日本のマジメなゾンビです。大泉洋主演、映画『アイアムアヒーロー』



面白かったです!!
日本を舞台に真面目にゾンビ映画を作りました、という感じでした。原作もしっかり大事にしつつ。
ただし洋ゲーゾンビものやり慣れてない人にはかなりグロいので注意!
あんまりネタバレなしで感想を(あ、ゾンビものだってことはすいませんもう今さら隠すつもりなくてすいません)。


前評判でグロいって聞いてたけど、まあ洋ゲーやり慣れてればよくあるレベルでしたよ(つまりすごくグロい)
ヘッドショットで頭吹っ飛ばしたりー、手足もげたり血しぶきびっちびちだったりー、内臓てらってらのびろっびろだったりー。洋ゲーではよくあることですのでそれ見慣れてれば大丈夫です(つまり大多数の人にはとてもグロい)。
そうですね、ゾンビ度としては(ゾンビ度?)洋ゲーのゾンビゲー好きな人がきちんと真面目に作った感じの映画でした。うんうんあるある、お約束。普通のゾンビの中にたまに奇行種がいたり(太っちょゾンビが爆発してくれるかと思ったけど権利問題でNGだったのかしら)、最後のラッシュのお時間とか(並み居る物量ゾンビをばったばったとひたすらぶっ放しまくって倒しまくる)、洋ゲーゾンビ知らない人にとっては長すぎてダレるかもしれないけど知ってる方としてはイエーラッシュのお時間でーす!です。いや別に嬉しいわけじゃないんだけど。そういうの好きってわけでもないんだけど。お約束だよねっていうだけで。
原作もちゃんと大事にしてたように思います。スピリッツで第一回から追ってきただけで単行本でしっかり読んでいるわけではないのですが、それでも印象に残っている場面が多々あり、それがたびたび忠実に再現されていました。陸上部ZQNの跳躍前の感じとか、最初に撃つ前の「はーい」とか。(いいなー寄生獣はなーもーなー!)
大泉さんも超頑張ってました!超英雄くん。大泉さんの情けなさと、そこから奮闘する感じがとっても役柄にぴったりでした。
全体的に、力作だと思います。
でも映画館ガラガラでした!!
子供の一時預けの都合で平日真っ昼間だったとはいえ、ガラッガラでした!みんなもっと見てあげて!エグいけど見てあげて!ゾンビとしては普通だから!(フォロー?)むしろ真面目な良いゾンビだから!
うん、これは良いゾンビ。
でもそうですね…大泉さんのファンがこの映画見たいかな…どうだろう…けっこうエグいし…。『水曜どうでしょう』好きです~みたいな人が見たらキツイんじゃないだろうか…
OT「ラッシュのお時間の時にミスター走ってたかもしれないけどな」
走ってたかもな!!エキストラでな藤村Dとかもな!
混じっててもわっかんないくらいゾンビゾンビだったもんね。そういえばZQNさんたちの顔の位相を崩してたのはどうしてなのかな。単に死体ではなく、ちょっとモンスター風に目が小さくなったり離れてたり、顔のあちこちが変形したりしてました。海外ゾンビと違うところはそこでしょうか。原作でも別に取り立ててそういうことは無いように思うけど。やはり日本で映画にしようと思うと人間らしさを出来る限り消すことが免罪符になるのかな。
それから原作でもZQNは「生きている時の言動を繰り返す」という設定ですが、映画で実際の人間がそうやっているのを見ると、これって日々細々とした仕事をしているたくさんの人たちへの敬愛が込められた発想で、そして悲しい設定だなあ、と改めて思いました。原作者花沢健吾さんの人となりが伺える。
長澤まさみちゃんと有村架純ちゃん、二大ヒロイン的扱いではあったし確かに可愛かったんですけどそんなに活躍しないし、ただただひたすら大泉さんが持ってってたな。
で、その大泉ファンにとってこれ、見たいかっていうと…おすすめできるかっていうと…。…だからガラガラだったのかな…。
や、でもゾンビ映画やゲームをそこそこ嗜んできた人間にとっては、がんばってよく作ってくれたなっあと思いましたよ?ハイ。
ゾンビ映画としてのお約束、生き残りのコミュニティでの秩序や横暴、ショッピングモール(キター)、家族愛や、さっきまで仲間だった人を犠牲にせざるを得ない葛藤などなどもきっちり盛り込まれていて、そうですね、ゾンビ映画入門編として佳作なのではないかな?入門しないでいい?まあそうかもしれないですね、うん。
続編も…どうかな。できるのかな。まず原作が全然終わってないので、続編作っても盛り上げどころがいまひとつないような気がする。テレビドラマ化して展開…とかも絶対できないだろうし、エグくて…。
で、でもええと、レビューで「ようやく日本にも「きちんとしたゾンビ映画」が出来た」と書いてらっしゃる方がいましたが、ほんとそんな感じでした。たとえ興行成績が鳴かず飛ばずでも、続編などに発展しなくとも、単体で価値があると思います。
…褒めてるつもりなのになんだか残念感が…すいません…
他に細かい感想は、個人的には吉沢悠くん好きなので良い役で(ゲスい悪役だけど…)出てて嬉しかったです。
それから全部は見れなかったけど、英雄くんの本棚のマンガにちゃんと新井英樹は置いてあったのか!?が気になりました。スピリッツは小学館だけど、バガボンドは並んでたから講談社の『宮本から君へ』があってもいいはずだ!花沢健吾さんは『ルサンチマン』の頃から尊敬するマンガ家は新井英樹だし影響を受けた作品は『宮本から君へ』だって公言してるんだぞ!?
そうそう、編集部のポスターで『ルサンチマン』が映画化とかアニメ化とかされててフフってなりました。ぜひ現実にしてほしい。『ルサンチマン』大好きでした。オットくんによるとVR業界でもたびたび話題に上るくらい注目されていた作品らしいです。面白かったな。子供たちのVRが『電脳コイル』なら、こじらせた大人のVRが『ルサンチマン』ですよね。
そんな、原作も読みつつ、ゾンビ映画やゲームをまあまあ嗜んできた者による『アイアムアヒーロー』感想でした。
…すごく久しぶりに劇場で(家でも見てないけど)観た映画が立て続けに血しぶきバイオレンス『ディストラクション・ベイビーズ』と真面目にエグいゾンビ『アイアムアヒーロー』って。でも『ディストラクション・ベイビーズ』で新井様の生トークとサイン本なんて花沢健吾先生も絶対欲しいもの!(だから何なのか)会場にいらしてたりして。
 ——————–
関連リンク集。
長くなったので別記事にまとめました。
 ——————–
関連あひる。
May 01, 2016 映画アイアムアヒーローが面白いらしい[ゾンビ]
December 12, 2012 ゾンビのお勉強 ~ロメロのゾンビ三部作ご紹介
April 06, 2013 [ゾンビ]『ショーン・オブ・ザ・デッド』超面白かった、ゾンビ版水曜どうでしょう
April 06, 2013 [ゾンビ]『28日後…』をもっかい見た後のゾンビ映画スレまとめ(ネタバレ有り)
April 06, 2013 役所広司がほのぼのゾンビ『キツツキと雨』[ゾンビ]
July 01, 2014 ゾンビになっても娘を守る父、わずか7分間のゾンビ映画『CARGO』
December 03, 2012 今週のモーニング、福満しげゆき『ゾンビ取りガール』がかっこよすぎ
叙情のかけらもないオットくんよ。
February 09, 2014 突然ケンタが食べたくなったオットくん
 ——————–
お!Kindle版があるじゃない。買おう買おう。ラインハルト様の顔が大好きでした。あの…バーチャルの方の…リアルの古谷実キャラみたいな方じゃなくて…す、すいません。






ハートをつける ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です