インフルエンザワクチンは効果がないと言うデマが広まった件

ほうほう。メモ。すんごく詳しく書かれています。冒頭部分だけを少し引用。
ネットでインフルエンザワクチンは効果がないと言うデマが広まった件 – Windows 2000 Blog


・NAVERまとめに掲載されている ワクチン否定論は全て30~40年前のインフルエンザワクチン技術・インフルエンザ判定技術・統計学・副作用に基づいている。
・WHOがインフルエンザワクチンで予防できず有効性が確認できないと書いてるのは高病原性鳥インフルエンザのことでほぼFA。
・WHO自体はワクチンが最も有効な手段で、特に、妊婦・高齢者には強く推奨している。
・インフルエンザワクチン反対派のかなりアバウトな論文のせいで、風評被害で 集団ワクチン接種が1994年で取りやめになった結果、流行がひどくなったのだが、反対派はこれを指して、ワクチンでは流行は防げないと言っている。
・インフルエンザワクチンをけちった結果として、数百億円の製薬会社などの医療界への投資をけちらせることに成功した場合、高齢者医療で最大1兆円の利権が生まれる。


まず、インフルエンザワクチンの否定コメントが大きな根拠としているものに『 母里 啓子』氏の書物があります
しかし…この人の根拠にしてるのが、30年以上前の研究なのです。
(中略)
30年前、風邪とインフルエンザの区別がほとんどできなかった時代に行った正確な統計に基づいていない資料を根拠にしています。

たぶんこれかな、母里啓子氏の書物。Amazonのレビューが面白かったです。


ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です