スピリッツとオットくんと私

君の名は。
神木隆之介
2017-07-26



週刊スピリッツ2000号記念について書いていて、そういえば何年読んでるんだっけなあ、で思い出したお話。

その昔、まだ結婚前で、だけどオットくんと同じスピリッツを回し読みしたりしてたわけだから一緒に暮らし始めて以降の、20代後半頃のこと。

私一人で夕暮れ時の、総武線に乗ってたんですね。
総武線って、ちょうど新宿駅にさしかかるあたりで、少しのあいだ中央線と隣り合った線路を並行して走るポイントがありますよね。
そっとファスナーを閉じるように、寄り添うように近づいてくるその中央線の明るく電灯のともった車内を、その日も何気なく眺めていたら。

中にオットくんが乗ってて。

走行中の別の電車内に知った顔を見つける、というだけでもレアで。
それが一応時の恋人で(オットくんのことです念のため)。
そこだけ切り取ると『君の名は』的な、新海監督の美しい筆致で瑞々しく描かれた世界の出来事でも良さそうなものなのに。RADWIMPSとか静かに流れ出してもおかしくないのに。

当のオットくん、つり革につかまってスピリッツ読みながら、めっちゃニコニコしてて。
めっっちゃニッコニコしてて。
ああ、『大人袋』読んでるんだなあと思うまもなく、新宿駅の手前で線路は別れて遠ざかってゆくオットのニッコニコ。

いや、『3名様』だったかな。
いや『ムーたち』だったかな。
なんだっけかな、あの手のゆるいショート漫画。オットくんがニッコニコしてそうなやつ。
まあなんでもいいんです。いずれにせよ台無し。台無し感。

滑り出しは確かに新海誠だったのに。窓と窓を隔てた向こうのその人は、これ以上ないくらいニッコニコしててさらに絶対くっだらない漫画読んでることが約束されている、っていう、途中から絵柄『3名様』になっちゃった感が、なんか妙によく覚えている人生の一コマでした。
RADWIMPSも止まっちゃった感。

そんなわけでたぶん20年は読んでます、スピリッツ。2000号おめでとうございます。
ってすぐ書こうと思ったのに家族で風邪ドミノくらってたりうちの子が布団でマーライオンったり色々ありすぎて今やちっともゆっくりPCに向かえない生活に変わっていますが、まだ読んでます。

ーーーーー
「大人袋」で検索したら出てきた。
2012-12-05 オットくんとくちびるのひび割れ

2016-09-10 アニメ映画『君の名は』が素晴らしく面白かった!新海誠監督らしさが何もかも良い方向に結実していた![ネタバレ無し]

大人袋(1)
中川いさみ
小学館
2014-12-08







ハートをつける ハート 12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です