アバターを、IMAX3Dの吹き替え版で観てきたよ ~その2

アバターを、IMAX3Dの吹き替え版で観てきたよ ~その1
そんなわけで。
関東で唯一の、吹き替えを上映しているIMAX3Dシアターである川崎109シネマズへ。
もう上映時間は午前11:00からの一回だけでした。超早起き…(自分的に)
DSCF3169
劇場入口で3Dメガネを配っているので受け取って席へ。
席はネット予約をして行きました。
3D映画は特に、できるだけ中央から観た方がよいのだそうで、予約が解禁になる3日前にカレンダーアラートを登録して臨みましたよ。


こちらのページから、予約画面へ進むことが出来ます。
予約の時点でクレジット決済、払い戻し不可、というシステムでした。
IMAX アイマックス:109シネマズ
(鑑賞希望日の3日前0時から当日上映開始20分前まで予約可能)
 —————-
で!ようやく感想。

・IMAXキレイ!!(*゚Д゚*)

てかぶっちゃけ3Dじゃなくても、IMAXなだけでも十分キレイだったんじゃないかと思われた!
一番最初に、「ようこそIMAXシアターへ!」みたいなちょっとしたアナウンスがあるのですが。ドルビーサラウンドのCMみたいなかんじの。
黒い背景にブルーの水玉がぱーっと映るのですが、その時点ではまだ立体じゃないんですよ(メガネをかけたりはずしたりしてみた)。
でも超キレイ!!
明らかになんかおかしいくらい綺麗。
いやーすっごいなーIMAX。
きっと専門的にどう綺麗なのかはあちこちのblogに書かれていると思いますので探してください(丸投げ)。
で、さらに本編の前に他の映画の予告編。
アリスです!ティムバートンのアリスの予告編が立体で!
感想その2。
・ティムバートンのアリスもIMAX3Dで観たい!!(*゚Д゚*)
これは観たいよ!
だってたて穴落ちていくんだよ!?(アリスですから)
飛び出すアリス、うさぎ穴、内部
Alice in POP-UP Wonderland !
会場もどよめいてましたよ!
OT「いいとこもってかれたよねー(アリスに)( ´_ゝ`)」
そ、そうだね!
アバター観にきた皆さんなのに、「わあ立体だあ!」っていう最初の感動は予告編にもってかれたね。
でもやっぱり、飛び出す映像って新鮮なんですね。私は家庭内に3DとかCGとかのプロがいるおかげでしょっちゅう観ているため新鮮さは薄れてしまっているんですが、会場が沸くのは感じていて楽しいですね。
本編も綺麗でしたよ、映像。(感想そんだけ!?)
なんかこう、CGで作り込まれた世界とか、そこに軍隊とかメカとかがばんばん出動したり、へんな生き物が跋扈してたり、自分が自分じゃない身体に入ったり、という世界観もわりとゲームで見慣れてるので、うんうんそういうかんじだね、という。
かといって新鮮じゃなかったかといったらそんなことはなくて、むしろ、これから映画って3Dが当たり前の時代になるのかなー、と素人なりに思いました。オットくんに今度聞いてみよう。
そのくらい、自然だったんですよね。
前に映画で観た3Dは『ベオウルフ』なのですが、ベオの場合は「ほらほら飛び出すよ?」というのを見せたがって、演出がしつこかったんですよね。
しかもなぜか残虐系にしつこかった…。
槍がこっちにズギューーンと飛び出て見えて、そこに兵士の身体がぶさーっと刺さったりー。
首とかこっちにすっ転がってきたりー。
ぶっ殺された兵士の血がこっちに向かって滴ってきたり-。
今回の『アバター』は、そういう「立体でびっくりさせよう」みたいな演出はほぼ皆無だった。だから3時間近くの長さも、それほど疲れずに観ていられたのかもしれません。
ティムアリスもそうだし、今後こういう上質な映像で、きちんと作られた3D版があるなら、ちょっと遠出してでも3D版を選択するだろうな、と思いましたよ。
吹き替えでね☆?
 —————-
そうそう、吹き替えだったけど、ストーリー上の原住民族の言葉は字幕だったんですよ。
画面右端にたてに出る字幕。
その字幕が、見づらかったです。二重になっちゃってるの。
オットくんも変だったって言ってた。
現地人のひとの言葉だから、たまにひとことふたこと出てくるだけなのでさほど苦ではなかったですが、これは「吹き替え版用の字幕」がどれもこういう設定なのか、この劇場の設定なのか、それとも今回の上映だけのバグだったのか。
はたまた「字幕版」の字幕もずーっとこうなのか?
それを確認するためにも、別の投影方式の劇場にもう一回観に行こうかな( ・`ω・´)。とオットくん。
べ、勉強熱心な。
そんなアバター感想でした。
超今さら感はありますが、まだ観てない人、どこで観ようか迷ってた人、もっかい観ようかなという人などのお役に立てば嬉しいです。
アバター (ジェームズ・キャメロン 監督) [Blu-ray]アバター (ジェームズ・キャメロン 監督) [Blu-ray]
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

不思議の国のアリス (とびだししかけえほん)不思議の国のアリス (とびだししかけえほん)
著者:ロバート・サブダ
販売元:大日本絵画
発売日:2004-11-16
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

ハートをつけてあげて ハート 0

4 Replies to “アバターを、IMAX3Dの吹き替え版で観てきたよ ~その2”

  1. 「アリス・イン・ワンダーランド」は3D向けに作られてないのかも

    うーん、なるほどなるほどー。
    ■【レビュー】3D映画「アリス・イン・ワンダーランド」は3Dの必要はないかも!? : ギズモード・ジャパン
    アバター観に行った時に、予告編でティムバートンアリスを3Dで観て、こりゃ絶対3DでIMAXで観たい!と思ったのですが、どうもどうやら、…

  2. メガネなしで3Dテレビを観る画期的発明 (自前シャッター式)

    ウワアアアア。
    なんというこっち見んな。
    ■動画:メガネなしで3Dテレビを観る画期的発明 (自前シャッター式):engadget japanese
    オットくんが教えてくれました。
    大丈夫なのか?これ …

  3. トロンレガシーひとことネタバレ

    Tron Legacyアーティスト:Various ArtistsWalt Disney Records(2010-12-15)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る
    トロンレガシー、3Dで観てきました。
    観終わった感想をひとこでネタバレします。
    以下注意 …

  4. 神山監督版サイボーグ009『009 RE:CYBORG』、3Dで観てきた(微量ネタバレ)

    やっと観てきました。面白かった。良い3Dでした。
    ■サイボーグ009公式サイト 009ing
    009 RE:CYBORG著者:神山 健治販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)(2012-11-10)販売元:Amazon.co.jp …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です