ウィル・ライト『SPORE』発売は2007年!

SimCity、SimEarth、SimPeopleなどなどを作ったゲーム界のちょーちょーカリスマ・ウィルライト氏の次回作『SPORE』
世界中から大変な期待が集まっているというこのゲーム、いろーんなものをSIMしてきたけどついに天地創造!どんなゲームなの?なんか荘厳っぽい??どこから手をつけていいのかよくわかんない….。
と思ってましたが、公式サイトを見てみたらめちゃくちゃ面白そうです!
SPORE(開くと音がしますが、topページ自体が簡単な紹介デモになってるのでオススメです)


あ、意外にpopな造形。
なんかちょっと、手塚治虫の宇宙観を彷彿とさせるような?火の鳥とか。
うる星やつらにも宇宙を作るおもちゃあったなあ。箱宇宙(コスモボックス)。シーモンキーみたいに水槽で育てるの。
ゲーム内容についてはこちらが簡潔に説明して下さってます(GIGAZINE)
(以下抜粋)
「微生物が進化の過程を経て、原始的な水中世界、そして
原始的な陸上世界へと移り、集落を構成し、集団生活を営み、
都市を構築するようになり、
社会的な集団行動を取るようになって、
別の都市と戦争が発生し、
最後はUFOを操って別の惑星の生き物を誘拐して別の惑星に送り込んでみたり、
もう何が何だかわけがわかりません。」

へええええ。すごそう、すごそうだなー◎ 楽しみです。
何といっても、見た目がSIMピープルじゃないところに期待が持てます。
アメリカでは爆発的人気だったというシムズが日本でなんで売れなかったかっていうと、やっぱキャラの見た目じゃないかと….。カタイっていうか。
なんにしても、俄然期待が高まってきましたよ。
***関連リンク***
**ウィル・ライト氏、次作「SPORE」を語る–米イベントにて(CNET Japan)
**こっこちらではニモが大変なことに!?ウィル・ライト氏、ゲームイベントで基調講演(CNETフォトレポート)ライト氏の「キュート」って….こうなのね……。
**ウィル・ライト基調講演 ~ ゲームリサーチの重要性(4Gamer.net)「『Spore』のコンセプトが誕生した当時,彼が熱中していたことは「Astrobiology」(天文生物学)だったのだそうだ。火星から飛来したといわれる隕石に,微生物の化石のような痕跡が残されていたことに,異常なほどの興味を覚えたという。」

ハートをつけてあげて ハート 0

3 Replies to “ウィル・ライト『SPORE』発売は2007年!”

  1. おおっ、ついに。楽しみです。
    確かにイラストが随分感じ変わっていますね。
    たまたま昨日、シムズのファン情報ページ「シムシティーフォース」を見ていたのですが、相変わらず意味の分からないアイテムの提供が続いているようで(笑)。「ドスンと抱きしめて軍曹」て訳す、日本スタッフもなんというか。
    スペックが足らずまだやっていないのですが、最近はビジネスまでしてるのね、シムズ。

  2. >yanaさん
    >シムズのファン情報ページ
    たまたま見てましたか!(爆)すごいですねこのページ。チカチカ。でもすごいですね、まだまだ人気で、遊んでる人多いんだなあ。

  3. SPOREの体験版がYouTubeとスムーズに連動しすぎな件

    こりゃすごいっす!
    世界中が待ちに待ってたSPOREの、日本語体験版が解禁されたそうでさっそくアクセスしてみたら。
    妙なクリーチャーを作れるのはわかっていたが。
    画面の中に「動画撮影」というコマンドがあるので撮影してみたら、撮り終わった瞬間に「YouTubeにう….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です