箱根の紅葉の庭にいるもの、その2

執事のいる風景、秋の庭それは執事。
もちろん老執事。
デスクトップ用にでっかい画像で用意しましたのでよかったらどうぞ(用意するなよ)。


先ほども書きましたが、ここはとある箱根の美術館です。わーいと見て回っていたら、お庭のすぐ横の野外展示のところでこの老執事風の男性が「それはこれこれこういうものなんですよ」とさりげなく解説して下さったり。
館内も回ってまた庭に戻ってきて、風景の写真を撮ろうとしていたら「後ろの山を入れるといいですよ、あの綺麗にとがった山が○○山というんです」と解説して下さったり。
そのようなかんじで、館を訪れるお客様とお話をされているようでした。ひょっとして支配人のかたかしら?と思わせる上品さ。そしてその他の時間は黙々と紅葉を掃いているのです。
黒スーツで(萌え)。
紅葉の赤と芝生の緑と秋晴れの日差しの明るさ、そこにこの老執事氏のスーツの黒さが見事でございましょう?タイトルは「執事のいる風景 ~秋の庭」といったところかしら。
オノナツメの世界です(R60)。

477832014X リストランテ・パラディーゾ (f×COMICS)
オノ ナツメ
太田出版 2006-05-18

by G-Tools

4778320476 GENTE 1 (Fx COMICS)
オノ・ナツメ
太田出版 2007-08-28

by G-Tools

**関連あひるリンク**
**箱根ネタ写真その1
**執事カフェといえば萌えカテゴリ

ハートをつける ハート 0

5 Replies to “箱根の紅葉の庭にいるもの、その2”

  1. 黒スーツの老執事
    絶好の撮影ポイントを知るあたり“熟練”さを感じますねぇ。
    美術館のことをよく知り、お庭のお世話をする。
    あぁ・・・この執事さんに淹れてもらった紅茶を
    このお庭で飲んでみた~い

  2. >hinaさん
    >絶好の撮影ポイントを知るあたり“熟練”さを感じますねぇ。
    そうなんですよ~。そこがまた執事度(?)を上げている。
    >あぁ・・・この執事さんに淹れてもらった紅茶を
    >このお庭で飲んでみた~い
    ギャー!ズデギ!!「お嬢さま。。スコーンを召し上がりすぎでございます」(ってスコーンも出されてるし)

  3. 美術館の黒服の老執事。。なんかあまりに完璧すぎで、実は幽霊だったとかオチがありそうだわ。

  4. >kinocoさん
    >なんかあまりに完璧すぎで、実は幽霊だったとかオチがありそうだわ。
    おおお!確かに。ああ、でもあの人ならそうとわかっても怖くないかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です