スーパーペーパーマリオ、楽しんでます

さてGWも明けて月曜日。通常運転で参りましょう~。
スーパーペーパーマリオ
入手前にちらりとご紹介しましたが、面白いですよー。


今はえーっと、ゲームの目的である8つのハートを集めるというのの、5つまで見つけたところ。半分以上きてるってことかな?
2Dと3Dを切り替えることによってさまざまなアクションができる、という、何ともフシギな感覚のゲームです。
例えばですね、あのー、マリオの土管。緑色の。飛び越せる高さでない場合は、向こう側には行けないですよね。だから通常のマリオだとそこで面が終わりだったりする(いや、通常のマリオにはそんな面ないのかしら。。)。
でもあの、このスーパーペーパーマリオでは、3D視点に切り替えると土管の後ろを通って向こう側のエリアに行けるのですよ。
公式サイトには動画で説明が
そういう感じのなんというかこう、コロンブスのたまご的発想??
普通に真横から見て左から右に進んでいるだけだと見えない道やアイテムなどが、視点を立体に切り替えると見えるようになる。そういうパズルアクションRPG、というジャンル(でいいのかな?)なのです。
発想がすごく斬新で面白いです。それは前作『ペーパーマリオ』の時と同じ感じ。
また、ヘンなキャラがいっぱい出てくるのも楽しいです。敵味方どちらも、クセのあるミョーなしゃべりのヒトがわんさか。そういうヒトたちが次々出てきて物語をひっぱっていくので、クリアに向けて楽しく進んでいけます。
2D、3Dの切り替えだけでなく、マリオが身につける特殊技能もたくさんあります。ペラっと薄くなってすき間を通れるようになったり、ヒップアタックで固いモノも壊せたりトゲトゲの敵も倒せるようになったり。
前作ではそういう能力は、それぞれのバッジを身につけることで使用可能だったのですが、今作ではバッジの代わりに「フェアリン」という、妖精みたいなヒトが仲間になってくれます。そのヒトたちがまたヘンなしゃべりのキャラだったりする。単なる物質だったバッジに比べて個性というか人格があるところが楽しいです。
ちょっと難点だなーと思うのは、そのフェアリンの切り替えが面倒なことですね。。それからプレイヤーもマリオだけでなく、ピーチ姫やクッパなども仲間になってくれるので切り替え可能なのですが、そのキャラクター切り替えも面倒。。
どちらの切り替えも、操作を中断して一度メニュー画面を開き、どのキャラ・どのフェアリンにするかを選択しないといけない。
ゲームを進めるにあたってかなり頻繁に行わなければならないこの切り替え動作にこんなに手間がかかるのは、けっこうストレスです。。(たぶん多くの人が指摘していることと思いますが)
「フェアリン切り替えボタン」と「キャラクター切り替えボタン」をそれぞれ別に設定して、スロットみたいに切り替える方式にして欲しかったなあ。
ていうかそうしなかったということは、できなかったのだろうか。でも前作ではこんなに面倒を感じなかったような気がするんだけど。。Wiiリモコンってゲームキューブよりボタン減ってるんでしたっけ。。?
そこが唯一残念なところですが、まあ慣れるといえば慣れる(^_^)。それを圧して余りある魅力がありますよ。
めちゃ笑ったのが、敵キャラでなんとなぜかアキバ系オタが出てきた。
見た目はカメレオン。名前はカメレゴン。ビン底メガネかけてます。
ネット上でも大人気らしい(^口^)。いやすごかったです。
つづく。

ハートをつけてあげて ハート 0

One Reply to “スーパーペーパーマリオ、楽しんでます”

  1. マリオ×Portal

    Portal子供部屋ネタに続き、もういっちょGame*Sparkから。
    おおお!これすごいですね!しかもリリース予定だそうですよ!
    ■もしも『マリオ』が『Portal』のポータルガンを手に入れたら… …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です