志村貴子『淡島百景』『わがままちえちゃん』など、新刊祭りがどれも素晴らしかった

最近立て続けに出ている志村貴子さんの新刊、どれも素晴らしく面白くて期待以上なのですが、特にすごかったのがこれ、『淡島百景』です。歌劇団のスターになることを夢見る少女たちが集う歌劇学校を舞台にした群像劇。

淡島百景 1
志村 貴子
太田出版
2015-04-14



わかりやすく言うと松任谷由実の『卒業写真』の世界、というのでしょうか。あ、私あの歌の「あの人」って女性で、女性同士の憧れのあのヒト、的な話だと思ってるんですがどうなのかな、それって一般的解釈と違うのかな?一般的には男女の恋愛の歌?まあいいやそれはそれとして。
マンガで言えばよしながふみの『愛すべき娘たち』が好きな人ならがっつりとハマると思います。それからマイナーなところで榛野なな恵の『卒業式』もふと思い出しました。小説では江國香織の『いつか記憶からこぼれ落ちるとしても』。あれが好きだった人ならハマるんじゃないかしら。
誰にでも覚えのある、少女だった頃の級友への憧れや、友人とのすれ違い、こわれやすい繊細なあの思春期の日々を、志村貴子さんがもうまたなんともいえない絶妙な空気感で紡ぎだしていて、素晴らしかったです。特に第三話は圧巻の一言でした。この鮮やかな場面転換!今敏監督にアニメ映画化してほしいと思いました。


また、最近の志村さんの作品は、いわゆるマンガ作品の主人公に多い若い人だけでなく、中年の女性、普通のおばさんの心情もたびたび描かれていて、今作でもそれが何とも切々と胸に迫ります。リアルに、といっていいのかは、私もまだやっと40で、50代60代の気持ちは完全にはわからないので言い切れないですが、かつて瑞々しい少女だった自分と、今はもう年老いている自分、主観的にはまだ少女だった頃の感覚も抜けずに残っていて、でももちろん自分がすでに若くないことをしっかりとわかっている、その静かな認識が、なんだかすごくリアルで。
単なる、若い娘に嫉妬するとか、昔は私だって…と懐かしがるとか、そういうんじゃなくて、なんだかもっと淡々として、かつ生々しい。すごく普通。こんなにも普通の人の普通の感情の機微に着目して、はっきりと描き出すって、すごいなあと思います。いやあ、面白かったです。志村貴子を知ることができて良かったなあ、としみじみ思う最近の志村貴子祭りでした。
『わがままちえちゃん』もすごかったです。一冊完結。



家族を、子供を、きょうだいを失うという重い題材を、志村さんらしい曖昧な構成と鮮烈な表現で描いていて、藪の中というかなんというか、どこまでが空想でどこからが現実なのか判然としない、不思議な読後感でした。
いやほんとどれも面白かった。続刊があるものも多くて嬉しい!
 ——————–
関連あひる
February 21, 2015 志村貴子まつり!『娘の家出』2巻を皮切りに8冊連続刊行!
February 02, 2014 志村貴子『放浪息子』最終巻が本当に素晴らしかった
July 06, 2014 アルドノア・ゼロのキャラデザ志村貴子!
December 27, 2005 オスカル症候群 ~志村貴子『放浪息子』
January 26, 2006 志村貴子フィーバー、スタートいたしました
February 10, 2006 誰かに似ている主人公 ~志村貴子『敷居の住人』
June 27, 2006 二鳥くん、キミはblogをやりなさい。~『放浪息子』5巻
March 12, 2010 志村貴子『放浪息子』アニメ化
February 22, 2011 放浪息子アニメが少年少女だった頃の自分の心の琴線をおずおずとつまびいてくる件
April 02, 2011 放浪息子、アニメの最終回でとっても温かい気持ちに
October 05, 2013 志村貴子『青い花』グッズ、ナタリーストアにて予約締切迫る!

淡島百景 1
志村 貴子
太田出版
2015-04-14




これもなかなか痛々しい話…「全員片思い」みたいな。

こいいじ(1)
志村貴子
講談社
2015-04-24



これも面白い…!タイトルがまたすてき。




少し前の短編集ですが、これも面白かったなああ。志村貴子のエロいおねいさんの身体付きがとってもエロくて好きです。

かわいい悪魔
志村 貴子
太田出版
2013-10-16



『青い花』も『放浪息子』も、今から読む人は完結まで一気読みできるなんて羨ましいかも。

青い花(1)
志村 貴子
太田出版
2013-10-16


放浪息子1<放浪息子> (ビームコミックス)
志村 貴子
KADOKAWA / エンターブレイン
2012-09-01


愛すべき娘たち (Jets comics)
よしなが ふみ
白泉社
2003-12-19


卒業式 (クイーンズコミックス)
榛野 なな恵
集英社
2002-05-17



ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です