[熊本地震] 江戸時代の恩返し 小田原城が熊本城に寄付200万円

良い話!
江戸時代の恩返し 小田原城が熊本城に寄付200万円 – BuzzFeed


地震で大きな被害を受けた熊本城を助けようと、小田原城が立ち上がった。城内で集まった募金などを熊本城修復のために、寄付するという。
「熊本城のああいう姿をみて、同じように城を持つ小田原としても、何かしないといけないと思いました」と小田原市観光課の府川一彦さんはBuzzFeed Newsに経緯を話す。


熊本地震で大きな被害を受けた熊本城。被害額は数百億円にのぼり、復興には20年かかるという見方もある。
この惨状に、小田原市は動いた。「リニューアルしたばかりの小田原城とは対照的に、瓦も落ち、櫓も崩れてしまった熊本城の姿は悲惨でした。できることはないかと課内で話し合いをし、入場料の寄付と募金箱の設置を決めたんです」(市観光課・府川さん)
加藤憲一・小田原市長は18日、小田原城内で集めた約200万円の寄付金を大西・熊本市長に手渡した。城がリニューアルオープンした5月1日の入場料約245万円も、市議会の承認を受けてから寄付される。


小田原と熊本の関係の始まりは、江戸時代にまでさかのぼる。
1633(寛永10)年の「寛永小田原地震」。マグニチュード7級の地震により建物が複数倒壊し、約150人が死亡。小田原城にも被害が出た。
市学芸員の佐々木健策さんによると、当時の小田原藩主・稲葉正勝と熊本藩主・細川忠利はとても仲が良かったという。ともに明智光秀の姻戚で、稲葉が熊本城を訪れたこともあるほどだ。
地震を知った忠利はすぐに手紙を、江戸にいた忠利の父忠興も見舞いの使者を送った。稲葉は礼状を返したという。だからこそ、今回の寄付はまさに、「400年前の恩返し」とも言える。

前にも書きましたが、地震直前の「ブラタモリ」で見ていた、美しくかつ城塞としての工夫も随所に凝らされたお城の、かなりの被害を受けてしまっている姿が気の毒で、再建にはどのくらいの日数や費用がかかるのだろうと気になっていたので、なんという嬉しいニュースでしょう。
生活そのものがまだまだ大変な人も多い中ですが、熊本城は熊本の人たちにとってのシンボルだから、復旧を急ぐことは県民の励みにもなる、という意見もどこかで見かけました。そうなるよう願っています。



ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です