3.11東日本大震災から6年、高さ16.7mの津波を銀座の真ん中で視覚化したヤフーの広告、祖母を亡くした女子学生への海原純子先生の熱い回答

3.11東日本大震災、高さ16.7mの津波:ハムスター速報
16.7メートルの津波は、ちょうどこの高さ―― ヤフーが出した防災広告に絶賛の声 – ねとらぼ

9df9c295-s
以下、気になったリンク集。


回答者は海原純子先生。お見かけするたびにいつもものすごく優しく、適確なお返事をされているんですよね。悩みを抱える人のすべてに、こんな人がそばにいてくれたらいいのに。

「祖母を置いて自分だけ逃げた」と自分を責める女子大生へ。心療内科の先生からの回答が心に響く。 | Share News Japan

上の記事がリンク切れになっていたので新たなリンクを貼り直しました(2021年1月追記)。

「祖母を置いて自分だけ逃げた」と自分を責める女子大生へ。心療内科の先生からの回答が心に響く。 | いいね!ニュース


気品があって優しい祖母は私の憧れでした。
でもその最期は、体育館で魚市場の魚のように転がされ、人間としての尊厳などどこにもない姿だったのです。


お手紙を読みながら涙が止まらなくなりました。
こんなに重い苦しみの中でどんなに辛い毎日かと思うとたまりません。
ただあなたは祖母を見殺しにされたと思っていらっしゃいますが、私にはそうとは思えません。

おばあさまはご自分の意志であなたを1人で行かせたのです。
一緒に逃げたら2人とも助からないかもしれない、でもあなた一人なら絶対に助かる。
そう判断したからこそ、あなたの背中に乗ることを頑として拒否したのでしょう。

おばあさまは瞬時の判断力をお持ちでした。
その判断力は正しく、あなたは生き抜いた。
おばあさまの意志の反映です。
人はどんな姿になろうとも外見で尊厳が損なわれることは決してありません。
たとえ体育館で転がされるように横たわっていても、おばあさまは凛とした誇りを持って生を全うしたと思います。

おばあさまの素晴らしさはあなたの中に受け継がれていることを忘れないで下さい。

おばあさまが生きていたらかけたい言葉、してあげたいことを、周りに居る人たちにかけたり、してあげて下さい。

そのようにして生き抜くことが憧れだったおばあさまの心を生かす道に思えます。

関連あひる
April 11, 2011 [地震関連] 中島みゆき、1995年ライブ版「ファイト!」(東日本大震災から1ヶ月)
April 14, 2011 [地震関連] 釜石がつないだ未来への希望-子ども犠牲者ゼロまでの軌跡
September 08, 2012 [地震関連]「想定外を生き抜く力 ~大津波から生き抜いた釜石市の児童・生徒の主体的行動に学ぶ」片田敏孝氏の講演について
May 11, 2011 [地震関連] キャラメルボックスの春公演はどのような状況下で行われたか
June 12, 2011 村上春樹 カタルーニャ国際賞受賞スピーチ、動画と原稿全文 [地震関連]
July 11, 2011 徹子の部屋のガガさんがキュートで可憐すぎて夢中 [地震関連]
March 11, 2013 東日本大震災から二年(追記あり)



ハートをつける ハート 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です