[手芸] 茨の道も一歩から

服づくりにまでは手を出さんち前に言っちょったとに(泣)(ネイティブのかた間違ってると思いますがすいません)
この本をデスね。本屋さんで中身を眺めて大変素晴らしいと思いまして。
作りながらマスターする、ソーイングの基礎。―月居良子のソーイングレシピ
あまりにも中身が素敵かつ良く出来ていてうっかり購入。


料理本もジャケ買いというかコンテンツ買い(コンテンツで買うのは正しいのではないか?)(や、でも作るかどうかが肝心なはずだ)してしまうと書いたことがありましたが、そんなかんじでこれも選んでしまいました。
・使われている写真の光の感じとかが綺麗で、
・被写体=服のデザインもとても素敵で着てみたいものばかり
ご存じないかたも多いと思われますが、実は編み物といいソーイングといいハウツー本って「このデザインは。。。誰が着たいんですか?」と真顔で問いただしたくなるようなアレな服の作り方ばかり教えてくれるものも多いのですとっても。ここ数年は一気におしゃれになりましたが。
女子には中学の時の家庭科のデザインとでもいえばわかりやすいかと。型紙といい説明の絵といい軽く30年前のものを我々はガッコーで20年くらい前に縫わされており、それが今も健在なので単純計算で50年経ってるわけですがいっそのこと一巡りして新しくなったりもしていない。
それがあなた。
P1120166こんな普通に可愛い服のパターンが、

P1120164こんなふうに写真入りで詳しく解説されているのです。
しかも写真が、明るすぎない自然光ですごく落ち着く色味。

素晴らしい。眺めているだけでも楽しい。眺めているだけでも楽しい(二度も)。だから作らないかもしれない。だって服作るとなると布の購入量もハンパなくなるし歯止めが。いろんな歯止めがこうあれで。
絶対色違いとか模様違いとか素材違いとかで超絶大量生産したくなるに決まってる。そのくせ仮縫いで飽きたり。仕上げても着なかったり。
するに決まっているのです。
でもひびのこづえの地図柄ハンカチの赤でスカート縫いたいなとかは思っている自分を発見し続けているのです。
R0014096地図柄グレーはママバッグに使用
R0014711(地図柄グリーはA4フラットエコバッグに)

うううむどうしたものか。ほんと着ない自信があって。
あとは、作る大変さを知ってしまうと「買った方が相対的に安いよ!」とかいって既製服を買ってしまいそうな自分を近い将来発見し続けそうでとてもいやなのです。
そんな葛藤はともかくとして、この本は私のように「服とかあんまり縫ったことない」という人におすすめだと思います。まだ実際使ってはないですが。
作りながらマスターする、ソーイングの基礎。―月居良子のソーイングレシピ

この月居良子さんの本、他もどれも素敵なデザインばかり。
天然素材が気持ちいいね〈vol.3〉着心地のいいふだん着は気軽に洗えるシルクで
ママになっても着たい服
大人のクチュール着こなし自由なワンピース×チュニックブラウス

ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です