お料理レシピにはちょっとした華もほしいかも

先ほどの記事「理系的お料理レシピ」はコメント欄によると女性にも好評のようす。しかも栄養科ではあのようにレシピをフローチャート化したものをレポートとして提出していたとか!やはり理にかなっているのですね、なるほど。
さてリンク元のリンク元。こちらも面白いグラフになっています。
理系のための料理術 "Cooking For Engineer" – BluePillの別宅
20081130085507


【レシピを見ながら料理を作ることが多い僕にとって、今のレシピってのは結構無駄が多いのである。
 1 レイアウトがまちまち。無駄な写真が多かったり、材料表が別のページにあったりする。そしてその書式は本によってバラバラである。
 2 余計な指示が多い。タマネギの炒め方、フライパンの揺すり方、”彩りにパセリをのせるとGood”とか無くても料理の出来に影響ない) 】
(太字は私による)
無駄って言われています。
行程に必要な以外の写真もレイアウトがおしゃれだったりすると目にも華やかだったり気分も華やいだりして毎日の単純作業が華やかになるものなのですが無駄って言われて排除されまくっています。
先ほどのまるまっちいグラフ(オムニグラフというらしい)[追記]フローチャート、ですねすいません[追記終])は手書きの味があって柔らかかったのですが、この表はすいません味気ないですー( ´Д⊂・゜。
でも材料一覧のところに切り方も単語で添えられているのは便利ですね。
私の場合、料理本手芸本などは実用書であると同時にファッション誌のようなものでもあるのかも。だから写真とかレイアウトとかの要素を購入の際大事にするのかも。と今回改めて思いました。
リンク元のかたは料理の手順に慣れたかたのようなので、炒め方などの細かい指示を煩わしく感じておられる様子。それは確かにちょっとわかる(DSお料理ナビとか親切すぎて不親切だったな)。そういう上級者向けのほんとに必要最低限しか書いていないレシピ本とかもありますよね。
でもそういうのだと「わかりにくい」「不親切」と文句がくる場合もあるみたい。。先日私がものすごい重宝している料理本のamazonレビューを見たら一部酷評がついててびっくりしました。
何となくわかるじゃん、適当に美味しくなるようにやればいいじゃん、味が薄いなら足せばいいじゃん( ´_ゝ`)とか思ってしまう自分はあんまり料理本の通りに料理していないんだなあとやはり改めて気づかされました。
じゃあなんで料理本を見るのかというと、素材の組み合わせとか調味料の使い方とか、アイディアのひとひらとして「なるほど!」と思えればそれでいいというか。
どっちが著者にとって嬉しいかは微妙ですが。。というか私すごい失礼な気がしてきた。
ともあれ、いつも見慣れて、もうそういうもんだと思っていたお料理レシピをこんなふうに見慣れない別の形に視覚化してもらえたことはとっても面白かったです。『きのう何食べた?』のレシピでもオムニグラフ化してみるかな。

4063726487 きのう何食べた? 1 (1) (モーニングKC)
よしなが ふみ
講談社 2007-11-22

by G-Tools

4063727548 きのう何食べた? 2 (2) (モーニングKC)
よしなが ふみ
講談社 2008-11-21

by G-Tools

『きの何』(モーニング推奨の略称は『何食べ』らしいが)は分量などの細かな指示がない代わりに、
・洗い物を減らす手順
・「こうするとなんか美味しい気がする」という経験則に基づくひとりごと的工夫
・同時進行で一汁三菜が作れる流れ

などが随所に盛り込まれていて大っ変に思考の助けになるのですがいかんせんレシピ本としては見にくい。何ページにも渡ってるし。雑誌切り取ってファイルはしてあるんだけど、さらにまとめてみるかしらん。

ハートをつけてあげて ハート 0

4 Replies to “お料理レシピにはちょっとした華もほしいかも”

  1. けいいちはホントに「自己流」「適当」「目分量」のいい加減な料理しかしないんですが、確かにレシピ本とか見る時って、完成予定図のうまげな写真やら、途中経過のワクドキ写真を見るのが楽しみな部分があるので、味気ないレシピだとしょんぼりしちゃいます(むしろその写真を見るためにレシピを見ているくらい)
    レシピの通り作るのも大事だけど、それより「自分の味」っていうのを大事にしたいなあ、と思いました。

  2. > (むしろその写真を見るためにレシピを見ているくらい)
    うんうん、わかります。
    自分の味、そうですね、安定させるの難しいけど。私も適当目分量なんでw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です