[ネタバレなし]『カメラを止めるな』が素晴らしく面白かった!!ネタバレ前に急いで観に行ってー!オットくんのひとこと感想[ゾンビ]



さあ!久々のゾンビカテゴリです!
あひるちゃんもちろん知ってた!もちろんチェックしてた!メイドインジャパンゾンビムービーとあっては!見るしか!

もうね、むっちゃくちゃ面白かったです!!
良い映画でした!!
ゾンビ!!
ゾンビ…?
まあ、ゾンビ!!

ネタバレしないようにすると書けることがない!!

でもほんと、噂通りの面白さでしたし、噂通り、これはネタバレ情報を取り込んでしまう前に急いで観に行った方がいいやつだ!

ネットで記事とか検索してると、ニュースサイトや情報サイトなのに「ネタバレあり」って書かないまま文中でさらっとネタバレしちゃってるような不親切なサイトとかもあるので、ほんと気をつけてください!
私も気になって、観る前からついちらちらと監督インタビューとか読んじゃってたけどたまたまそういうのには引っかからず、ネタバレする前に本編を観ることができてよかった。これはほんと、前情報を知らない方が楽しめます!

ゾンビ…だけどまあ、ゾンビものとかホラーとかが苦手な人とか、私ゾンビのことなにも知らないし…みたいな理由で躊躇している人(そんな人おるんか?)でも大丈夫!
たぶん大丈夫だと思う…(後述)

公式サイトの上映館一覧を貼っておきます。
映画『カメラを止めるな!』劇場一覧

うちは渋谷ユーロスペースのオンラインチケットを予約して観ました。都心で上映時間の都合が良くて、さらにネット予約しておけるのがここだった。
先々週あたり調べたら、ネット予約はすでに完売で当日並ぶしかないとか、そもそもネット予約がない劇場では公式ツイッターでの案内によると連日長蛇の列で「ご希望の上映時間にご覧になれない場合もございます」とか、午前中の時点で「本日分はすべて完売しました」とか書かれていたり。すごすぎる!
なのでネット予約で席を確保しておくことをおすすめしたいです。この酷暑ですし…。

以下、可能な限りネタバレのないように、観た感想とおすすめだよ!って話をしますが、読まなくてもいいからとりあえず観にいってほしいです!

ーーー
【先輩と遭遇】

観終わってユーロスペースを出たところで、次の回を観に来たという知人とばったり遭遇して笑いました。「これですか!?」「そうそう!」みたいな。
高校の先輩で映研部長だった人なのできっとこの映画をもっともっと楽しんだだろうな〜。感想を聞いたら本編の面白さが増し増しになること請け合い(シンゴジラもそう思って一緒に観に行った)。

大変後ろ髪を引かれる思いでしたが、入れ替わりだったからろくろく話せず残念だった。
先輩今度感想飲み会やりましょう!(こんなところに私信)
ていうかネタバレしないように感想コメントに書いてください!(無茶振り)
ジブリの時のような素晴らしいコメントをぜひ!(ハードル上げ)

だって先輩が「ブログ(のこの映画の感想)楽しみにしてるよ!」とか言うから!ネタバレしないで書くの大変だからしばらくしてから書こうかなと思ってた感想記事をこんな苦しい形でアップしてるんです!(てか読んでくださってるんですねありがとうございます)
よろしくお願いします(私信極まれり)

ーーー
【一応グロ注意…?】
【オットくんの感想】

「ゾンビ苦手でも大丈夫」と書きましたが、私の隣の女性は開始早々(長回しの30分が終わらないうちに…)席を立ってしまい、そのまま戻って来ませんでした…。何か緊急の用事で泣く泣く離席したのかもしれないし全然わからないのですが、もしかしてゾンビがきつかったのかな!?でも全然そこまでじゃなくなかった!?

OT「一応腕とか飛んでたし」

まあね…血しぶきも飛んではいたね…

OT「ゾンビ見慣れてる側としては、血しぶき感が足りてなくて『なんか、乾き物多かったなー』としか思えなかったけど」

乾き物!!
おつまみか!!
飲み放題の食べ物がイマイチだったなーみたいなニュアンス!!
またゾンビに食べ物を連想して!あなたは繊細じゃなさすぎる!!
もっと唐揚げとか欲しかったなってね。ジューシーなのね。

まあ…隣の女性がどうしていなくなってしまったのかはわかりませんが、もしかしたらほんとにゾンビとか、もげた腕飛んでくるとか、血しぶきブシューとかが苦手な人はちょっとだけ覚悟して行った方がいいかもです…でも最初だけ!それ最初だけだから!がんばって!

ーーー

【劇場の様子】

いやー、面白かったです。
もうちょっと時期が過ぎて、観たい人は皆さんだいたい観たかな、って頃にネタバレも含む感想を書きたいです!
いや本当に面白かった。ニコニコしてしまいました。スタンディングオベーションしたかった!観た回ではなかったからできなかったけど、拍手したかった!!

それまでほとんど小さな映画館のみの上映だった本作が、東宝シネマなど全国の大型館にまで一斉に拡大した8月頭、渋谷ユーロスペースのスクリーン1(狭い方)10:05の回を観たのですがほぼ満席、5分前の10:00からスクリーン2(広い方)もほぼ満席のようでした。
客層は老若男女、若干年齢層高めだったかな?(50代60代とか)映画好きそうな人が多かった感じがしました。
客席もホット。「生き返り割り」なんて、半券持ってるリピーター割引もやっていたので2度目3度目の人もいたのかも。笑うとこではクスクス、そのうちガハハと笑い声が上がって楽しい鑑賞でした。私も笑った。

ぜひぜひ!観に行って欲しい!
観た人、ぜひ感想を聞かせてほしい!てかしゃべりたい!
ネタバレしないようにするの難しいけど!

ーーー
【他にも観たい映画】

この夏は『未来のミライ』も観たいし(前評判が若干不安だけど…)
『ペンギンハイウェイ』も観たい。バイプレイヤーズのジャスミンちゃん、北香那さん!
ユーロスペースで見かけた『泣き虫しょったんの奇跡』も気になる。将棋の話で、松田龍平主演。
『1999年の夏休み』も気になる。萩尾望都『トーマの心臓』をモチーフにした実験作、若き日の深津絵里が!違う名前で出ています。誰役かなと調べたらアンテ!あの小生意気でこまっしゃくれた、めぞん一刻でいえば八神役!!

ーーー
【雑感】

うちの子タロー4歳さんの幼稚園が長期休み中も預かり保育をやってくれるので(現人神!)、今回もオットくんと二人で観に行くことができました。数年ぶりの一緒の映画がやっぱりゾンビ。たぶん前回は『アイアムアヒーロー』。あれはあれで日本の真面目なゾンビだったよね、と話しながらせかせかと駅へ急ぎました。いやあ良い映画だった。

ーーーーー

スカーフェイス (字幕版)
アル・パチーノ
2013-11-26


タクシードライバー (字幕版)
ロバート・デ・ニーロ
2013-11-26


シャイニング (字幕版)
ジャック・ニコルソン
2013-11-26


ハートをつける ハート 9

“[ネタバレなし]『カメラを止めるな』が素晴らしく面白かった!!ネタバレ前に急いで観に行ってー!オットくんのひとこと感想[ゾンビ]” への2件の返信

  1. (ブログ主よりご注意:
    こちらのコメントは、伏字にしてくれてはいますが若干ネタバレ要素を含んでおりますので映画未見のかたはご注意ください!勘の良い人は伏字の中身に気づいてしまうかもなので避けたほうが無難かも!)

    あの感覚がよみがえった。学園祭でたまたま勧誘されて観た劇団の公演が人知れず大当たりだったときのあれ。小劇場やライブハウスでああいうやつを発掘できたときのあれ。こんなにあれになる前に独りでほくそ笑んでおきたかった。

    撮っていたあれとしては、どうしてもフレーム外で起きているであろうあれやあれのことばかり想像してしまうので、第1幕はほとんどマジカル頭脳パワーのあれみたいなもので、大量のフラグをメモリに抱えたまま第2幕に突入すると、伏線伏線と言われているあれらは伏されていないのでひととおりコント的な「前振り」に。すると第3幕はそのまま前振りに応えていくだけでもあれとして十分成り立ちそうなところ、そこをグルービーなテンポで軽やかにクリアしてみせた上で、さらにあの人らのバックグラウンドを絶妙にブレンドした結果、人間あれミッドで解決するクライマックスの画づくりが見事に象徴的にまとめられていたところにしびれた。と同時にワンカット中にときおり感じられたあれらの神が計算によるものではなくてじつにドキュメンタリックに臨在していたものであったことに気づかされるというとてもあれなあれ映画でもあった。しかもあれミッドは日本語にすればあれ字塔なのだから、あれがそのまま映画自体の表象にもなっていて、これまた出来すぎた話ではあるまいか。

    …というわけでネタバレ回避のため読解する気が失せるタイプのコメントにしたったので口頭での補足が必要だ。つまりその飲み会が必須だ!(返信)

  2. (ブログ主よりご注意:
    こちらのコメントも、若干ネタバレ要素を含んでおりますのでご注意ください!!)

    > panshironパイセン
    飲み会が必須だ!やりましょーやりましょー!
    あれ満載感想コメントありがとーございます!すいません冒頭にちょっと注釈入れさせてもらいました。あえて読みにくいようにベタ書き。そうかフレーム外のあれやこれやを想像するのがデフォなんですね、映研の性。ああそして確かにクライマックスのあれの形がそのままあれでしたねえ!!言われてみればこう、映画を支える人たちの順にあれしてたような。頂上はやっぱり監督で、でも一番危険なポジションだったりもしていて。ワンカット中の微妙なあれもね!低予算で無名の新人さんたちだからこのあれなのかな…?大丈夫かな…とハラハラしていたら、今度はまさかあんなに別な意味でハラハラさせられるとは!!ほんと素晴らしかったですね!!ピタゴラスイッチ的な気持ち良さと、周到な計算の賜物!
    オットは「これはハリウッドとかでリメイクしちゃあかんやつだ」とも言ってました。低予算ならではの、アイディアと勢い勝負。

    いやーほんとありがとうございます!やっぱり映画は造詣の深い人の話を聞けるとさらに面白い!あのタイミングで遭遇できたのもなかなかのあれ。
    監督のお父さんがFBではっちゃけてるのとかも楽しいです。そのうちネタバレ記事にまとめたい。
    あと次回作はVRらしいじゃないですか!えええ!?予算とか大丈夫なの!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です