アニメ『Dr.STONE』のOP『Good Morning World!』がかっこよすぎてつらいのでBURNOUT SYNDROMESについて調べてみた

ええもう。かっこよすぎてつらい、とは前にも書きました。寄生獣的な意味で。
どういう意味かよくわかんないというそこのあなた様に向けて、うん、説明させてもらうとしようか、「寄生獣アニメはOPといい脚本演出といいあんなにも酷かったのにドクターストーンはいいないいな、超かっけえ世界観に合う歌作ってもらってていいな」っていう意味なんだ。なぜか司くんしゃべりになっていますが気にしないでほしい。

で、もうほんとかっけえ。
ジーマーでルークー。
(マジでクール、って言いたいのです)

こっちがアニメOP。
ノンクレジットVerだけどクレジット入れて欲しいなむしろ。あの文字が出るときの化学式みたいなのかっこいいのに。


でね、こっちが公式MV。フルバージョンです。この歌詞の出方がかっけえ!


BURNOUT SYNDROMES – Good Morning World! 歌詞 – Lyrical Nonsense

もうほんとむちゃくちゃかっこいい。素晴らしす。
特に文字!
歌詞の書き文字が、曲の疾走感とぴったりですごくかっこいい。
これどなたの字なのかしら?もしかしてバンドメンバーのどなたか?デザイナーさんが描いたのかな?いずれにしてもどなたの手なのか知りたい。ご存知の方教えて欲しいです!

オットくんにも見せたら、こういう文字アートを生業としている人っているよね、って話になりました。
雨宮慶太さんとか。
オタ魂(オタコン)の!(一般的にはたぶん牙狼の)
今回の歌詞は雨宮さんではなさそうなので、一体どなたの文字なのか知りたいなー。

曲について、アニメ公式ページより。

MUSIC | アニメ「Dr.STONE(ドクターストーン)」公式HP

「Good Morning World!」BURNOUT SYNDROMES

大阪発、青春文学ロックバンド。2005年結成。日本語の響き、美しさを大切にした文学的な歌詞やヴォーカル、その世界を彩る緻密に計算されたアレンジ。スリーピースの限界に常に挑戦している。2019年12月より、バンド史上最大規模の全国ツアーが決定!
公式サイト
https://burnoutsyndromes.com/

初めまして。アニメ『Dr.STONE』オープニングテーマを担当させて頂きますBURNOUT SYNDROMESです。

最初に漫画を読んだ時、心から「主題歌を歌いたい!」と思いました。何を隠そう、僕も物理化学大好き人間なのです。部屋には科学雑誌「Newton」や学者の論文が散乱しています。そんな僕にとって『Dr.STONE』は、ロマンの結晶のような作品でした。

何度も協議を重ね、幾通りものパターンを比較し、試行錯誤の果てに完成した自信作になっています。熱い情熱を詰め込んだこの楽曲から、千空たちを感じていただければ幸いです。世界観とのシンクロ率は100億パーセントです!楽しみにしていて下さい!

BURNOUT SYNDROMES Vo.Gt 熊谷和海


へえへえ!やっぱりあて書きなんですね。いやほんとおっしゃる通り、世界観とのシンクロ率100億パーセント。こういう抜群なテーマ曲を聞くたびに、これスタッフの人たち最初に聞いた時震えただろうなあ〜と思ってしまいます。

バンドについて検索してたら、中学の頃から!すごいなNANAみたいな世界だ。

BURNOUT SYNDROMES – 燃え尽き症候群という名前をバンド名に冠したキャリア9年の関西発3ピース・バンド、BURNOUT SYNDROMESに迫る。 音楽WEBメディア M-ON! MUSIC(エムオンミュージック)

Wikipediaも見ちゃった。
あら皆さん同志社、慶応、関学って!おりこうさん!学部が知りたい。物理化学大好きってもしや理系!?理系でこんな美しい歌詞を連ねてこんなかっこいい曲作ってるとかだとしたら素敵すぎる(あひるちゃんは理系に憧れと偏見があります)(だからもちろん千空くんが大好きです)(もちろん千空くんが大好きです)(二回)。
皆さんしかも若いわあ。92年生まれて!まだ28歳とかじゃないの!まあ〜すごいわねえ…すっかり近所のおばちゃんモードに。

他のインタビュー読んだら、熊谷さんやっぱり理系やった!

BURNOUT SYNDROMESが、結成15周年に向けて踏みだす新たなステップ

熊谷 : 他の漫画にはなかった科学をテーマにしているのが魅力のひとつ。実は僕、好んで読むのは少年誌よりも、青年誌ばかりなんです。だからこそ、科学をテーマにした理論だったり、サバイバル感だったり、少年漫画らしからぬ青年漫画のテーマに近いニュアンスを感じました。過度な暴力とエロを描かないのが少年漫画なんですけど、それらを抱えながらも難しいテーマを扱うというのがロックだな、と。

廣瀬 : 僕は頭を使う作品が好きなので、読み進めていくと伏線が回収されていくのがおもしろく感じました。

石川 : 読んでみると、主人公の千空が熊谷と似ているなって思いました(笑)。理系なところやアイディアマンなところがそっくり!

熊谷 : 僕自身が理系だから、科学のおもしろさを知っているので、作品と重なるところがあるのかもしれませんね。さっき話したように、このテーマを少年誌で扱うことが、どんな意味を持っていて、どれだけ素晴らしいかって分かっているということもあって、オープニングテーマ曲を歌うなら、僕が作品を一番理解できているんじゃないかな、と思うくらい好きです。


やだボーカル作詞の熊谷さん千空とそっくりだなんて(似てるとしか言ってない)
すてき(メディア向けのリップサービスを真に受けすぎる若々しい感性のあひるちゃん)
それはいいとして、「過度な暴力とエロを描かない少年漫画の枠内で難しいテーマを扱うというのがロックだな、と」とか、「科学のおもしろさをテーマにして、少年誌で扱うことが、どんな意味を持っていて、どれだけ素晴らしいか」とか、良い読み方してらっしゃる!良い漫画の読み方してらっしゃる!と、漫画アニメ好きとしても嬉しくなったりしてしまいました。

そして熊谷さんも気に入っているとおっしゃっていたBメロ。私もあそこ好きです、サビの盛り上がりに持って行く前の静かなね、一番美味しいとこ。
あそこで印象的な情景を次々に並べていって、特に「岩窟の最奥」のとこ。
「最奥」をちゃんと「さいおう」って読んでくれてたところにシビれました。

調べてみたら「さいおう」「さいおく」どちらも正解ってことになってるようなんですが、でも文学的なのは間違いなく「さいおう」ですよね。
言語というもののこの読み方のブレ最高。難解すぎて萌える。知識でしかカバーできない、ルールを逸脱したイレギュラパターン。

最近って、その手の難しげな言葉をかっこいいからって雰囲気だけで使ってる人も多くて、歌詞とかに堂々と間違いが載ってたりもするんですよね。
たとえば『君の名は』の主題歌で「何光年」が時間の単位として使われちゃってたり。私は友人に言われるまで気づかなかったけど、言われてみれば「光年」は時間じゃなく距離の単位だよね、とか。
あとよく気になるのは「延々と」を「永遠と」にしちゃったり。たぶん「延々と」を耳で聞いて、意味からのイメージで「永遠と」だと勘違いしてしまった人が多くて誤用が広まってしまったんだろうな、と思う。
言葉って生き物だから、最初は誤用でもそうやって広まった結果市民権を得るってことも多々あるのでそれでいいと思うんですけども。

私は自分で文章を書く時、なるべく正しい意味で、というよりも、自分が書きたい意味でちゃんと伝わるのかな、と気になって、しょっちゅう検索して確認してます。いざ書こうとしては、ん?これはどっちだったっけ?これはほんとにこういう意味だったっけ?と、すんごく初歩的なこともあやふやになってしまって。しっかり頭に入ってるのが一番いいんですけどね。検索しないと確認できない。3700年後に目覚めても全然使い物にならない。Google先生なしでは生きていけない身体に。

いやほんと、『Dr.STONE』読んでると、科学、だけにとどまらず、知識の大切さを痛感します。自分が身1つになった時、役に立つ知識や技術ってなんだろう。

それから先人の科学技術のおかげで、いかに今の生活が便利で安全で、快適なものになっているか、ということにも改めて気付かされます。
最近国際的に問題になっている予防接種忌避の話なども、こういう、人類が叡智でもって数々の病気を撲滅、克服してきた歴史をもう一度冷静に知ってからしっかり考えて欲しいなあと思ってしまう。でもなあ、政治や体制に対する不安不信、みたいなものも複雑に絡んでくるんだろうからそう単純じゃないのかもしれないけども。

また、千空くんみたいな頭脳派、知性派でしかも考えてることが黒くて悪人顔の人が本当に好きだなあということにも改めて気付かされっぱなしです。もう本当に。

安定の台無し感でアデュー。
『Dr.STONE』にハマるあまりPixivで二次創作読み漁って日夜ニヤニヤしているというお話はまたそのうちヒロアカとまとめて書きたいです。書きたいの!?そんな恥ずかしい話を!いやもうほんととんでもなく楽しませて頂いてるんで、自分のライフログとしてここに書き残しておかないと嘘だなと(無駄な正直さはあひるちゃんの美点でもあり同時に欠点でもあります)。
ーーー
関連リンク

原作者さんと熊谷さんの対談記事。あとで読む!
原作・稲垣理一郎×BURNOUT SYNDROMES・熊谷和海対談(前)「自分にとっての100点が他人にとっての100点ではない」 (1/3) | 芸能ニュースならザテレビジョン

ーーー







ハートをつける ハート 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です