よしながふみ『大奥』、ジェンダー視点の凄さ

おお~、よしながふみ『大奥』の実写映画版、柴咲コウの将軍吉宗姿です。なかなか原作そのままの印象。
女将軍・柴咲コウ、男女逆転『大奥』のポスター飾る ニュース-ORICON STYLE
75803_201004280531996001272446250c

4月15日にクランクインしたばかりだが、柴咲の色っぽさと貫禄みなぎる姿に期待が高まる。

質素な着物も設定に忠実だし、抑えたメイクも吉宗らしくて良いですね。この顔で「下がりゃ!」と恫喝してくれるならちょっと観てみたい。
それから、原作が海外で賞を取ったんですね。それもジェンダー理解に貢献したSF・ファンタジー作品に贈られる文学賞だとか。なんて素晴らしい。


ジェンダー理解に貢献 『大奥』が日本コミック初のジェイムズ・ティプトリ?・Jr賞受賞 ニュース-ORICON STYLE

(2010年03月23日 20時00分)
嵐の二宮和也、女優・柴咲コウ出演で今年10月1日公開予定の映画『大奥』の同名原作コミック(よしながふみ著/英語訳の1巻・2巻)が18日、ジェイムズ・ティプトリ?・Jr賞を受賞した。1991年に設立された同賞は、ジェンダー(男女の性差)への理解に貢献したSF・ファンタジー作品に贈られる文学賞で、今回の受賞は日本人初並びにコミック初の快挙となった。
 『メロディ』(白泉社)で現在も連載中の同作は、2009年度手塚治虫文化賞マンガ大賞をはじめ国内で様々な賞を受賞しているが、日本の歴史を背景にした時代劇が海外の文学賞を受賞したことは異例。作品は、謎の疫病により男の人口が激減した江戸時代が舞台。男女の役割が逆転した大奥、1人の女将軍に 3000人の美男が仕え、そこに渦巻く野望と愛憎のドラマを描く。
 同賞は男性のペンネームで活躍した女流SF作家ジェイムズ・ティプトリー・Jrにちなんで設立。日本のセンス・オブ・ジェンダー賞は、日本版ジェイムズ・ティプトリ?・Jr賞として設立され、原作『大奥』は、2005年「第5回センス・オブ・ジェンダー賞」受賞している。

センス・オブ・ジェンダー賞とはまた、なんとふさわしい。
いやもう本当に、よしながふみの『大奥』については書き始めるとどろどろしちゃうから避けて通ってきたってくらいジェンダーで。すごいんです。
1巻の冒頭たった数ページで、「謎の疫病により男の人口が激減」という荒唐無稽とも思える設定をぐいぐいと納得させる、SF作品として、物語構成としての力業もすごいし、「男が減った」という極めてシンプルな骨組みに、男性の傲慢と苦しみ、女性の愚かさと嘆き、社会のありかた、組織の実情と建前、子供を産むこと、男児を産むこと、等々等々、ジェンダーのオンパレードな肉付け。
こうして書いてみて思ったのですが、たぶん作家によってはものすごーく押しつけがましくて恨みがましい出来上がりになってしまいそうなところを、よしながふみの端正な絵柄と、あっさりとしたかつ的確な演出力(漫画でいうとコマ割り、映画ならカット、というのかな)でもって、自然に読まされていくんですよね、この重苦しいテーマを。
登場人物それぞれの視点、人生に重ねて、ごく自然に感情移入できる。
何が悲しいって、よしなが大奥に出てくる女たちが皆、とにかく子供を産みたがっているところ。
そこに「男を産め」という有形無形の重圧を課せられ苦しんだりもするのですが、そういう政治的社会的な要求よりも何よりもまず、女たち自身が「産みたい」と思っているところ。切実に。心から、というか身体ごと、というか。
よしながふみの絵って、泣き顔が本当に痛々しいのです。泣き顔や、何かを叫んでいる時の顔。
肉体を斬って出血するように、精神の亀裂から心が迸ってしまっているような。
目の前で、致命的で不可逆なことが起こってしまっている、それをただ見ているしかないあの感じ。ものすごくつらい気持ちになります。
映画になるとあの絵の力がないけれど、代わりに生身の人間が音声つきで叫ぶのかあ、と思うと今から気が重いです。褒めてます。
ああ、ジェンダーのフタが開いてどろどろしちゃうからというより、「面白そう読んでみたい」と思ってもらえるような書き方をする自信がなくて書けなかったんだ、よしなが大奥レビュー。
ええと、くどくど書いてしまいましたが物語としてとても面白いのです。そこがまたすごいと思うんだけど。
予告編もありました。まだ人物は映っていない、イメージだけの予告ですが。
大奥-予告編 ORICON STYLE 映画
[追記2010/5/5 02:08]
コメント欄で教えて頂いた関連リンクです。ティプトリー賞に関して詳しく書かれています。
それから、『大奥』についての描写がとても端的で、そうそうそうそう!と思ってしまったので引用させて頂きます。
よしながふみ先生の『大奥』が、ティプトリー賞を受賞! – Biting Angle

個人的に『大奥』を傑作だと思うのは、単に「男女逆転」の面白さにあるのではなく、国家として、社会として、そして人間として生き残っていくために必要な手段として「男女逆転」という道を選ぶしかなかったという合理性と必然性が、強烈な説得力で描写されているからです。ある意味では社会改革SFとしての側面もあるかなと。
そして、そんな必然性や合理性の中で翻弄されつつも必死に結ばれようとする女と男の情がなんとも切なく、時として醜く、また美しいんですよね。

[追記以上]
**あひるとよしながふみ**
対談集:フェミニズムは関係なくないんだ
フラワー・オブ・ライフ
三井×木暮
きの何:新連載単行本
吉田秋生『海街diary』とよしながふみ『愛すべき娘たち』
モーニングでの連載作品『きの何』でも、実にさらりと、とても複雑で微妙なジェンダー問題を取り扱ってますよね、たくさん。
ほんとすごい。
きのう何食べた? 3 (モーニング KC)きのう何食べた? 3 (モーニング KC)
著者:よしなが ふみ
販売元:講談社
発売日:2009-10-23
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))
著者:よしなが ふみ
販売元:白泉社
発売日:2005-09-29
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

大奥 (第2巻) (JETS COMICS (4302))大奥 (第2巻) (JETS COMICS (4302))
著者:よしなが ふみ
販売元:白泉社
発売日:2006-11-29
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
大奥 第3巻 (ジェッツコミックス)大奥 第3巻 (ジェッツコミックス)
著者:よしなが ふみ
販売元:白泉社
発売日:2007-12-20
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
大奥 第4巻 (ジェッツコミックス)大奥 第4巻 (ジェッツコミックス)
著者:よしなが ふみ
販売元:白泉社
発売日:2008-12-24
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)
著者:よしなが ふみ
販売元:白泉社
発売日:2009-09-29
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

よしながふみ対談集 あのひととここだけのおしゃべりよしながふみ対談集 あのひととここだけのおしゃべり
著者:よしなが ふみ
販売元:太田出版
発売日:2007-10-04
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
愛すべき娘たち (Jets comics)愛すべき娘たち (Jets comics)
著者:よしなが ふみ
販売元:白泉社
発売日:2003-12-19
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

ハートをつける ハート 0

“よしながふみ『大奥』、ジェンダー視点の凄さ” への4件の返信

  1. ミスキャスト?と一瞬思ったけど、この写真でほっ(^。^)です。
    CDドラマでは田中敦子さんの「下がりゃ!」が秀逸、
    コウ吉宗の決めゼリフは何でしょうか。
    是非漢前に演じて欲しい。
    ティプトリー賞については青の零号さんのブログをどうぞ。
    http://blog.goo.ne.jp/biting_angle/e/ab054c9be1566461d97a7d2ebb8c34c2
    ル=グウィンも受賞した賞なんですねー。
    早く次の巻が出ないかなー。

  2. > ティプトリー賞については青の零号さんのブログをどうぞ。
    > http://blog.goo.ne.jp/biting_angle/e/ab054c9be1566461d97a7d2ebb8c34c2
    関連リンクありがとうございます。本文に追記させて頂きました。
    この写真はなかなか素敵ですよね。他の登場人物たちもみんなこんなかんじの再現率なら、艶やかかつ悲壮なあのよしなが大奥の世界になるのかも、と期待してしまいます。あとは脚本や構成、編集がどうなのか…。

  3. よしながふみ『大奥』ふたたび実写化、堺雅人と菅野美穂

    おうっわあ!きのなに巻末の特報見て度肝抜かれました。
    ■映画『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』2012年12月22日(土)男女逆転再び!
    堺雅人さんが有功(ありこと)!美貌の僧侶 …

  4. 上橋菜穂子さん、国際アンデルセン賞を受賞 児童文学のノーベル賞

    精霊の守り人 (新潮文庫) [文庫]上橋 菜穂子新潮社2007-03-28
    この春のニュースで、知ってはいたけど、そしてとっても嬉しかったけれど書きそびれていたもの。『精霊の守り人』シリー …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です