寄生獣とうとう映画化してしまう


言いたいことはいろいろあるけど言うべきことはたったひとつです。監督さんお願いですから、


ミギーの声を鬼太郎のお父さん
にだけはしないでください。

マジ頼みます。
「おい、シンイチ!」◎/
似合いすぎます。_| ̄|○

オットくんにぽそりと言われてからこっちイメージが沈着してしまいつつありまことに遺憾です。
それにしても小鳥さんの『寄生獣』形容、「あの、生命への愛情と自己防衛とのはざまの、やるせないせつなさ」
簡潔かつ完璧。見事です。いつぞやはケンカ売ってすいませんでした。

ハートをつけてあげて ハート 0

5 Replies to “寄生獣とうとう映画化してしまう”

  1. ああもう、鬼太郎父の声が頭から離れない・・・ううう。
    ハリウッドの方々に、この作品の深いところを表現できるだろーか、と余計な心配をしたりして。

  2. >yanaさん
    いやいやそれは余計じゃないですよ日本中が心配してますよ(?)。リンク先のコメントでも、かえるたんが「右手に寄生しちゃったETとの友情みたいのは絶対にやめて欲しい」とこれまた我々の不安を見事に凝縮してくれてます。
    映画もこれくらい見事にぎゅぎゅっとやってほしいです。きちんと原作の主題をぎゅっと。

  3. 寄生獣、勝手にキャスティング

    お母さん、あの寄生獣ハリウッド映画化どうなったのでせうね。
    というわけで突然降りてきた『寄生獣』勝手にキャスティングです。
    まずはトップバッター(っていう表現もう古い?)
    ・「田村玲子」:天海祐希

  4. 脚本:岩明均、作画:中山昌亮による『ブラックジャック』が週刊少年チャンピオンで

    ■脚本:岩明均(寄生獣)、作画:中山昌亮(不安の種)による『ブラックジャック』が週刊少年チャンピオンで連載決定! : はちま起稿
    な、なんですって…!メモ。
    中山昌亮さんは存 …

  5. 寄生獣アニメが残念おれ右手しっぱい

    CGWORLDってオットくんがよく買ってくる雑誌ですが最新号が、
    キモ!!なにこれきんもー。
    OT「寄生獣好きなんじゃないのか」
    好きだけどこれはキモいだろ。わかってやってるだろ …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です