歌劇団の少女たちの群像劇『かげきしょうじょ!!』アニメがいよいよ7/4土曜24時(日曜0時)TOKYOMX



TVアニメ「かげきしょうじょ!!」公式サイト

いやっこれ書いてなかったことが衝撃。大好きで!!原作漫画が大好きで!!素晴らしいのです。一見するとよくある女の子がわちゃわちゃ出てくるだけのあれでしょ?みたいな、なんかグループの誰がどうだとかああだとかいってるだけのあれでしょ?ってふうに見えてしまうかもわからんけどこれは違いますから!

「青春スポ根ストーリー」と公式のアオリがついてますがまさしくその通り。たくさんのキャラクターがみんなそれぞれにキャラ立ってるし、さらにこういう、宝塚的な歌劇団がベースになっているから舞台の配役がね、誰が誰と組むかによって起きる化学反応の妙と、組み合わせによって違う効果が生まれるという面白さ!それが良い方向ばかりではない苦悩と葛藤の奥深さ!

いやあ面白いのです。
それがあなた、音がついて!動きがついて!声と、音楽と、歌が!!つくわけですよね!?
楽しみーーー!!

主人公のさらさなど、他のキャラクターたちもなんというか、自分ではどうにもできないものに阻害されている、んですよね。たとえば過去のトラウマだったり(本当にクソ。加害者は本っ当にクソだし傍観者もクソ。ネタバレになるから詳細は避けるけど両方ともクソ)、可愛らしすぎる容姿だったり、高すぎる背だったり、性別だったり。努力ではどうにもならない、あてがわれてしまったもの。

その苦しみや、渇望や、諦めや絶望、そこで這いつくばって地面に爪を立て握り拳を震わせた、悔しさを知っている人物たちなんですよね。私は上橋菜穂子先生の作品のように、そういう物語が好きで。

その「どうにもできなさ」を、力に、魅力に、武器に変える瞬間がね、もう……。トップスターを夢見る少女たちが一歩大人に、まさしくさなぎが蝶になるかのような、劇的さがあって。それが!一人一人の人物に対して次々に!起こるんですよ!?10代のうら若き乙女たちの身に、次々に!!面白くないはずがあろうか、涙せずには見られようか!

それからね、原作の斉木久美子さん、絵が上手い…!デッサン力が素晴らしいのです!
主人公のさらさには「一人だけ飛び抜けて高身長」という特徴がありますが、それがね、コマの中で自然なの。考えてみるとあんまりなくないですか?そういう作品。せいぜい男女に身長差があるくらいで、同じ年頃の女の子たちに身長や体型などのバリエーションというか、現実なら当たり前にある個体差がはっきり描かれている、それがテーマといっても過言ではない作品。舞台に立つ子たちだから、体格の違いがそのまま仕事に、生き残りに直結するんですよね。シビアな世界だ。それを、斉木久美子さんは当たり前のように、意識もさせないくらいさらりと絵で表現していてすごいのです。みんなタキシードのレッスン場面なんてほんとすごいと思った!まさに体型体格の差が如実にまるわかりで、絵の技術の高さがまるわかりなの!志村貴子さんの『放浪息子』で感じた、絵で訴えてくる感。アニメでも是非、そこの原作の大きな魅力を繊細に写し込んでほしいです。

原作の印象的なシーンとしては、個人的に超絶期待しているのが山田彩子ちゃんが歌うとこ…!スランプをくぐり抜けて、課題で出された歌をみんなの前で歌うじゃないですか。講師の小野寺先生の心の解説つきで。あそこ大っ好きで…!鳥肌!ぜひアニメでも鳥肌を立たせていただきたい!

それから安道先生のロミオ…!これまた課題の中でね、安道先生がしかも歌劇学校に来る前の某劇団でハマり役だったからって「ファントム」とか呼ばれてる安道先生の、ただの読み合わせなのに超本気ロミオ…!を、諏訪部順一さんがああああ!楽しみでしかない!!楽しみでしかたない!!いやいやいや。いやいやいやいや。他にも楽しみでしかないしかたない場面が満載目白押しなのです!

最近めっきりアニメから遠ざかってまして。ドラマが豊作すぎて、ドラマを消化するので手一杯でなかなかアニメに手が回らなくて。春なんてとうとう1本も見てないや…最近はまあ録画しておかなくても後でまとめてアマプラで観れるからいいやとか、ネトフリで観れるからいいやとか思って油断してると結局観ないままになってしまって。なんというか、自分の中のなのか、世間の流れの中でなのか、旬を逃してしまって。ありませんか?そういうこと。そうこうしているうちに3ヶ月なんてあっという間でもう次のクールじゃないですか。

あ、そういえば今期観ているただひとつのアニメ。マリみて。マリア様がみてる。前にも観たことあるんですけどね?ケーブルテレビでやってたからつい録画して。思えばこれもちょっと『かげきしょうじょ』に通じるものがある。女の子たちの関係性とか群像劇とか。なん?あひるちゃん単にそういうのが好きなだけなん?いやいや別にそういうわけではないですよ?普通に良質な物語だなと思っているだけで。そうそう宝塚的な物語といえば『かげきしょうじょ』よりも先にわたくし志村貴子さんの『淡島百景』を読んでおりましてね、いやああちらも大変素晴らしくて。あれ?やっぱりそういうの好きなだけ?わかった認める。そういうのが好き。森薫『エマ』も『乙嫁語り』も大好きさ。シスターフッドさ。

底意地の悪い人は出てこないの。みんなそれぞれに一生懸命で、みんなそれぞれに切磋琢磨して、応援しあって、キャッキャしてんの。娘さんたちがキャッキャしてんの。楽しくないはずがあろうかいやない。

今期は!2021年夏アニメは、かげきしょうじょ観るよ!!

そんなわけで関連動画をバンバン貼ります!いやーみんな声ぴったり!!

ってね!動画をバンバン貼ろうと思ったらYouTubeからの貼り付けができない仕様になっていた!!ガーンひどい!!ブログというものの時代遅れを実感。悲しい。なので公式ツイートを貼ろうと思ったんだけど遡るのが大変すぎていっこで断念…(最後に貼ります)
他のキャラクターの声などは公式サイトの映像ページから飛んでください…

映像|TVアニメ「かげきしょうじょ!!」公式サイト

安道先生に山田彩子ちゃんに、双子をほんとに双子声優さんが演じてるのとか!もっと貼りたかった!てか後で検索したくなった自分のために名前だけ貼っとく。

・山田彩子 (CV. 佐々木李子)
へええ、佐々木李子さんって、プロフィールによると「小学校5年生の時にミュージカル『アニー』の主役を約9000人の応募の中から勝ち取る」「その小柄な体からは想像もつかないソウルフルな歌声を響かせる」って、まんま山田さんじゃん!ぐおお楽しみ…!!

・安道 守 (CV.諏訪部順一)、いわずもがな。私にとってはランドリのライナス(どマイナー)。

・沢田千夏(CV.松田利冴)&沢田千秋(CV.松田颯水)
リアル双子!

・野島 聖(CV.花澤香菜)!!
わああ、あの飛び切り可愛いけど誰より腹黒い聖パイセンを花澤香菜ちゃんが!!楽しみすぎる!!『風と共に去りぬ』の舞台袖のあのシーンが今から楽しみすぎる!!

いやー、楽しみ!!

ーーー
関連あひる
2020-04-11 アンドリューロイドウェバーがうちで『オペラ座の怪人』を歌おう、を投稿したら

2010-10-25 金曜ロードショー『オペラ座の怪人』吹き替えを劇団四季が

2015-05-21 志村貴子『淡島百景』『わがままちえちゃん』など、新刊祭りがどれも素晴らしかった

2011-07-16 森薫が馬上のアミルさんを黙々と描いていく動画

2007-09-18 女子向けエロゲを作るなら

↑ここに貼るものか?と思わないでもないがここに書いた作家さんとか絵の表現力とかジェンダー的なこととかも書いてるからまあいいかと。あひるちゃん15年くらい前から言うこと変わってないな。

ーーー
以下Amazonリンク。

そういえばですね、原作に興味を持った方向けにご案内。私も後追いした口なのですが、こちらの作品は途中で掲載誌が変わったりした関係で、単行本がちょっとややこしいらしいのです。発表順に読みたい場合は「シーズンゼロ」上下巻から取り掛かるとよいですよ!




そっからはもう一気にどうぞ!









もうね、この辺までほんとノンストップだから!
9巻以降はいよいよさらさたちが先輩になる転換のあたりです。11巻がもうすぐ出るー!嬉しい!




ハートをつける ハート 15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です