【訃報】「FFXIV 光のお父さん」原作者マイディーさん逝去


【訃報】「FFXIV 光のお父さん」原作者マイディーさん逝去 – GAME Watch

しばらく前にこちらの記事で闘病中だと知ったばかりでした。11月半ばのことでした。

癌で闘病中のFF14プレイヤーのマイディーさんの余命告白に祈りの声集まる。 ドラマ「光のお父さん」原作者 | ◆めっつぉ:スクエニ ガジェットニュース

以下、関連リンク。

私は3年前のドラマ化の時にマイディーさんのブログを知り、夢中になって読みました。

2017-06-23 ドラマ『光のお父さん』が面白くて、原作ブログを読みに行ったら製作秘話がこれまた面白すぎて寝不足になった

この時、ドラマ化の機会にたくさん記事をアップされているのかと思ったら何年も前、2009年からずーっと毎日!更新されていて、しかもどれも長文で、その熱量に感服したものでした。毎日更新することの大変さを素人ながら知っていただけに。

なので、11月半ばに闘病中と知り、久しぶりに訪れたブログがほとんど短文のみになっていたことが病状の思わしくなさを感じずにいられなかったのと同時に、それでも数日おきに更新していることの方に驚きました。本当にライフワークで、ブログという場所を大切にされていたのだなあ。

『光のお父さん』、大好きでした。素敵な物語をありがとうございます。心よりご冥福をお祈りします。

マイディーさんのブログ。
一撃確殺SS日記

マイディーさんのツイッター。
マイディー @Maidy_Maidy Twitter

めっつぉに載っていた絵で素敵だったこちら。このシンプルな線で千葉雄大さんだってわかる!


ーーー
関連あひる

2017-04-18 ゲームと父と子のいい話、あの『光のお父さん』がドラマ化!お父さんは大杉漣!今夜第一話!

2017-06-23 ドラマ『光のお父さん』が面白くて、原作ブログを読みに行ったら製作秘話がこれまた面白すぎて寝不足になった

私もオットや友人とEQ2(エバークエスト2)というオンラインゲームを嗜んでいたことがあるので、ネトゲの感覚がなんとなくわかる。そして「ゲームばかりが悪者にされるのはいかがなものか」とずっと思ってきました
(中略)
ゲームは娯楽であると同時に、漫画やアニメ、映画や小説と並ぶ良質な物語でもあり、感動したり、人生について考えたり、ゲーム好きな人間にとっては当たり前でわざわざ言うまでもないことなんだけど、そんなきっかけになったりもするんだよ、と。
というかむしろ、見る、読むだけでなく「自分で操作する」という特殊な動作が加わることで、ゲームだからこそ湧き上がる震えるような感情があり、心を揺さぶられるような体験ができるんだよ、とたびたび書いてきました
(中略)
なので、ドラマ『光のお父さん』は、とっても嬉しいものでした。私が感じてきたゲームの良さや面白さが、そのまま伝わってきて。


オマケ。
作者マイディーさんが、読者の人から言われた印象深い言葉が「お父さんが生きている間に親孝行ができて、良かったですね」だった、とあとがきの最後に書いておられましたが、そうですね、本当に。ちょっと羨ましいです。うちもゲームを教えたらこんなふうにハマったり、コツコツやり込んだりしてくれたかなあ、なんてオットと話したりしました。きっと楽しかっただろうね。


2018-03-08 投稿者: AHIRU178 [真面目に] 大杉漣さん亡き後の『バイプレイヤーズ』最終回を見て、亡き父を想う

ーーー
ドラマ版。私がオットと見ていたのはこちら。お父さんが大杉漣さん、息子は千葉雄大さん。



劇場版はお父さんが吉田鋼太郎さん、息子は坂口健太郎さん。



書籍版



ハートをつける ハート 5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です