アニメ『ドロヘドロ』グロくてサイバーパンクで第3話はちょこっとゾンビで高木渉さんで面白い



原作未読ですが、面白い。嫌いじゃない、この世界観。
グロいですけどね?最近は残虐描写も当たり前の深夜アニメでわざわざ「残虐な描写があります」って注意書きが出るくらい。でもそうでもなくない?最近では普通じゃない?あと洋ゲーでは普通じゃない?腕が飛んだり首が飛んだり。つまりはその程度にはエグいしグロいので耐性がないとつらいと思います。なにせほらあひるちゃんゾンビを好き好んで嗜む程度にはグロ耐性あるので参考にならないかもしれませんが。

第3話がね、ゾンビフィーチャーでちょっとフフッてなりました。得した気分。リビングデッドね。古式ゆかしきゆっくりゾンビで微笑ましかったです。墓から蘇ってるしね。伝統伝統。基本基本。いっそ新鮮。
これがあったから取り上げておこうと思いました(そこまで)。ゾンビなら。ゾンビであるならば。

全体的に、人物造形がアキラの大友克洋にちょっと近い。つまり初期のバナナフィッシュにも近い。悪役の統領さんがショーターに似てる。あとは少年たちが徒党を組んでギャングっぽいことやってるのもちょっと近くて連想するのかも。
世界観はアキラもですが、銃夢とか、映画ブレードランナーのあれです。サイバーパンク。ゲームで言えばボーダーランズ。
たぶんイメージが一番近いのはボーダーランズじゃないかな?私とオットくんが知ってる中だと。ドメスティックすぎる。すいません今出張中のオットくんに伝えたい内容をそのまま書いてます。君に伝えたい、このグロさ。キライじゃない、このアホな感じ。君もそうだろう?って意味で無言で両手でしゅぴって指差したらきっとオットも無言でこっちをぴぴって指差してくれると思います。阿吽。

ボーダーランズもそうだったんですけど、イカれた人しか出てこないしイカれたミッション多いんだけど、深刻みがあんまりないんですよね。エグいしグロいんだけどヒリヒリしない。どっか抜けてる。敵も味方もなんか抜けてる。
女の子キャラがムッキムキなのは新しいですね。ムッチムチじゃないのよ。ムッキムキなの。顔と身体がパラパラ着せ替えみたいに不自然。顔くりんつるんとしてて可愛いのに身体ムッキムキ。キャプ翼みたいな頭身だし。なんかおかしい。でもクセになる。アニメだと声が可愛いからなお最初の違和感がすごいけどすぐ慣れる。
オープニングもエンディングもなんだかクセになります。餃子作ってる…ムッキムキの女の子?が翼くんみたいな張り付いた笑顔でめっさチタタプしてる。

なんといっても高木渉さんですよね!人間じゃないモノキャラが似合いすぎる。
原作未読なので今後の展開はわかりませんが、今のところは気楽に見れるグロアホアニメです。おすすめ、はしない。オットにしか。グロいしエグいんで。でもちょっと楽しいです。敵も味方もおなじみのメンバーがキャッキャウフフと殺し合うお話。楽しいよ!

1巻2巻が期間限定無料。




23巻で完結してるんですね!円盤ボックスも上下巻と決まってるみたいだから、1クールか2クールできっちり完結するんだろうなきっと。へえへえ。



あとCMでやってた原作者林田球さんの新作に出てくる男の子がドロヘドロのニカイドウさんみたいに顔だけキャプ翼的なつるんとした男の子だった。こういう画風の人なんですね。すごいなあー。



ボーダーランズ、3も出てるけど評価低め。
2のこの人を小馬鹿にしたようなパッケージが好きです。


【PS4】ボーダーランズ3
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
2019-09-13



そういえば!映画も観たんですよ。なかなか悪くなかったですよ。目はでかすぎたけど。

銃夢(1)
木城ゆきと
講談社
2014-01-31




AKIRA(1) (KCデラックス)
大友 克洋
講談社
1984-09-14





ハートをつける ハート 17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です