GX100で天体写真、10月のオリオン

温泉旅行のついでにGX100を三脚に固定して、星の写真を撮ってみました。というか友人が撮ってくれました。友人がくれたデータとともに掲載します。クリックするとでっかくなります。ぜひ拡大してみてください。大興奮。
・ISO200の絞り全開、15秒くらい露光
R0016499

友人的にはこれが今回のベストショットだそうです。


・ISO100の30秒だとツライ(三脚が動いたっぽい?)。
R0016495

横に流れているのは星の動きか三脚蹴っちゃったのか。
しかし木立の中で目のように煌々と光るシリウスが美しすぎる。
・ISO400。ちょっとノイジー。
R0016497

月がいかに眩しく、星を見るのに邪魔になっているかがわかります(星見人にとっては月は敵、満月なんてコンディション最悪なのです。まあ真の最悪は晴れないことだけどに)。
ジャマジャマいってもどいてくれないしパジャマに着替えてくれるわけでもないので月も撮ってみた。
最大まで望遠してもこのくらいの大きさ。
・ISO80 1/15sec f/15.8
R0016508-1

でも拡大するとめっちゃ月!
(色味などは無修正で拡大しただけです)。
R0016508

クレーターもこんなくっきり。素晴らしい。
撮影した友人ちゃんの感想。
・GX100でも天体写真はそれなりに撮れる(一眼ほどではない)。
・軽量三脚では心細い。
・星座を単体で撮るなら標準からちょっとズームする感じ。
・月とか個別の天体はGX100のズームではムリ。
・重要なのは天気。あと月もコワイ。
そうね。天気重要ね。何よりもね。
というわけで前回も素晴らしい写真を撮ってくれた友人ちゃんありがとう。
個人的にはこの一枚も好き。空が広くて。
R0016494

ちょっと旅館がちですが、むりやりベランダで撮った感とか月の存在感もあって状況を思い出しやすい。
シリウスも見えていれば冬の大三角だったので惜しいけど。
以下、観測ヨタ話。
そうなんですよ。今回は旅行の日にちとオリオン座流星群の極大日が近くて、一応マグライトに赤セロハン貼ったり防寒着を荷物に入れたりしていたのです。元天文部員としては。準備はしておくかと。
そして最初の夜、深夜3時頃にふと起きて空を見たらどっ晴れてて、ギャー思って慌てて着替えて外に出ようとしてみた。
が、あのー普通の旅館って夜はカギしめてますよね。うん。観測で使う宿には予約の時から事情を話して夜中出入りokのところを選んだりするのですが、今回はちょっと聞いてなかった。いきなり晴れた。
玄関に抜き足差し足向かってみると案の定カギはかかっている。ひねるやつなので内側からは普通に開けられるけど。。どうしよ、開けて出ちゃおうか。でも防犯上いかがなものか。。
と思っていたら、玄関のすみっこで、木造の扉の端になんか小さい丸っこいメカがついてます。
赤く点滅してます。
そろりとドアから離れてみる。点滅やめる。
ドアに近づいてみる。
赤く点滅します。
まさか防犯ベル!?
これは。。。出たり入ったりしたらジリジリ鳴っちゃう?けーさちゅ出動しちゃう?
2年前にもお世話になってとっても素敵なお宿だのに。。。出禁(出入り禁止)になってしまうのか!?
や、フツーにコンビニのチャイムみたいにお客さんがきたことを裏におしらせするだけのセンサーかもしれませんが、万一防犯ベルだった場合二度とここにはこられません。
こ、ここはもういい加減いいオトナだし、今晩は諦めて明日改めて宿にきちんと許可を取ってから外出しましょう。。(オトナになったなあ)
というわけでその夜は大人しく部屋に戻って(赤セロハンマグライトはすでに寝入っていた同部屋の友人を起こさないために大活躍)狭いベランダで三脚広げてムリヤリ撮影したのでした。
そして翌日きいてみたら、あっさり「じゃあ戻ってきたらカギしめてくださいね( ´ ∀ ` )」ハイありがとうございます。やっぱりあのセンサーはお客さまご来店のお知らせなだけだったようす。
そして翌日はこんもりと分厚い雲に一晩中覆われっぱなしでしたとさ。22時、0時、3時と目覚ましかけていちいち起きてみたけど全然ダメでしたさ。
よくある話ヽ(0゚´▽`) +ノ
( ´Д⊂・゜・
iPhoneを星座早見に iStellar に続く

ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です