WALTZ FOR MARIA ~あるいは真説 ザ・ワールド・イズ・マイン4巻がつらすぎる件

4巻、トシモンマリア真説 ザ・ワールド・イズ・マイン 4巻
いやもう本当になんでこんなつらいものを読んでいるのか自分。
最終回まで既に読んでいるのでわかってはいましたが、真説4巻本当につらいです。正視に耐えません。
(ネタバレなし)


121話『殺されました』、またそこに至るまでの一連の関谷潤子話。
それから122話~125話『WALTZ FOR MARIA』の、マリアの話。
あああ、痛い、痛いよう。
この辺りを作者がどう考えて描いたのかは、ひょっとしたら5巻のロングインタビューで聞けるのかもしれません。4巻のロングインタビューで、「マリアにとってのモンちゃん、モンちゃんにとってのマリア」について語ってくれていますし。
どうしてここまで残酷な描写にする必要があったのかとか、これによって何を表現しようとしていたのかとか、そんなことはきっと分析しても仕方がないことなのでしょう。
ただ痛がることが一番正解に近いのかなと思います。
既読の皆さん、よかったらコメント欄かトラックバックでご感想などお聞かせ下さいませんか。
私からのお願いとしては一応、今後の展開についてはネタバレのないよう配慮して頂けると嬉しいです。amazonレビューを見ると今回の真説で初めてこの作品を知り読み始めたかたもおられるようなので。
もうすぐ最終巻5巻が出るのでその後のほうがよいかとも思ったのですが、新たなラストを読む前にひとこと。
私の感想は、これをすべて一人の人間が頭の中で考えて、手で紙にペンで描き込んでいったということがもうただただすごい。すごいです。
**3巻,4巻、表紙や目次について。
**前代未聞の小ネタを突きつけてみました。
真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (1)巻
真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (2)巻
真説 ザ・ワールド・イズ・マイン 3巻
真説 ザ・ワールド・イズ・マイン 4巻
真説 ザ・ワールド・イズ・マイン5巻

ハートをつけてあげて ハート 0

4 Replies to “WALTZ FOR MARIA ~あるいは真説 ザ・ワールド・イズ・マイン4巻がつらすぎる件”

  1. TWIM4巻…とても痛いです…
    少し気になったのはマリアがモンちゃんに風呂場で説得をするシーン。
    マリアが触って泣いた方の右目が明らかに左目とは違う風に書いていたのに、モンちゃんがトシを殴るシーンでは元の目に戻っています。
    なんらかの意図があるのかなと思いましたが…気のせいかも。
    とりあえず4巻はモンちゃんの母親=クマのぬいぐるみが=マリアと変わるまでの見せ方が上手いなと思います。

  2. >ノリスケさん
    >右目が明らかに左目とは違う風
    どうああああ!!!ほっほんとだ!ほんとだあああ!きっ気づきませんでした!!ありがとうございますあとで記事に書かせて頂きます。
    >モンちゃんの母親=クマのぬいぐるみが=マリアと変わるまで
    >の見せ方が上手いなと思います。
    そうですね、うん。「置いてったんか」ってね。
    そうなんですよねえ…結局はぬいぐるみの、お母さんの代わり。うう、マリア…。ある意味最上級な愛情表現なんだけど、女としては納得しかねるものがあります。

  3. 背表紙のことでひとつ。
    カバー外されましたか?
    そこに背表紙の全てが書かれています。
    なんだか泣きたくなるような絵でした。

  4. >つんさん
    (あっ!今発見。お返事遅れてごめんなさい)
    >カバー外されましたか?
    はずしました。まっさきにはずしましたとも~~。
    >そこに背表紙の全てが書かれています。
    >なんだか泣きたくなるような絵でした。
    ええ、ええ…。ユートピアなんでしょうね、トシの語った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です