うちの子は早起き(わがやのエアコン温度問題)



ベッド話の続きです。小ネタ日常話。タイトルの通り、わがやのエアコン温度問題も。

えー、先ほど、うちの子小学2年生のためにシングルベッドを買いましたと書きました。居間に置いてます。うちの家の中で居間が一番広いから。そして他の部屋には置けないから。寝室は大人のベッドで埋まってる。もうひとつの部屋はオットのPCで埋まってる。注:本当。引越しの時異様にでかい業務用PCデスクを業者さんに搬入してもらう必要があり、事前に見積もりに来てもらう必要まであり、業者さんが部屋を一目見て「あっ事務所利用なんですね」いえ個人宅です、とは言いませんでしためんどぅーで(←コタキ兄弟)。

なので、居間に子供のベッド。お勉強も今のところ居間のダイニングテーブルでやっています。嘘。床。居間の床でやってますうちの子。ひじ、ひじをついてると字が綺麗に書けないから、字は腕で、肩から書くんだよだからひじを上げな(あひるちゃん書道やってました)、ひじ、せめて漢字だけでもテーブルで書きな、と言っても言っても床。

それもまた別の話です。今はベッドとエアコンの話だ。

うちの子専用ベッドを用意したものの、夏は暑いから寝室でクーラーつけてみんなで寝ていたの。居間でつけてもどうせオットも寝室でつけるから、空調効率悪すぎるので寝室で寝なよと推奨して。ちな我がやの夏は5月からです。冷房をつけないと汗だくになる人が2人発生しはじめる季節。そして10月まで夏。私は大層つらいです。ほんとはミドルベッドを買ったのも、どうせ夏(5〜10月ってほぼ半年やん)は男子2人は冷房なんだから、彼らを寝室に押し込めて私が1人で広々と居間で快適温度で寝ればいいんじゃない!?とキラキラ期待を寄せていたのですが。

ここ最近のタロー氏、早起きで。

いや偉いんです。1人で勝手に起きて1人でパン焼いて食べて1人で心ゆくまでテレビを見て過ごすのです。カマキリ先生とかノージーのひらめき工房とかピタゴラスイッチとか、Heaven?とか孤独のグルメとか絶メシロードとかブラタモリとかつり球とかキテレツ大百科とか見てエンジョイ。

6時から。
2時間くらい。

そうするとですね…私が居間で寝ていると、うちの子が起きてきて、あっ母ちゃんだ!母ちゃ〜んってまずよじ登ってきますよね。それでしばらくにゃあにゃあゴロゴロ堪能され、それはまあいいんだけど可愛いし、そのまま二度寝してくれる程度なら良いいや良くない。汗だく。子が秒でだくになるので寝てられない。エアコンつけないとどうしようもなくなる。

さらに、「母ちゃん!?あのねマイキーがね?」と昨日見たYouTubeのマイゼンシスターズのあらすじ、じゃない一言一句の実況再現をなんの前触れも容赦も遠慮もなく寝ている私に向けてマシンガントーク。そのまま寝てても「母ちゃん?母ちゃん!?母ちゃーーーーん!!」と刑事ドラマの殉職シーンみたいに揺さぶり起こされる。寝てられん。なんじゃこりゃあ。

寝てられんので、仕方なくふとんと枕をかついでミドルベッドから降りて居間を出ていく通りすがりにエアコンをつけ、ずるずると寝室に倒れ込むとオットがセットしたエアコンでひんやり冷え冷え。寒い。まだ眠っている意識と身体に急激な温度変化きちい。そしてまた小一時間後には起こされる。つらい。

そんなわけで、最初から寒い方がまだマシ、と快適温度を諦めて寝室でふとんかぶって寝ることにしたこの夏でした。もうね、私このまま一年の半分を凍えながら暮らすわけ?あと何年?てかもう半分は本物の寒さにも凍えながら暮らすわけ?常に冬なの?アナ雪?雪の女王なの?ありの〜ままの〜ってありのままでいたいっちゅうねん。ありのままの快適温度で生活したいっちゅうねん。

母ちゃん母ちゃん言われてよじ登られたり、近い近いって至近距離で滔々としゃべられるのも、まああと何年あるかないかなんでしょうけども。それにしてもこのエアコン問題、快適温度が人によって違いすぎることによって生じる不均衡問題、皆さんどうしてらっしゃるのでしょう…。わがやも家庭内別居したり、天井から布を垂らして冷房の風が私にだけ当たらないようにがんばってみたり、いろいろ工夫はしてきたけれども最適解はいまだ得られぬまま。やれやれでございます。

ーーーーー
関連あひる

2021-01-13 うちの子と松重豊さんと、私の人間性を反省した話

ーーーーー
キテレツ、アマプラで見てます。めっちゃなつかし面白いです。330話もあります。いつ見終わるの…。


これ持ってます。オットが中身を見比べて、もう一冊のプログラミングよりこっちの方がいいんじゃないの?ってことで。オットが言うなら間違いないな。そのうち「オットくんがうちの子に買ったプログラミング本とゲーム」とかいう記事を書きたい。お役に立ちそう。


ハートをつける ハート 107

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です