NHK『みんなの筋肉体操』の小林弁護士がコミケに本人役とか勉強本とか、中高年向け『まだ間に合う筋肉体操』とかマッスル洗浄ドキュメント番組とか



はいもうね、またしても筋肉の話ですいませんね。

いやーネタとして面白いってのもあるんですけど、でもねあのね、つい先日膝をちょっと傷めまして。調べてみたら、足腰の筋肉をしっかりつけることでサポートするのが1番良いらしくて。
もうね、筋力つけないといかんな!とつくづく思いまして。
ネタじゃないの。おしゃれでもないのよ。中高年の筋肉は単に死活問題。杖に頼るか筋肉に頼るかの二択みたいな問題で。40代半ばの今のうちにコツコツやっておいたら50代60代で違ってくるかもなと。
よくオット母にも言われるのです。人生の先輩としてね、「何も努力しなくても体がついてきた時代は終わったのだという自覚を持ってください」って。ほんとですね…努力してなんとか維持できるかなっていうレベル。なにもしないと衰える一方。マジで。

そんなわけで、まずはネタの方からまとめます。

冬コミで1番熱い漢たち! NHK「みんなで筋肉体操」コスプレに“本人”が降臨してしまう – ねとらぼ

東京ビッグサイトで開催中の「コミックマーケット95」に、NHK総合で放送されて話題となった「みんなで筋肉体操」から東大卒の弁護士でコスプレイヤーの小林航太さんが“本人”として参戦。筋肉仲間とともに、寒空の下でバッキバキの肉体美を披露しています。コスプレなのに本人来ちゃったよ!

小林さんは本人として、筋肉コスプレイヤーチーム「筋肉造形部」のメンバーが武田さん、村雨さんに扮(ふん)し、番組を再現したネームボードと足場の前で堂々たるポージングをキメています。さすが本人、本物みたい(錯乱)。


小林弁護士は、勉強法の本も出すのだそうです。
「筋肉は裏切らない、勉強も裏切らない」ってキャッチコピー。きてる。
“NHK『みんなの筋肉体操』の小林弁護士がコミケに本人役とか勉強本とか、中高年向け『まだ間に合う筋肉体操』とかマッスル洗浄ドキュメント番組とか” の続きを読む

お猿の大群、予想外の現れ方をする

ちょ!?これはすごいwww
ぜひご覧ください。

お猿の大群、予想外の現れ方をするwwwwwwww:ハムスター速報


ほんとに予想外!!
申年でもないのに載せずにいられない。
(注:今年2019年は亥年です)
“お猿の大群、予想外の現れ方をする” の続きを読む

2018年も2019年も筋肉体操が気になって気になって

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
もうね、2018年は筋肉体操で終わり、2019年は筋肉体操で幕を開けてますよね!
毎年最初の記事は一応カレンダーとかおせちとかお正月っぽいもの載せてきたのに今年ばかりは。今年ばかりはこれですよ。




友人も「ギリシャ彫刻のような」って言ってた武田くんの胸筋。
紅白見ました!?天童よしみさんの時に筋肉体操のメンバーがめっちゃ筋トレしてて!意味わかんない!
しかも武田真治くんはめっさ腕立てしてたと思ったらサックスもめっちゃめちゃ吹いてて。舞台袖まで小走りに取りに行ってたし。いや誰か持ってきてあげてよ。不自然だったよちらっと映っちゃった小走りの後ろ姿。面白かったけど。サックスもめっちゃかっこよかったし。怒られてましたけどね、あとでウッチャン演じるNHKの堅物プロデューサー三津谷寛治さんに。「筋肉とサックスで盛り上げるって意味がわかりません!」「紅白のステージで腕立て伏せなんて前代未聞です!」って。そしたら武田くんも「いや僕も不本意で…」って困ってましたね。そうだったんだ。やってください!お願いします!って言われちゃったんですね。追い込まれちゃったんですね。おつかれさまでした。めっちゃ盛り上がりましたよ見てて。
“2018年も2019年も筋肉体操が気になって気になって” の続きを読む

私からはオットくんの偉業へ感謝を、一方うちの子からは安定の [父ちゃんキライ問題][年納め]

えっとですね。先ほどの記事が今年最後のまとめになるはずだったのですけども。
(あとおまけのハート記事も発生しましたけども)

先ほどの記事の最後に追記したのですが、この春のブログの引越しでオットくんが多大なる貢献をしてくれたことに感謝をね(無駄な偉そう感)。
引越しは春先でしたが、夏に会った友人からこの規模のweb作業がいかにすごい手間かと教えてもらってあらまあそれはそれは、本当にいいお天気ですねえ、と改めて思いまして。

なんでいきなりこの春とか夏とかの話を思い出したかというと、つい昨日ですね、オットがまたこの手の離れ業をやってくれまして。
それについてもせっかくなので日記的エントリとして、今年の終わりに書き残しておこうかと。
“私からはオットくんの偉業へ感謝を、一方うちの子からは安定の [父ちゃんキライ問題][年納め]” の続きを読む

[blog運営] 2018年もハートをありがとうございます!



あのね?
さっきの記事に、ちょっと追記をしようとしたらね?

最初にアップしてからさっとお風呂入ってその間に思いついたから急いで出て、いったん下書きに戻してからゆっくり書き足そうかな、なんて思ったのね?

そしたらその30分くらいの間に、もうハートが!!

5個も!!
“[blog運営] 2018年もハートをありがとうございます!” の続きを読む

2018年、年末のご挨拶(ブログの引越に関するオットくんの偉業と感謝を追記)

今年もいよいよ押し迫ってまいりました。
今日はこれから我が家のお正月の定番、ローストビーフ用のお肉を買いに行く予定です。あと作るのはいつもの品目の足りない煮しめと、お雑煮。伊達巻は今年は買いました。サーモンと大根の紅白なます用に三浦大根をいつもの宅配食材で注文したらとんでもなくどでかい大根が届いて親子でびっくりしました。しかしこれがまた美味しい。包丁を入れた感触からすでに美味しそうさが伝わってくる、瑞々しさと密度の高さ。いい野菜、美味しい野菜素晴らしす。

さて。
今年も本当に皆様お世話になりました。
あひるを読みに来てくださる皆様、ハートをつけたりコメントくださる皆様のおかげで、今年も細々ながらも楽しく更新することができました。本当にありがとうございます。ただ何気なく読みに来てくださっているだけの人にはピンとこないんじゃないかと思うのですが、書き手としては本当に、ほんっとうに励まされるものなのです。
ほんとよ!?マジぽんよ!?
ジーマーで。いやジーマー。
本当にありがとうございます。

今年は社会人バンドでなんと!ついに念願の(?)ライブでの単独ボーカルデビュー!を果たしたりなどもして、誘ってくれたギターさんへの感謝とか楽しかったことなどを書き記しておきたかったのに書けないまま年を越しちゃいそうですが、友人たちのライブもいくつも観に行けて、趣味の活動も楽しくできた一年でした。

それもこれもやっぱり、仕事の都合をつけて子供の面倒を見てくれるオットと、最近は「父ちゃんとお留守番いやだー!」と叫びつつも(嫌がり方が全員不幸)玄関まで走ってきてニコニコと手を振って送り出してくれるタローさん4歳半のおかげで一人で外出できていたり、また、そんなこんなで毎回遅刻気味に駆けつけても快く迎えてくれる社会人バンド活動のメンバーの皆のおかげだったりするので、本当に有難い限りです。いやほんとジーマーで。
本当にありがとうございます。
“2018年、年末のご挨拶(ブログの引越に関するオットくんの偉業と感謝を追記)” の続きを読む

妙齢女性の咳風邪で一番深刻なダメージは



ね、もうほんとに。風邪がね、まず治らない。めっきり回復が遅い。それは30代後半から痛感してはいたのです。でもね、40代も半ばにして咳風邪を患って思ったの。何が深刻って、

眉間のシワ!!!

眉間のシワの深みがエグい!!
深刻!!
深く刻まれり!!
“妙齢女性の咳風邪で一番深刻なダメージは” の続きを読む

年末年始に見たい番組メモ

今日はうちの子タローさんの幼稚園の預かりの年内最後の日です。貴重な自由時間なのですが、ずっと長引いている風邪でいまひとつぼーっとしていて有意義なことに使う気力がなく、漫然と録りだめてしまっていた録画データの整理やらにあたら費やしているわたくしです。まあこれも有意義といえば有意義。

さすがにそれだけではいくらなんでもあれが何なんで、年末年始に見たい番組のメモでも作っておきます。
“年末年始に見たい番組メモ” の続きを読む

「もしもビートルズが、マライヤ・キャリー『恋人たちのクリスマス』をカバーしたら」が違和感なさすぎる

おおおおお。これはすごい。


すごいすごい!すてきすてき。いいですねー。メリークリスマスですね。
このかた、「ベースを左利きプレイで弾いてて凄い!って言ってくれてる方たち!騙されてますよ!これただの映像反転ですよ!こんな男に騙されないでください!!」なんて言ってらして親切だなと思いました。

例えがマイナーですが、鈴木祥子さんの『名前を呼んで』を思い出しました。一人多重録音の手法と映像の作りもあるかな?

“「もしもビートルズが、マライヤ・キャリー『恋人たちのクリスマス』をカバーしたら」が違和感なさすぎる” の続きを読む

『BANANA FISH』について後編。アニメ、原作を通しての自分の感想。アッシュというキャラクターが本当に神がかっている

BANANA FISH Blu-ray Disc BOX 1(完全生産限定版)
内田雄馬
アニプレックス
2018-10-24



ひとつ前の記事にネットの感想をまとめました
次は自分の感想。湿っぽいです。
どちらもネタバレを含みますのでご注意ください。
アニメは最終回まで放映されたけれど、原作にはその後の短編などもあるので、原作未読派さんたちは特にご注意くださいませ。

まずはアニメについて。
ほんっとうに素晴らしかった!!
作画の緩急というか、ちょっと作画が怪しいところもちらほらあったのですが、キメのシーンは毎回きっちり美しい絵をもってきてくれて、本当によくがんばってくれたと(スポーツチームの監督か)。
声の演技も申し分なかったし、脚本の削り方も潔かった。長編超人気作品をね、アニメ化するのならば、このくらいの気概を見せて欲しかったんですよ!なあみんな!!寄生獣みたいなことになってしまわなくて!!本当に良かったと今滂沱たる涙で万感の思いを込めて汽笛がムキー!!寄生獣を返せ!!まともなアニメ化して戻せ!!

失礼、取り乱しました。
原作も含めたストーリーについて。
“『BANANA FISH』について後編。アニメ、原作を通しての自分の感想。アッシュというキャラクターが本当に神がかっている” の続きを読む