2月13日の地震は東日本大震災の余震

ドタバタしていてすっかり更新できないまま1ヶ月近く経ってしまいました、皆様元気にお過ごしでしょうか?

地震、びっくりしましたね!福島県沖で震度6強。東京でも震度4で、ずいぶん長く感じました。うちでは被害は特にありませんでしたが(でもうっかり置きっぱなしにしていたコップのお茶は中身だけびたびたにこぼれていた)、皆さん大丈夫でしたか。

気象庁|報道発表資料 令和3年2月13日23時08分頃の福島県沖の地震について
-「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第89報)-

今回の地震は「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」の余震と考えられます


地震の大きさにもびっくりだったけれど、なんと2011年の311、東日本大震災の余震だった!というのもびっくり。
震源近くでは身体に感じる地震が小刻みに続いているようで、皆さん不安なのでは…。しばらくは警戒して過ごした方が良さそうなので、うちでも備蓄を見直したり、いつか買おうと思っていたでっかいバールを注文したりしました。



ドアが歪んで開かなくなった時などにこじ開ける用。出番がないことを祈りたいです。

いろんなバール載ってます。
【レビュー】防災! 災害時の救助作業には、長尺バールが便利!一人でも600kg以上の瓦礫を持ち上げる事が出来る! | 山猫おソーラーの備えるブログ

それから2019年の台風に備えて、オットくんに「モバイルバッテリー買い足しておいた方がいいかなと思うんだけど、どれ買ったらいいと思う?」と聞いたら、こんなのがうちに届きましたよね。



OT「うち中のスマホどころかご近所さんの分まで充電できるやつ」

すごいのキタ!!!

そして今回の地震のあと、

OT「コンセント抜けてた」

すごくナイ!!!
いや気づいてよかった。

他にも備蓄用の水も買ってあるし、乾電池はある。あとはなんだろう。
ネット情報で、折り紙やお絵かき帳など子供用のひまつぶしグッズもあると良いとか、はぐれた時のために「防災バッグに油性マジックを入れておいて、子供の身体に親の連絡先を書いておく」というのもナイスアイディアだと思いました!

(ちょっと追記)
「身体にマジックで」というと怖くて悲しい想像をしてしまいますが、元ツイでは「避難所などではぐれたり迷子になったりした時」を想定していました。普段と違いすぎる状況の中では動揺して、言えるはずの自分の名前や親の連絡先など必要事項もうまく伝えられない可能性高いし。なんなら自分の身体にも手首とかに書いておきたい。自分もパニックになって自分の電話番号とかオットの番号とかとっさに出て来なくなる気がする。(追記以上)

311の時と同じマンションに住んでいるのですが、震度5強の揺れではドアストッパーが効かないことは10年前に実証済み。小さいベランダ(室外機置き場)に出るためのドアは普段なら90度に開放できるのですがなんとそれも効かずに閉じてしまって焦りました。結果、311の5分間に及ぶ揺れのさなか、わたくしが何をしていたかというと閉じてきた玄関のドアを押さえ、すぐ横のベランダのドアも閉じてきては押さえ、また玄関しまっちゃうから押さえ、をあわわあわわと繰り返すというまったくなんの役にも立たない行動を取ってしまったのでした。動きだけ見るとオタ芸そっくり。そんな人間ドアストッパー(しかも機能してない)状態を繰り返さないために、何かアイテムほしいな…でもあの揺れでもドアを開けたままにしておくなんてできるのか?相当重いものでもダメな気がする。下手するとその重りが飛んできて危なすぎる。何か良いものないだろうか…

ーーー
関連あひる
2013-03-11 東日本大震災から二年(東京での自分の体験を詳しく)

ハートをつける ハート 123

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です