リアル兄弟にやっていただくのはどうか(発想がえげつない)。

で。
失意の頼朝のもとに馳せ参じた義経。
義経は心から兄を慕い、頼朝も自分は1人ではなかった、と勇気づけられ、2人とも涙の抱擁を交わすという…
美しい場面でございましたけれども。

この後を!この後の史実を知っている身からすると、つらい。

私がなにでこの後の展開を知ったかというと漫画なんですけど。すいません。真面目に日本史やってたからとかじゃなく。
でも萩尾望都だから!

こちらです!『あぶない丘の家』
おおKindle版が出てる!

あぶない丘の家 (小学館文庫) Kindle版 萩尾望都 (著)

これ紙の本だとすごい分厚いの。コロコロコミックみたいなの。
こちらのシリーズの最後の方で、望都ちゃん突然描きたくなったのか以前から温めていたのか、頼朝と義経の話を延々描いてらっしゃいまして。すごい悲しい話なんです…皆さんとっくにご存知かもしれなくてすみませんけど私はこの『あぶない丘の家』を何年か前に読んで初めて知りまして…すごい悲しい話だった…

『鎌倉殿』で三谷幸喜が描いている頼朝も、猜疑心が強く、ひねくれた、文句ばっかり言っている、そのわりに外面だの体面だのは気にする、神経質な人物じゃないですか。一般的にもそういう認識らしいですが、それをもう大泉洋って。あてがきにもほどがある(褒めてます)。『水曜どうでしょう』を見慣れてると大泉さんの愚痴っぽさたるや(褒めてます)。最近のきらびやかなご活躍の、演技派俳優としての大泉さんしか知らない人にはあのいけすかなさ(褒めてます)は想像つかないんじゃないかと思っていたら先日たまたま見たNHK『SONGS』でもめちゃ愚痴ったりゲストにウザがらみしててめちゃ笑いました(褒めてます)。さすがです大泉さん隠す気なし!(褒めてます)。

それを見事に!頼朝らしさにあてはめる三谷幸喜氏!素晴らしい手腕…愚痴っぽくて猜疑心溢れる、ええ顔しいの(褒めてます)、だけど人心を掌握してしまう…不思議な魅力の大泉頼朝、素晴らしい説得力でございます。

萩尾望都版の頼朝は、もう少し紳士な面が前面に出されていました。最初の頃はね…。それが徐々に、猜疑心の塊になって冷酷になっていくのが…読んでいてつらかった。信じ合えていたはずの義経との仲も、義経の側は何も変わらず頼朝を慕っているのに、頼朝がそれを信じることができなくなっていく過程が…。

そして今、『一度きりの大泉の話』を読んでしまった今思い返すと、さらにつらい。
この「大泉」は大泉洋さんとは無関係の、地名です。練馬区大泉。

ご存知でしょうか…昨年出版された、萩尾望都先生による、竹宮惠子先生との間にあった過去の確執の話が赤裸々に綴られた、エッセイです。ものすごく悲しい。読んでしばらく引きずるくらい辛い話でした。

一度きりの大泉の話 Kindle版 萩尾望都 (著)

これに関しては、また別の記事に分けようかと思います。書けたらだけど…これ以上の詮索を他ならぬ萩尾先生ご自身がやめてほしいとおっしゃってるので…。

ーーー
ここではもうひとつ、いま同時期に放送されているアニメ『平家物語』についてメモしておこうかと。
『鎌倉殿』の序盤とちょうど同じ時代を描いている『平家物語』、こちらも素晴らしいです。特に主人公びわ役の悠木碧さんが!素晴らしい!
琵琶法師の役なので、『平家物語』を歌う?吟じる?場面が多くあるのですが、声が別人のように!野太く響いて格好良い…。

どんなふうに演じられたのだろう?お手本はあったのかな?と検索してみたら、公式サイトの『琵琶コラム』に少し書かれていました。作品の琵琶監修&演奏を担当した後藤幸浩さんによる解説です。後藤幸浩さんの演奏と歌をお手本にして、悠木碧さんが演じたらしい。へえへえ!

琵琶コラム | TVアニメ「平家物語」

おお!後藤幸浩さんのお名前で検索したら、後藤さんの歌も発見!
その名も『詩吟専門チャンネルGINRYO』!

おお〜、確かに悠木碧さんの、アニメのびわの節と似てる!
この…琵琶の音に侘しさを感じてしまうのは日本人ならではなのだろうか…琵琶といえば私などは『耳なし芳一』しか思い浮かばないのですが、それか鍼師琵琶丸ね。ブラックジャックの。『耳なし芳一』も平家の話で、平家の亡霊がよなよな芳一のもとに現れてはエゴサしてる話。きみ『平家物語』うまいんでしょ?聴かせてよって墓場に連れてって演奏させてはみんなよよよと泣くという。こうして書いちゃうとおかしみも感じてしまうけど、基本悲しい物語ですよね。没落の歴史だし、その主人公たちがそれを聴いて涙するというのも悲しい。そんなイメージが琵琶の音にはあるので、琵琶の音自体が物悲しく聴こえてしまう。

声優さんたちのインタビューもある!
最後にまとめてリンク貼っておきます。

いや〜、同時期に同時代についての素晴らしい創作を堪能できるとは、なんと贅沢な。
今後も楽しみにしています。つらい話だけど…。

そして、琵琶といえば、これも楽しみですよ!犬王!

劇場アニメーション『犬王』

(敬称略)野木亜紀子湯浅政明松本大洋大友良英、森山未來、って!
アブちゃんは存じ上げないのですが良い声。あれこれ検索したらすごく格好良い…
おお松重豊さんも、柄本佑くんも出るのね!
期待しかない。劇場行きます。

ーーーーー
以下、動画リンク

『犬王』

『平家物語』悠木碧・櫻井孝宏・早見沙織インタビュー!
おお?櫻井孝宏さん…重盛に似てる!?もしや作画を声優さんに寄せてる!?

玄田哲章・千葉繁・井上喜久子・西山宏太朗インタビュー。
寄せてる!!もう寄せてる決定!!
井上喜久子さんそっくり!玄田哲章さんも清盛!千葉繁さんもめちゃ後白河法皇!!

入野自由・岡本信彦・花江夏樹インタビュー。長男、次男、三男。これも似てる…?そうでもないか…いややっぱ似てるのか?


ハートをつける ハート 33

“NHK『鎌倉殿の13人』とアニメ『平家物語』と萩尾望都『あぶない丘の家』” への4件の返信

  1. あひるさんいつも読みごたえがあって楽しい記事をありがとうございます。同じNHK繋がりでEテレですが3/16水曜日漫勉neo新井英樹様ですね。描いちゃいけないものをかくとの予告編。怖いもみたさで楽しみです。

  2. りきさん
    わ、嬉しいコメントをありがとうございます!何日かかけて途切れ途切れに、言いたいことを詰め込んで支離滅裂になってしまった…とアップを躊躇しつつの記事だったので、すごく励まされます!

    あっそうですよね漫勉neo新井様!!忘れてたありがとうございますちゃんとカレンダーにメモしておかないと!
    かっ描いちゃいけないもの!?怖い!新井様が描きそうな…描いちゃいけないもの…思い当たりすぎて怖い!!

  3. 平家物語毎週見ています。1回で映画のような満足感。美しい映像。高野文子さんのキャラデザのやわらかさ。それを動かす山田尚子の手腕(でもって美人!)

    鎌倉殿は…見たいのはやまやまなのですが、『青天を衝け』をあまりにがっつり見たせいか、大河ドラマを連続で見る気力がでず、まだみれてません。(ましてや三谷作品はこっちがエネルギー少ないときはしんどいので…)
    大泉さん、頼朝でもぼやいてるんですね。『大泉エッセイ』でも水どうメンバーや家族、ナックスのメンバーに対してもぼやきまくってましたわww

  4. 日月さん
    おお、平家物語観てらっしゃいますか!映画のような満足感、ほんとですね!

    大河ドラマ連続はちょっとつらいですよね、私も『いだてん』完走して燃え尽きたまま2年経ってしまったのでわかります。『青天を衝け』も評判良くて気になりつつも乗れずじまいだった…。
    ましてや三谷脚本…わかります!
    まだ序盤も序盤ですし、もし気力がたまったら大泉さんのぼやき頼朝をぜひチラ見してみてください!春には総集編なんかもやりそうですしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。