餃子と声優とガンダムとパトレイバー

とヤッターマン。
焼き餃子「こんなご時世だからこそ安心おいしい国産餃子を食べる会」というものにお誘いを受け行って参りました。


実はここ最近の餃子報道により、あちこちで餃子サブリミナル効果が働いて餃子を食べてる人って多いらしいですね。そんな話をちらほら聞きます。自分も餃子大量に作ったし。そして一緒に作った友人のもとには数日後「無性に食べたくなって餃子をたくさん作りました」とお母さまからメールが届いたらしい。親子w
今回は外でおいしい餃子。会場は ちびすけ 赤坂店。何と貸し切り。
いろんな餃子が次々出てきたよ!揚げ餃子に焼き餃子(中身も色々)、水餃子はスープがポン酢風味で新鮮でした。うまし。どれもうまし。
揚げ餃子水餃子

シークワーサー個人的にはこちらのお店、柑橘系果実酒がめちゃ旨かったです!これはシークワーサーサワー。柚子酒もすんごくおいしかった。果汁そのまま、ってかんじの自然な美味さ。

この手の柑橘系果実酒ってとてもじゃないけどファンタ以下みたいな人口的なものに当たってしまう危険性が高いので注文するのに勇気が要るのですが、これは大正解でした。シークワーサー→柚子→シークワーサーとローテーションで飲んでしまった。どなただったか「シークワーサーのお湯割り」なんてステキなものを注文してるかたもいたよ。
そんな中。。。
「鈴置さんが」
とかいう会話が耳に飛び込んできたからさあ大変。ガンダム好きを買われて今回呼ばれたというステキなオタヨメたんに、ガンダム部長さんもいらしたんだから鈴置さんのお名前が出ても何ら不自然なことはないのですがついタイトルは鈴置さんの声で読んでくださいとかいう記事を書いたばかりだったこともあり食いついてしまいました。
鈴置洋孝 – Wikipedia には無駄に細かい記述が多いというネタを教えて頂いたり。ほんとだw
その場にいた人たちは血中オタ濃度にだいぶん差があったので右隣にドン引きされながら左隣と盛り上がるという甘ずっぺえ雰囲気でしたがうっかり塩沢兼人さんが亡くなった後で作られたMGS2には塩沢さんがMGS1で演じてたキャラが塩沢さん声で出てきて作中でもプレイヤー的にも「ばっバカなっ!?お前は死んだはずでは・・・!?」となってしまうという泣かせる企画が盛り込まれていましたよとかいう話をぷっちりスイッチ入っちゃってぴゃっぴゃかしゃべってしまってすいませんでした。
その時盛り上がってたふみさんとは帰り道も一緒でパトレイバーの話にもなったのですが、パトレイバーの話が出来るなんて!すごく嬉しい!と大変喜んで頂けました。
ふみさん「だって私の周りにパトレイバー好きなんて人一人もいないんですよ!?」
それは周りがおかしいですね(断言)。

私の周りにはむしろパトレイバーがものすごく好きな人しかいません。今も友人に借りた小説版を読んでいますホラとかカバンから取り出して見せてしまいました(実話)。パトレイバーの小説版はアニメ版の脚本家さんたちが代わる代わる自分の得意なフィールドで小説に書き下ろしているのでほんとどれもむちゃくちゃ面白いですよ。よくある人気作をなんちゃって小説版にしました的なものとは完全に別物です。押井守の小説が読めるって実はすごいレアなのでは?
もちろんあ~るも大好きですよ。
そして可愛らしいオタヨメたんは「80年代アニメが好きです」とかおっしゃるので脊髄反射で新ヤッターマンどう思いますか!?とか聞いちゃったりクリーミィマミいいですよねとか言っちゃったり。「iTunesにはアルバム入ってます」私も!私も入れてますよ!あやうく♪トマトの夕陽かかとに浴びながら♪って歌い出すところでした。
オタヨメたんのダンナさん(ミュージシャン。一般人)が書いたヨメに関する記述。
よめのお勧め(?)-GOOD CREWの「最近、グっと来てますか?」
スカシカシパンGOOD CREWの「最近、グっと来てますか?」
オタヨメたんご本人のblogもあるんだそうなのでぜひ知りたい。
しかし思えばマミのCD貸してくれたのも友人だし、前に友人ちで集まってゲームセンターあらしを見た時も全員フツーに声優さんの名前頭に入ってるし、自分は決してオタなつもりはなくて単に好きなもののことは好きでいつのまにか覚えたり詳しく知りたくなって調べたりしているだけで、それもほとんどが自分よりもディープにそれを好きな周りの友人から入ってくる知識だったりするので、すごいのは私の友人たちなのだなあと改めてしみじみ思いました。
企画して誘ってくださったshu*さん、楽しい繋がりをありがとう!そしてこれだけはいわないと!
shuiro note:: 集団で国産餃子を食べる会
【あひるたんと声優話やコミケ話・・・】
コミケ話はしてないよ!そこまでディープじゃないのよ。その差は大きいのですたぶん。前にBL同人誌の世界にちらっと触れてみた時にも思ったのだけど、真にオタクな人たちというのは私のように自分が興味ある分野や著作だけを摂取したがるのではなくて、「とりあえずこの分野は全部読む」とか「最新の・人気のものは全部チェック」とか、「すごい新人はいないか探す」とか、そうやって深く広く知識を集めようとする人たちのことをいうのではないかなと。私はそこまでの財力も知識欲も持ち合わせていない。。
自分の好きなものを手に取ることなんて誰にだってできるじゃない?なので自分はあんまりオタクと呼ばれるには甘いというかおこがましいというか。そんな話はやっぱり帰り道にふみさんともしました。
好きな分野がたまたまマンガとかゲームとかオタクっぽいものだからそう見えるのかもしれないなあと真面目に思ってます。オタは相対評価じゃないのです。たぶん。
や、単にマンガに興味のない人たちからすればコミケの話してるくらいディープに見えたってことなんでしょうね。。いくら否定したってそれは。
ジェット☆ファミリーに続く
**私が出せるガンダムネタなんてこれくらいしかないんですが一応関連としてリンクを。

ハートをつける ハート 0

3 Replies to “餃子と声優とガンダムとパトレイバー”

  1. こんばんは^^。
    楽しい餃子会よかったですね^^。
    >それは周りがおかしいですね(断言)。
    拳握り締めるほどに同感っ!
    OVAのなんだったかなトラックが奪われて犯人が暴走する話が好きでした。オチがほのぼのしてて。

  2. >shamonさん
    力強い同感ありがとうございます!あれはほんと、知らないなんてもったいなさすぎますよね。
    >トラックが奪われて犯人が暴走する話
    ああー、ありましたね。私はみんなで銭湯で犯人捜しする話とか好きでした。アホで。

  3. パトレイバー上司比較、内海さんと後藤さん

    面白かったメモ。
    昨日の「ラピュタには何故自爆コマンドが用意されているのか」のかたです。
    ■内海さんはいかにして企画七課をまとめているのか。: 不倒城
    ■では、後藤隊長はい …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です