羽海野チカ『3月のライオン』最新巻で雪見だいふくを衝動買い

DSC09588

だってこんなチラシが入ってるんだもの!!買うよ!買いに行くよ夜中に!
3月のライオンの世界に雪見だいふく、なんてぴったりなんだろう。冬しか売ってないのかも!?と事前に検索してみたら公式サイト情報ではちょうど新商品(クッキーアンドクリーム)が出たばかりで、それもあったし普通の2コ入りのもあったし小さいのがころころ入ったファミリーパックもありました。コンビニやスーパーに。


DSC09591

ふっくふくだよ!!もうやだこの子はふっくふくだよ!!名誉白くて味のないものに認定するよ(そんなえらそうな?)。
最近友人がすごく褒めてて認識を新たにしたのですが、このお菓子ほんとすごいですよね。素晴らしい。それから今回Wikipediaを読んでみて改めて気づかされたこともありました。
雪見だいふく – Wikipedia


餅菓子としての制約
本来、餅は低温にするとカチカチに固まってしまう。そのため、雪見だいふくは糖類やデンプンなどを加えて柔らかく口当たりがよいように加工されている。反面、気温が高い場合、餅はすぐに食べないとドロドロに溶けてしまいがちである。この食材から来る制約のため、販売は冬季が中心となっている。

餅菓子としての制約、なるほど!確かに凍らせても柔らかいってよく考えるとすごい。その工夫により夏の販売はできないと。なるほどだわ。
そして今日はこんなニュースにも行き当たりました。
【漫画】羽海野チカが入院と手術のため『3月のライオン』休載へ、連載再開は年内に|まんはったん。
羽海野先生どうぞお大事に。どうやら予定の手術のようで、ご本人が入院の支度をしたりしてらっしゃるみたいだし大丈夫なのかな。術後って思わぬ症状が出てきたりで回復まで予定通りにいかないことも多いですし、焦らずゆっくり養生していただきたいです。
そしてリンク先のまんはったんによると、3月のライオンはプロ棋士の皆さんにも人気なのか。そして三浦建太郎先生の『ベルセルク』完結はやはりデマなのか。3月のライオンの巻末広告にも「ベルセルク1~37 以下続刊」って書かれてましたよ。
DSC09597

 ——————–
関連あひる
May 18, 2012 個性あふれる素敵な「キャラケーキ」(※一部どう見ても生首)
April 19, 2013 これただのパンなのに…、グロすぎ![グロ注意]
November 29, 2008 羽海野チカ『3月のライオン』2巻の表紙を三浦建太郎が
November 29, 2008 3月のライオン 2巻を読んで『東のエデン』にますます期待
August 10, 2006 スクリーンの中も外も青春 ~映画『ハチミツとクローバー』
今回も面白すぎて読みながら終始うるうるしてたのでうるんだ瞳で雪見だいふくを買いに。




ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です