オットくんとホテル予約

オットくんが、仕事の先輩とskype通話で出張先のホテル予約サイトを見ながら相談している横で私は黙々とテトリス(オットくんのおさがりのiPodtouchで)やってたところ。
先輩「ん?なんだこれ。
『ミステリープラン 今夜はどのおへや?』
 ………へ?(;´´Д“)」

確かにそのプラン不安ですが、なんすかそのものすごく不安そうな感嘆疑問符。


先輩「ミステリープラン……(;´´Д“)」
OT「今夜はふとん部屋、とかなんですよ( ・`ω・´)」
先輩「ふとん部屋かあ、オレふとん部屋きらいなんだよなあ( ´_ゝ`)」

きらいなんですか。
てか泊まったことあるんですか。
あと横で聞いてて「お食事なしプラン」とか言われると、オットくん出張先でごはん食べさせてもらえないイメージが沸いてしまってかわいそうなんですが。
うちより良いものちゃんと食べてるはずなんだけどな、出張先だと。朝ご飯とかきちんと出てくるじゃないですか、お食事つきプランにすると。
なんとなくふとん部屋といえばめぞん一刻。
めぞん一刻 (1) (小学館文庫)めぞん一刻 (1) (小学館文庫)
著者:高橋 留美子
販売元:小学館
発売日:1996-12
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です