福知山線脱線事故から13年リンク集

福知山線脱線事故から13年。関連記事と、過去に調べた記事のリンクを貼っておきます。

福知山線脱線事故から13年 ある2人の社長の「懊悩」と「決断」ーJR西日本と日本スピンドル製造 | 文春オンライン

上のリンク先で紹介されている本『軌道』の著者、松本創さんによる記事がこちら。

JR西日本の「天皇」が初めて私に語ったこと 福知山線事故から13年ー事故から13年に思う日本社会の『軌道』  | 文春オンライン




ーーーーー
ここからは5年前、2013年の記事です。

実話な。JR福知山線脱線事故、長谷貴將さんっていう救急医療のスペシャリストが居た。:DDN JAPAN

上のリンクに衝撃を受け、自分でまとめた記事がこちら。

2013-02-20 JR福知山線脱線事故、長谷貴將さんっていう救急医療のスペシャリストが居た。

13年前、事故当時に書いた記事。

2005-04-26 兵庫県の電車脱線事故

あの凄まじい事故現場で救命に尽力した医師が亡くなっていたこと、しかもその亡くなり方も、どうにもやりきれず、この件は、日々流れていくニュースの中でも折に触れて思い出す、自分の中に重く残っているもののひとつとなっています。

松本創さんの本『軌道』は、医師、長谷さんのことには触れているのだろうか。

運転士個人のミスである、と徹底して組織としての責任を認めようとしなかったという事故当時のJR西日本の責任者井手氏と、知識と経験と熱意でもって人命救助という仕事をし続け、現場で生き生きと働いていたはずの長谷さんをうつと自死にまで追い込んだ病院、医局という組織。2つの問題は繋がっている気がしてなりません。
“福知山線脱線事故から13年リンク集” の続きを読む