村上春樹の『トニー滝谷』映画化

渋谷スタバ、鈴木祥子の帰りにいよいよ公開が来月に
迫りましたね!
初めてこのニュースを知った時には
びっくりしました。
*TOUCH*
村上春樹『レキシントンの幽霊』


***Thanks ◎ (^▽^) ◎ Reading***
映画『トニー滝谷』のオフィシャルサイトがこちら。
とっても美しいサイトです。映画の映像も美しそうだなあ…。
公開は2005年1月29日より。
上映館はテアトル新宿・ユーロスペース(こちらにも紹介が載ってます)
後に順次地方拡大予定だそうです。
お、メイキングも別途上映するんだあ、見たいかも。
『トニー滝谷』、この地味な話を映画化しようとは…。
何だか不思議なムードのお話なんですよね、これ。
これをイッセー尾形さんと、宮沢りえちゃんで映画化!すごいなあ~楽しみ。
りえちゃん…最近特に可愛く美しくなりましたよねえ(o^^o)
ハルキさんがハワイで買ったTシャツのプリント“TONY TAKITANI”
からインスピレーションを受けてできあがった物語なんですね、
そうなんだ(^_^)知らなかった。
しかしこの映画、紹介サイトでやたらとストーリーが細かく
書かれているのはナゼ??時にはラスト(?)と思われるシーンまで。
なのでこれから探して読む方はご注意下さい。
たぶんあらすじとかストーリーとかの予備知識が全然ない方が
入り込めるのではないかと思います。75分と短い作品だし。
私がハルキ作品の中で一番返読した短編って、
この『トニー』が収められている本の表題作『レキシントンの幽霊』
だと思います、たぶん。
やっぱり不思議なムードで、何だかすごく好きで。たまに読みたくなるんですよね。
たまにあの、レキシントンの古いお屋敷に足を踏み入れたくなる感じ。
一番返読した長編は『ダンス・ダンス・ダンス』、
中編は『1973年のピンボール』ですね。特に『ピンボール』、大好きです。

寒い養鶏場と、ゴルフコースと配電盤ですね。

『レキシントン』、あの犬がまたいいんですよね(^_^)

ハートをつけてあげて ハート 0

5 Replies to “村上春樹の『トニー滝谷』映画化”

  1. リンクありがとうございます~☆
    今気付きました。反応遅くってごめんなさいw;
    紹介文まで書いていただいてすごすごくうれしいです!!
    私のところからもリンクはらせてください☆
    この映画見たい!!
    村上春樹、私も好きですよ~。
    私のNO.1は「遠い太鼓」と「村上朝日堂」シリーズです。
    エッセイ好きなので。

  2. あっいえいえこちらこそ、ごめんなさいこちらからお知らせしようと思ってたのですが
    遅れてしまって…。リンク嬉しいです~。
    まりもさんもハルキ好きなんですね☆これかなり気になりますよね~(^^)
    遠い太鼓ですか、渋い。朝日堂シリーズ私も大好きですよ~。ハルキエッセイ、楽しいですよね。

  3. 『トニー滝谷』情報ありがとうございますw
    へー、聞いたことないと思ったら『レキシントンの幽霊』の中にあるやつだったんですね。
    今度読んでみよう。
    テアトル新宿でやるんですね。
    見に行こうと思います♪
    ちなみに俺の村上春樹のお気に入りは「カンガルー日和」。
    短編集好きですね。
    中でも『4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて』は最高。
    ああいう文章を書けるようになったら、自然と魅力的な男になれる気がします。

  4. お、なふきんさん『レキシントン』未読?オススメですよ。
    『カンガルー日和』、うちには古本屋さんで買ったものだけどカバー付きの不思議な大きさの本があります。
    『100パーセントの女の子』!いいですね~。あれは確かに楽しい短編集ですね。
    自然と魅力的にかあ…いいですね。
    そういうのって、目指そうと思った時点でかなり達成できてるものなんじゃないかな。
    あとは相手の判断☆(^-^)

  5. ノルウェイの森、映画でたまらず吹き出した場面について [ややネタバレ]

    ハルキ好きの友人と二人、迷子のヘンゼルとグレーテルのように手を取り合って励まし合いながら、たくさんのパンくずを道しるべに行ってきました映画『ノルウェイの森』。
    道しる …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です