電子版『Dモーニング』はバックナンバーの閲覧ができない?

うーん、電子版発売の報には超盛り上がったのですが、ちょっといろいろ使いにくそうな気がしてきました。とりあえず無料お試しで読んでみたけれど、これ有料登録はしないんじゃないかなあ。
Dモーニングのわがやでの一番の問題点は、バックナンバーの閲覧が事実上できないことです。最新号を上書きされちゃう。
(追記・訂正)
その後有料登録してみたところ、「前号に切り替える」というボタンがあって、前の号(無料お試し分)も読むことが出来ました。どこまで遡れるのか、来週以降にまた確認してみます。
(追記・訂正以上)


「最新号をダウンロードすると前号が読めなくなる」とネタフルさんが続報に書いておられてびっくり。
[N] 「Dモーニング」毎週木曜日にダウンロード!モーニングが月額500円で読めるiPhone/iPadアプリ
ダウンロード画面の説明には「アプリ内に保存できるバックナンバーは一週分のみです」と書かれていますね。App Storeの<主な機能>の項目に「バックナンバーは登録期間中のものをいつでも閲覧可能」とあるのが紛らわしい。いつでも閲覧可能じゃないじゃんか。
オットくんが最近購読している週刊アスキーの電子版は、普通にバックナンバーのデータが並んでいていつでも読めるそうです。こうあるべきじゃないのか。週アスの価格は紙雑誌と同じくらいとのことですがその方がよっぽどいいなあ。というかDモーニングみたいに異様に安くても今のままでは購読できないよ。専用アプリで読まないといけないのも微妙だし。週アスみたいな情報誌と、それぞれの作品の単行本売り上げにこそ期待がかかっているマンガ雑誌とは色々違うのかもしれませんが。
値段を上げてもいいから、ぜひともバックナンバーも自由に遡って読めるようにしてほしいです。うっかりすると一週間では読み切れないこともままあるし、特にオットは出張が重なったりすると一ヶ月以上たまることも。それにうちのように家族で一冊の雑誌を回し読みしているご家庭も多いと思うのですが、いちいちお互い読んだか確認しあわないとうっかり最新号上書きしちゃってまだ読んでなかったのに!とかいうことになったら血を見るで(そこは冷静に和解して)。
しかもおそらく、ダウンロードできるのは常に最新号のようなので、「自分が読んでいない号(先々週のやつ、とか)」をダウンロードすることは不可能の様子。まだ読んでないから最新号のダウンロードできないなあ、と思っているうちに一週間、二週間と経過してしまったら、それこそ数週間前の紙雑誌なんて手に入らないから、そういう時は事前に紙版を買っておかないといけないってめんどくさいなー。
画像キャプは取れるようですが、全ページカシャカシャ撮りまくってファイルまとめて保存しておくの…?面倒だしデータ食うし現実的じゃないよなあ。
そういうことを考えると、やはり電子版は諦めて、今まで通り紙版を買って溜めておくしかなさそうです。イノベーションならず(´・ω・`)。
それから、Dモーニングのお試しで読んだ号には、広告ページやおまけ的なページが一切入っていませんでした。マンガ本編が載っているだけで、講談社の他の雑誌や単行本の宣伝、最後の方によく載っている映画のレビューや、巻末の作家一覧のページも無し(作家一覧が無いのは、電子版に載せていない作家さんもいるからでしょう)。
以前そのあたりの企画として岩明均先生のインタビューが3号連続で載ったことがあって、とっても面白かったので切り抜いてとってあるんですが、そういうのも電子版だと今後目に触れないままになってしまうのかー。
うーん。期待が大きかっただけに落胆もひとしおです。生活変わらんかったで(´・ω・`)。大はしゃぎで激賞してたのにあひるちゃん手のひら返しまくり。テンションだだ下がり。ガッかりだょ・・・!(それズッ友だろ)
あ、雑誌のままのアオリやオクリがついていたのは嬉しかったです。ああいうところが地味に面白かったりするし。あとカラーページもちゃんとカラーだったし。

ハートをつけてあげて ハート 0

One Reply to “電子版『Dモーニング』はバックナンバーの閲覧ができない?”

  1. 電子版Dモーニング、バックナンバーの閲覧ができること確認(巻頭企画ページなどはカット)

    電子版『Dモーニング』はバックナンバーの閲覧ができない?って書きましたが、できました。バックナンバー読めます。正確にはアプリのアップデートによりできるようになりました、 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です