これ那州雪絵だったのかーーー!

どーする!?わんこ 1
さっき初めてこれが那州雪絵だと知りびっくりです。なんか、本屋で表紙見たことあります。てことは平積み。人気なの??


面白いのかな。どうだろう。
那州雪絵といえば15年ほど前に『ここはグリーン・ウッド』で一世を風靡し(私の周りだけか?)(amazonレビューに作品説明が詳しく)、私としてはその後なんとなくフェイドアウト….。
そうこうしているうちにボーイズラブ誌にボーイズラブ話を描くマンガ家さんに!(数年振りに新刊出てる~、と思って知らずに買って読んでべっくらした甘酸っぺえ思ひ出が;)
で、今連載中の『魔法使いの娘』は本当に久々の、GW(グリーンウッド)的にキャラ立っててテンポ良くて人の絆とかについて触れている、面白い作品です。
魔法使いの娘
(こちらもレビューに詳しく)
で、チワワものかあ…..。
面白いのかな。この人の4コマってそういえば読んだことないかも。
と、驚きのあまりつぶやきでした。

ハートをつけてあげて ハート 0

5 Replies to “これ那州雪絵だったのかーーー!”

  1. わたしもこの漫画が那須雪絵だと知ってビックリでしたよ。
    どうしても『ここはグリーン・ウッド』イメージが強いからなあ。

  2. >日月さん
    おおっゆきへ仲間!(^▽^)そうですね、確かにGWのイメージ強いけど、その後の『月光』とかもテーマは好きでしたね。こう、あの人は持たざる者に光を当てるのがうまい。『天使とダイヤモンド』も。
    あとあの人、たまに短編が異様にいいんですよねえ!それもあるからコミックス全部持っておくかなあ…と悩み中。
    このチワワものは….やっぱり悩み中です(^^;)

  3. 今日、ふとGWの忍と光流のやり取りを思い出し、そういえば今、那須雪絵ってどうしてるんだろう?と思って検索し、こちらのサイトに辿り着きました。
    GWの他にもタイトル忘れましたが普通の女子高生に超能力が目覚めるっていう話もおもしろかった記憶があります。
    今も描いておられるのですね。
    魔法使いの娘ちょっと気になります。
    4コマはGWから想像するに割といけるのかも知れないですね。
    よい情報を得ることができました。ありがとうございました。

  4. >*花*さん
    こんにちは~ようこそ。忍と光流のどのやりとりを思い出されたのでしょうか?やはり最後のほうの「卒業したらどうする?」のあたりかしら。。
    >普通の女子高生に超能力が目覚めるっていう話も
    >おもしろかった記憶があります。
    『フラワーデストロイヤー』のシリーズですね。私もあれ好きです。特に最後の大きな話、『ダーク・エイジ』がかなり好きでした。那須さんの、何というか人生や運命のようなものに対する悲観と前向きさが見事に表現されていて。
    『魔法使いの娘』にも、どこかそういうものが感じられてとても惹かれるのです。笑えるとこも多いし。あ、そういえばFデストロイヤーの主人公と『魔法使い』の主人公、近いかもしれません。前向きさとかパワフルさが。

  5. 那州雪絵『魔法使いの娘』が連載終了するらしい

    魔法使いの娘 (7) (WINGS COMICS)著者:那州 雪絵販売元:新書館発売日:2009-02-25おすすめ度:
    おおおおう、確かにだいぶ盛り上がっていたから不思議ではないのですが、やはりさみしいなああ。
    10/28発売のWings12月号に、『魔法使いの娘』最終回が掲載されるようです。….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です