那州雪絵『超嗅覚探偵NEZ』、新作がちょこちょこ雑誌に掲載されている

マジでか!
一冊で完結しちゃってるみたいだけど続きが読みたいなあと思っていたのですよ!
超嗅覚探偵NEZ (花とゆめCOMICSスペシャル)超嗅覚探偵NEZ (花とゆめCOMICSスペシャル) [コミック]
著者:那州雪絵
出版:白泉社
(2012-03-19)

もう一年前ですが発売後すぐに購入、書きそびれていたけど超めっちゃ面白かったんです。先日久しぶりに読み返したらやっぱり超めっちゃ面白かった。そしてamazonで他の皆さんのレビューを読んでですよねですよねーと頷いたりしていたら、別冊花とゆめに新作が掲載されたとの情報が!


ほ、ほんとだ載ってる!!ヒャッホー!
2013年6月号に45p!
白泉社|別冊花とゆめ.com
15)


人気シリーズ登場!! 45P
ペット探偵ミステリー
超嗅覚探偵NEZ─この灰色の世界で─ 那州雪絵
ニオイの奥に人間の真実が潜んでいる!?

amazonで掲載誌を順場に掘り返してみたところ、2012年 11月号にも載っていた模様!そして2012年 01月号の掲載分が、単行本の最後の話でした。およそ半年に一回ペースで雑誌掲載、そして4話1冊だとするとあと一年?あと一年くらいでまた単行本の続きが出るのかも!?
超楽しみに待とうと思います。
何が面白いって、んんー本当に那州雪絵さんのマンガって説明が難しいんですよね。劇的な何かがどわーっと起こるわけではないし。登場人物に何かものすごい特徴がぶわーっとあるかというと、んー。いや今回の主人公は特に嗅覚がものすごく鋭いという超能力的なすごい特技があるんですが(『魔法使いの娘』の初音ちゃんとかもなんだかんだですごいし)、何かこうそこじゃなくて、性格が面白いんですよね、それぞれの。そしてそういう面白い人たちが絡んでいく関係性が面白い。
今回この『超嗅覚探偵』で一番面白い人って、なんといっても飯泉さんでしょう!警視庁やら官僚やらのお偉方家系のボンボンなのにあまりにもボンクラすぎて出世してないっていう。そう言われるといかにももさっとダメな感じの人を想像しちゃうのですが本人はパリっとスーツを着こなした好青年でちっともボンクラに見えない。んだけどやっぱりちょっと付き合ってみると血の気が引くほどのボンクラ!っていうか嘘がつけないというか空気が読めないというか腹芸が出来ないというか(忍先輩は得意な腹芸)。でもそういうキャラにありがちなはた迷惑感をあまり感じさせない、何ともいえず好感の持てる人柄なんですよね。もーこの人物造形ほんとすごいと思う那州雪絵。
この飯泉さんを友人として主人公たちに引き合わせる芳谷さんも、飄々と韜晦している上司、というのがパトレイバーの後藤さんみたいですてきです。ちょっと目が据わった(というかトロンとした?)かんじとか、ひょっとして意識して描いてらっしゃるのかしらん。
『超嗅覚探偵』では異常に嗅覚が鋭いこと、『魔法使いの娘』では人外のものが見えること、そして思えば『グリーンウッド』は高校生なんてそれ自体が特殊技能みたいなもんだし、そういったちょっと特殊な設定を軸にして、主人公たちが様々なトラブルに巻き込まれたり、そこに悩みや葛藤や衝突がありつつも協力して解決していったり、そんな普通の人間模様が丁寧に描かれていきます。いっやあ面白い。相変わらず面白い。
それからいつもながら、絵が良い!!ふとした表情にハッとさせられ、見とれてしまうこともしばしば。本当に那州さんの絵好きだなあ。
2巻目超楽しみにしています!わーい。
関連あひる
May 11, 2007 那州雪絵『魔法使いの娘』なぜこんなに面白いのか
February 27, 2010 魔法使いの娘 最終巻8巻を読んだ(微量ネタバレ)
June 27, 2008 グリーンウッドがドラマ化
January 06, 2005 ここはグリーンウッド・アニメ放映!
別冊 花とゆめ 2013年 06月号 [雑誌]別冊 花とゆめ 2013年 06月号 [雑誌] [雑誌]
出版:白泉社
(2013-04-26)
思わず表紙画像をアップに。載ってる!
24)

別冊 花とゆめ 2012年 11月号 [雑誌]別冊 花とゆめ 2012年 11月号 [雑誌] [雑誌]
出版:白泉社
(2012-09-26)

38)

別冊 花とゆめ 2012年 01月号 [雑誌]別冊 花とゆめ 2012年 01月号 [雑誌] [雑誌]
出版:白泉社
(2011-11-26)

56)

超嗅覚探偵NEZ (花とゆめCOMICSスペシャル)超嗅覚探偵NEZ (花とゆめCOMICSスペシャル) [コミック]
著者:那州雪絵
出版:白泉社
(2012-03-19)

それからどしたの?仔猫ちゃん (白泉社文庫)それからどしたの?仔猫ちゃん (白泉社文庫) [文庫]
著者:那州 雪絵
出版:白泉社
(2004-05-14)

嗅覚探偵の前身、同じ設定で女性が主人公の『Doggy Days』がここに収録。単行本未収録なので読んだことのない人も多いかも。私もこれ目当てにこの文庫買いました。他の収録短編も良いものばかり。特に『踏まれた天使のように』は、あらゆる漫画の中でもかなり上位にランクインするくらい好きです。
『魔法使いの娘二非ズ』も毎回面白い。
魔法使いの娘ニ非ズ (1) (ウィングス・コミックス)魔法使いの娘ニ非ズ (1) (ウィングス・コミックス) [コミック]
著者:那州 雪絵
出版:新書館
(2011-02-25)

魔法使いの娘ニ非ズ(2) (ウィングス・コミックス)魔法使いの娘ニ非ズ(2) (ウィングス・コミックス) [コミック]
著者:那州 雪絵
出版:新書館
(2011-12-23)

魔法使いの娘ニ非ズ (3) (ウィングス・コミックス)魔法使いの娘ニ非ズ (3) (ウィングス・コミックス) [コミック]
著者:那州 雪絵
出版:新書館
(2013-02-23)

ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です