友人の鈴木祥子カバーライブにコーラス出演したよ

DSC08878
今年4月の話なのでもう半年以上経ってるんですけども、ちょっとしたきっかけがあったのを機に思い出記録。
ここ数年参加している社会人バンドがありまして。鈴木祥子を演奏しようぜって活動なんですが、そこから派生したギターさんとボーカルさん二人のアコースティックユニットの何度めかのライブに、コーラスとして出演したのでした。超楽しかった!半年前から始めた月1の練習(みんな忙しいから週末の月1回時間取るので精一杯)も含めてほんと楽しかった~。誘ってくださったお二人に改めて感謝。
よく「すごく楽しそうだね( ´ ∀ ` )」って言われがちなあひるちゃんですが本当に楽しかった!


けっこう緊張しいなので、今までああいうシーンではガチガチにあがっちゃって残念な出来になっちゃってたんですが、そんな私にしては珍しくほとんど緊張しないで済んで本当に純粋に楽しめた。
それというのも、ギターさんが「本番でも練習通りが出せればそれで良いんだよ、多少ミスしたって別にオッケー、気負わず楽しくやるのが一番」と言ってくれたおかげです。
ギターさん曰く、本番で緊張したりミスしたりするのは、実力よりウマく見せよう!と気負っちゃっていいかっこしようとするせいだと最近悟った、今の自分以上のものなんて出せないんだから、そのまんまを見せればいいや、と。そして本番ではたいがい練習の8割出せればいい方なので、練習で120%出せるようにしておく、と。なるほどなるほどー、実力を底上げしておくことが自信やリラックスにつながるのですね。ううむその通りだ。
さらにもうひとつ緊張せずに済んだ大きな理由は、本番の一ヶ月くらい前の練習中に一度、対バン(当日一緒に出演するバンドさん)のお二人がスタジオにちょこっと顔出してくださった時のアガリっぷりがハンパなくて、こりゃいかんと意識できてすごく良い予行演習になったこと。あれがなかったら本番でガチガチになってこんなに「楽しかったー!」と思えてなかったと思う。ほんと感謝です。
それからほんとは本番1週間前の練習が最後のはずだったけど、ライブ当日昼過ぎからの音合わせの直前、午前中にも急きょスタジオに入って一度普段通りにさらっと通せたこと。それでより肩の力が抜けた。
あとは何といってもそれまでの月1の練習の中で、ギターさんとボーカルさんの二人がすごく的確に指示をくれたおかげでコーラスもパーカッションもきちんと上達して(タンバリン叩いたのです!タンバリン難しいんだぞ!?特にコーラス歌いながら叩くとか超タイヘンだぞ!?)、そしてそれを毎回二人がすごく褒めてくれたから!おかげでモチベーションは上がったし、練習通りが出せればいいんだと思えてリラックスできたし、お二人の指導の賜物ですマジで。
あひるちゃん楽譜読めないしコードとかわかんねえけどよ、練習中の二人(二人とも複数の楽器が弾ける)のやりとりを聞いていると何というかすごく論理的で面白かったです。コーラスも音の取り方に迷って相談するといつも明確な理由と返事がもらえたり。うーむすごい。
見に来てくれたのも親しい友人やここ数年のバンド仲間が大勢だったのでこちらも楽しく演奏できたし、お客さんにも楽しんでもらえたようだし何よりでした。
学生の頃と比べて、社会人になると趣味に対する向き合い方がより真摯になるような気がしました。若い頃との違いは自由になる時間が減ること、というのは昔から何となく聞いてはいたけど、それと同じくらい集中力が無くなる、もたなくなる!これは今の30代半ばを過ぎた年齢になって初めて実感できたことかも。徹夜ができないとかそういう体力的なこともそうなのですが、気持ちをそちらに向けることが困難…。それも学生時代の試験勉強みたいにやりたくなくて先延ばしにしてるんじゃなくてやりたいのに!やりたいのにそっちに向けられない!日々の雑事に負けてしまって練習時間を取れない。気づくと日付変わってる。寝ないと明日の体力もたないし。
こうして考えてみると、若さのパワーっていろんな意味ですごかったんだなーと改めてしみじみします。
そんな毎日の中で、それぞれががんばって時間を作って練習してきて磨いた技術を持ち寄って、一緒に演奏しながら相談して内容を詰めていくことができるのがやっと月1回、それを6回やったらもう半年経っててもう本番!社会人の趣味活動タイヘン!ほんと大変だな~と思いました。そして大変以上になんて楽しかったことでしょう!
大人になってから「できなかったことを練習してできるようになる」というレベルアップ的体験がめっきり減って、去年も5年前も8年前も大差ない、本の隅に何ページにも渡ってついてしまったインクの染みのような生活を送ってきた私にとって、あんなにできなかったタンバリンがけっこうできるようになった!コーラスもどの音取ればいいかよくわかんなかったけどちゃんとできた!ということ、そしてユニットの二人に助っ人として呼んでもらってお役に立てたことは、すごく達成感のある誇らしいことでした。いやあほんとに楽しかったなー。本番もスタジオ練も、練習のあとの相談やら雑談やらもみんな楽しかった。冒頭にも書いたけど、ユニットのお二人ほんと誘ってくれてありがとう!
DSC08892
DSC08921

関連あひる
これもう3年も前か!これも楽しかったな~。こういうことを年に何回もやってる人はほんっとーにスゴイ。
November 27, 2010 鈴木祥子にCocco、知人の36歳36曲ライブに行ってきたよ

ハートをつける ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です