吉野朔実の最後の短編集『いつか緑の花束に』、亡くなってから復刊された映画評『新装復刊 吉野朔実のシネマガイド シネコン111』

吉野朔実さんが亡くなったのが4年前の昨日、4/20だった。最近すきま時間にずっと読み返していて、ふと検索して気づいた。彼女がいたらきっと今回の騒動にぴったりの映画や小説をたくさん紹介してくれただろうな。

最後の短編集『いつかみどりの花束に』に未完の作品が収録されていて、途中までいつも通り端正にペン入れされていたのにページをめくってシャーペンの下書き状態になった瞬間のあの暴力的な不在感について、ブログにまとめないまま4年も経ってしまったなあ。
あれは本当に堪えた。彼女がもういないのだ、ということが、印刷に出るか出ないかの薄い線と思いつくままの粗いデッサンからこれでもかと伝わってきて、ものすごい説得力だった。痛烈で圧倒的な報せだった。
シリーズ化するはずだった『MOTHER』は吉野朔実が初めて描くSF、しかもテーマが母性って。もっときちんと読みたかったなあ。

だけど、そんな胸がえぐられるような哀しみもページをめくった最初だけで、ネームにもかかわらず引き込まれる素晴らしいストーリーだった。
他の話もとても素敵だった。特に表題作であり、最後に発表された短編でもある『いつか緑の花束に』。吉野朔実さんらしい、日常的で文学的でそして不穏な、男女の出会いのストーリー。

もっと読みたかった。



以下、リンク集。
今日だけでなく、亡くなってから時々検索していてふと見つけた、まだ読んでいなかった映画評!
2017年発売。『吉野朔実のシネマガイド シネコン111』

Kindle版が出ていなかったので久々に紙の本で、まだ読んでいる途中なのです。嬉しい。色使いが鮮やかで印象的なイラストと、ネタバレが無いのに映画の魅力が伝わってくる文章、要所要所に吉野さんの人生観や価値観がちらりと垣間見えて、楽しい一冊です。

新装復刊 吉野朔実のシネマガイド シネコン111
吉野 朔実
エクスナレッジ
2017-02-18



ーーー
関連あひる
May 03, 2016 [訃報]吉野朔実逝去

July 06, 2016 「吉野朔実劇場」最終巻と、全巻まとめた1冊『吉野朔実は本が大好き』発売、『本の雑誌』でも追悼特集

2016-07-13 『吉野朔実劇場』最後の新刊あれこれ比較、『吉野朔実は本が大好き(吉野朔実劇場 ALL IN ONE)』は白黒のみ、ところどころ抜けあり

ーーー
July 23, 2013 吉野朔実とゆかいな仲間たちによる本好きエッセイ、吉野朔実劇場新刊『悪魔が本とやってくる』

November 01, 2010 本にまつわるエッセイ集、吉野朔実劇場の新刊『神様は本を読まない』

March 21, 2009 友人に貸すマンガラインナップ

February 02, 2009 吉野朔実 period 3巻、まだ続く物語
December 23, 2008 吉野朔実『period』3巻、1月末発売らしい

May 31, 2007 吉野朔実劇場、新刊が6月に!
February 02, 2007 カプートの別荘へおいで

July 11, 2006 缶入り紅茶の思い出 ~吉野朔実『瞳子』

ハートをつける ハート 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です