オランジェット向きのチョコレート考察

はっさくピールでオランジェット
というわけで、今回オランジェットに使ったチョコの感想メモ。
基本的には、オランジェットにはビターが向いてるんだそうです。オレンジピールがすでに砂糖漬けで甘いから、チョコ自体は苦めが合うみたい。
でも、今回いろいろ使ってみて思ったけど、チョコにもある程度甘味がほしいな、と思いました。苦みだけだと味気ない。。この辺は好みによるのかも。
では今回使った3種類のチョコと、次はこれにしようかな、という候補などをグラム単価と一緒に並べていきます。
一番美味しかったのは、なんといってもヴァローナ!
お菓子材料の店クオカ – VALRHONAスイートフェーブマンジャリ200g


1,090円/200g(545円/100g当たり)
カカオ分:64% 糖分:35%


フランス・ヴァローナ社のクーベルチュールチョコレートです。
このマンジャリは甘さを抑え、フルーツの香りと爽やかに広がる酸味、そして明るいマホガニー色が特徴。


「オレンジピールとの相性が特に抜群なので、オランジェット(オレンジスティックのチョコレートがけ)にぴったりです」と書かれていたので、取り寄せてみました。
味も濃厚で、カカオの香りも芳醇、素晴らしかったです。こってりこっくり。
一番高価だったけど。。
でも手間ひまかかるお菓子なので、ここでケチったらもったいないかも。次回別のチョコを試してみて、やっぱりヴァローナマンジャリには敵わない!ということになったらもう今後はずっとヴァローナマンジャリで作る。
ってくらい美味しかったです。
で、マンジャリが足りなくなったので、慌てて近所のスーパーで買い足したのがこちら。
■森永 カレ・ド・ショコラ カカオ70
森永 カレ・ド・ショコラ カカオ70 21枚×5個
300円前後/102g(1箱)(300円前後/100g当たり)
「ビター」で「カカオ含有量が多い」もの、で「近所で買える」という条件を満たしてくれました。
ヴァローナの高級カカオ感には敵わなかったけど、苦みと甘味のバランス的には悪くなかったです。
以上が1回目に使った2種類のチョコ。
2回目に使ったチョコはこちら。
ヴァローナはちょっと高いので、できればもう少し単価を抑えたいな。。と選んだのがこちら。
お菓子材料の店クオカ – CALLEBAUTエキストラビター(7030) 300g


1,147円/300g(382円/100g当たり)
カカオ分73%

カカオの風味や苦味をよりいっそう引き立たせるエキストラダークタイプ。


うーむ。
これが、正直苦みが前面に出すぎて甘味が足りず、カカオの香りもあんまりしなくて、ちょっと物足りなかったです。まああくまで個人的好み、ですが。もともとビターチョコはそんなに好んで食べないので。。
オレンジ(はっさく)ピールと合わせても、ちょっと味が浮いてるような気がしてしまいました。
買う時、これとすっごく迷ったんですよ。
お菓子材料の店クオカ – Belcoladeノワール・スーペリヤー(スイート)300g


1,103円/300g(367円/100g当たり)
カカオ分:61.2%

ベルギー、ベルコラーデ社のスイートチョコレートです。
深みのあるカカオテイストが印象的なクーベルチュールチョコレート。甘さが控えめなので、チョコレート本来のコクや香りが際立って感じられます。


クオカ新宿店の店頭ポップに、甘味や苦みのグラフが書かれていたのですが(ワインの甘→→辛、みたいなかんじで)、それによるとCALLEBAUTエキストラビターよりもこちらのBelcoladeノワール・スーペリヤーのほうが、甘味が多いみたいだったの。
グラフのバランス的にも、VALRHONAマンジャリに近そうなのはこちらだったし、相当悩んだんですが。。
オランジェットには超ビターが合うってことだし、とりあえずよりビターなほうを選んでみよう、と思ってCALLEBAUTエキストラビターを試してみたのでした。
そして上記のような感想に。
というわけで次回はBelcoladeノワール・スーペリヤーで作ってみるぞ!
それから、クオカ新宿店の店員さんに訊いたところ、「オランジェット用のおすすめチョコ」一番はこちら、とのことでした。
お菓子材料の店クオカ – VALRHONAスイートフェーブアラグアニ200g


1,119円/200g(559円/100g当たり)
カカオ分:72% 糖分:27.5%

フランス・ヴァローナ社のクーベルチュールチョコレートです。
干しぶどうや栗、カンゾウなどを思わせる風味と、焼きたてのパンやハチミツのような柔らかな薫りの共存が印象的です。


ほう。これもやっぱり超ビターですね。CALLEBAUTエキストラビターと近そう。糖分もVALRHONAマンジャリより低い。
なのでやっぱり、私の好みとしては VALRHONAマンジャリ か Belcoladeノワール・スーペリヤーのほうがいいのかも。
そんなオランジェットチョコメモでした。
関連あひる
はっさくピールを作り中、今夜が煮込み3晩目
はっさくピール、空気に触れないように保存すること
はっさくピールでオランジェット
ウイスキーとチョコレート ~シングルモルトとショコラのマリアージュ
カカオの香りの奥深さについて学んだお話。今回いろいろ食べ比べたりデータ比較をしてみる際、この講座が役に立った気がします。
西洋骨董洋菓子店 (2) (Wings comics)西洋骨董洋菓子店 (2) (Wings comics)
著者:よしなが ふみ
販売元:新書館
発売日:2001-05
おすすめ度:4.0

ハートをつける ハート 5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です