アッシュの手作りコスメ、オリーブオイルで作るみどり色のクリームと天然色のリップグロス

DSC08811
DSC08844

毎回魅力的なラインナップの、アロマサロンアッシュの講習会。今回は、手作り天然コスメ講座に参加してきました。こんなおしゃれで女子力高いかんじのイベントには毎回どきどきしてしまいます。
今までもオーダーバッグ shibaf とアッシュのワークショップや、ガスールのヘアケア講座などに参加してきたのですが、がっつりコスメ製作講座はよく考えたら今回が初めて。とっても楽しかったです!


アッシュのサイトの詳しい講座案内はこちら。
春の特別講座 2013 ~* 『バランカ極上オリーブオイルで作る春のクリームとリップケアグロス』 ~*
広子先生ブレンドのハーブティーを頂きながら、和気あいあいと始まる手作りコスメ講座。
DSC08813

最初にリップグロス作り。ミツロウ(白いチップ)に、紫根エキスを抽出した赤いオイルを入れて温めて、
DSC08828
DSC08827

ココナッツバター(そのまま食べても美味しかったです!)、はちみつを加えて固さと甘さを出して、キラキラ成分かつ紫外線避けとして雲母パウダーを入れてよく混ぜて完成です。紫根は抗炎、殺菌作用もあって口内炎に効いたりするそうで、リップクリームに最適。紫根オイルをたくさん入れるほど赤が鮮やかになるので、作った人によって赤さもそれぞれでした。私ももうちょっと赤くしても良かったかも?
今回使った精油、主に3種類。
DSC08823

・ベルガモットミント(スッとする柑橘系。リラックス作用)
・パルマローザ(ローズやゼラニウムに似た甘くて草っぽい香り。美肌、乾燥対策)
・パチュリー(墨汁のような土っぽい香り。抗炎、解毒、防虫作用)
リップグロスにはパルマローザを1滴、みどりのクリームはベルガモットミント2滴、パルマローザ1滴、パチュリー1滴、という配合にしました。
次はみどり色のクリーム作り!
DSC08834

ハーブを漬け込んだ数種類のハーブウォーターの中から(それぞれ香りも効能も違う!)、レモンティートゥリー水とどくだみ水を4:1くらいで入れました。
それから、水と油を混ぜる手助けをしてくれる、大豆パウダー「豆汁生活」。
DSC08842

よく「乳化剤や界面活性剤は身体に良くない」と耳にしますし、広子先生の説明でも、いわゆる天然成分の乳化剤であっても、やはり動物実験で良くない結果が報告されたりもしているとありました。ただ現代の生活では、皮膚から吸収したり食物として摂取したり、あらゆるものに使われているので乳化剤を完全に避けるのはとても難しいし、かえってストレスになってしまうのであんまり神経質になるのも考えもの。
というわけでアッシュでは、普段の生活で完全に避けるのは難しいけれど、せめてここで作るものくらいは添加物フリーにしましょうか、というかんじでレシピを構成したのだそうです。広子先生のこういうゆるくて気楽についていけるところがとっても好きです。
で、水と油を混ぜるにはあった方がやっぱり助かる乳化剤的なもの。先生が色々と試行錯誤した結果、大豆パウダーをちょっと入れたら分離しなくなったそうです。マヨネーズ作りの卵黄と同じで、たんぱく質が水と油を繋いでくれるみたい。なるほど!
そうしていよいよクリーム作りのハイライト、水と油を混ぜる!
油は贅沢に、バランカのオリーブオイル。味見もさせてもらいましたがものすごく美味しい…(今回のコスメの材料はほとんど食べられるものばかりでした。美味しいコスメ。)
DSC08840

みどり色は、バランカにネトル(イラクサ)を漬け込んだハーブオイル(写真右の大瓶)。リップグロス同様、みどり色を濃くしたければこのネトルオイルを多めに。
DSC08863
DSC08843

・よく温めてから冷めないうちに素早く、
・油に少しずつ水を加えながら、
・とにかく手を止めずに混ぜ続ける!

のがポイントだそうです。電話が鳴ってもピンポンきても出ない!くらいの勢いで。電動ミルクフォーマーを使ってたっぷり5分ほど、しっかりクリーム状になるまで混ぜます。途中で油分だけ固まってきちゃったらまた湯煎で温め戻して。
完成!良い匂い~。肌の上でするする伸びる。
DSC08848
先生にお借りしたエプロン(超可愛い!)の上で記念撮影。
そうそう!大事な注意事項。
・冷蔵庫保存で、
・使う時は指ですくわず、スパチュラを使うこと。

指を直接つけると雑菌が入って、カビがはえやすいんだそうです。クロヤナギ(ブラックウィロー)という天然の防腐剤も入れていますが、それでもやっぱり。実は私もかつて自作クリームに挑戦してみたことがあるのです。何を隠そうその時それ用に今回使ったミルクフォーマーを買いましたし。だがカビた。めっちゃカビた。カビる前に使い切ろうと思うとほんのちょっとしか作れないし、労力にあわないなあ…と思ってすぐ諦めちゃったのですが、こういうところにもっと気をつければ、また自作できるかも!勇気が沸いてきたっちゃ。
さて作業が終わったらお楽しみおやつ、今日のテーマのバランカオリーブオイルと、輪島の海塩を使った軽食プレート。美味しい!
DSC08852

いつもながら盛りだくさんの楽しい講習でした。この日集まった参加者さんたちも、たまたま美容業界や食業界で働いているプロの方々で皆さん食べ物や身体のことに詳しくて、いろいろと話が広がってとっても勉強になりました。広子先生、ご一緒した皆さま、ありがとうございました!
DSC08825
DSC08817
DSC08807
サロンへ行く道すがら、タンポポいっぱい。今年はお花見しそびれた桜も、葉っぱが多くなっちゃっていたけれど綺麗でした。
関連あひる。
November 21, 2012 ガスールを使ったアッシュのヘアケア講座、髪にアジアの底力
March 15, 2013 広子先生のおすすめヨガポーズ、「取り憑かれ」
March 15, 2013 甘酒飲み比べ、胃腸とか消化に良いものとかポテチとか
November 20, 2012 shibafファブリックでアロマハンガーとカチューシャ作り [shibaf workshop]
June 29, 2012 shibafファブリックで天然消臭シューキーパー作り [shibaf workshop]
November 26, 2011 天然ハーブとshibafファブリックでつくるサシェ&ホットピローの集い、とっても楽しかった!
ハリオ クリーマーキュート CQT-45ハリオ クリーマーキュート CQT-45 [ホーム&キッチン]
商標:HARIO(ハリオ)

これこれ!ミルクフォーマー。いろいろ便利です。ガラスポットもちょっとお茶を淹れるのに便利でしょっちゅう使ってます。
豆汁(とうじゅう)生活 80g メール便発送豆汁(とうじゅう)生活 80g メール便発送 [その他]
商標:リブレライフ

能登・わじまの海塩 100gパック能登・わじまの海塩 100gパック [その他]

商標:能登・わじまの海塩


広子先生おすすめ本。今回のおやつのクッキーもこちらに載っているものをアレンジしたのだそうです。ぽりっと固くて美味しかった!
ヒルデガルトのハーブ療法―修道院の薬草90種と症状別アドバイスヒルデガルトのハーブ療法―修道院の薬草90種と症状別アドバイス [単行本]
著者:ハイデローレ クルーゲ
出版:フレグランスジャーナル社
(2010-03-25)
聖女ヒルデガルトと喜びのレシピ聖女ヒルデガルトと喜びのレシピ [単行本]
著者:ジャニー フルニエ=ロッセ
出版:フレグランスジャーナル社
(2011-02-25)

ハートをつける ハート 0

“アッシュの手作りコスメ、オリーブオイルで作るみどり色のクリームと天然色のリップグロス” への1件の返信

  1. 年明け発送キャリアオイル福袋を予約、そのまま塗るもコスメ材料にするも良し

    最近よくお買い物している手作り化粧品材料のお店「マンディムーン」から福袋のお知らせがきて、良さそうなのでつい予約してしまいました。
    こちらの人気キャリアオイル福袋。福袋 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です