キーチ連載再開、第三話を読んじゃいました

キーチVSいやもう、待ちきれなくて早朝コンビニに駆け込みました。買ってきたよスペリオール。
いやいやいや。。。『キーチVS』、読みました。


現時点で第三話。オムニバス的な雰囲気で、社会の中で苦しむ人を例によって微に入り細を穿ってねちねち淡々と(この2つが両立するってすごい)描写。おそらく第一話も第二話もこんなかんじだったのでは。
で、なんとキーチ本人は出てこない。
なのに、


すごいです。
すごいです。
すごいよ。
どんだけハードル上げる気だ新井英樹。
特に新井作品の場合は単行本でまとめて読んだ方が物語の奔流に思うさま押し流されることができるので、私も単行本派ではありますがあえてリアルタイムに読めてよかったなと思います。これはすごい!すごそうだ!!
せめてキーチが登場するまでは雑誌で追いかけちゃおうかなと思っています。いやだって、見たいじゃない一刻も早く。
スペリオール表紙表紙はこちら。(スペリオール公式サイト

**連載再開第一報オットの見解8巻についてその他新井サマのこと書きすぎなことがまるわかり索引へ

ハートをつけてあげて ハート 0

5 Replies to “キーチ連載再開、第三話を読んじゃいました”

  1. 新井英樹が有名になることへの危惧

    祝☆マンガ夜話にザ・ワールド・イズ・マインその1/その2、そしてその3です。
    いや。。。。マンガ夜話で取り上げるのやめたほうがいいんじゃないかという気がしてきました。このマンガは広く知られちゃいけないんじゃないかと。(以下、ネタバレ含む)

  2. キーチ20歳。スペリオールに登場!

    しています!!
    読まないと!買わないと!!
    ■小学館 ビックコミックスペリオール
    ストーリーのネタバレなしでちょっとだけ感想を。
    巻頭カラーです。新井サマったら相変わらずカラーになると、

  3. >新井英樹 – 2chライブラリー さん
    おお、2chライブラリーすごいですね!一話二話もこんなでしたか。そしてそう!今週のスペリオール見ました見ました!出たー大人キーチキタ!
    >大人になるまでの過程も見てみたかったです。
    そうですね、何があったのかはおいおい明らかになっていくのでしょうか。
    でもどちらかというと、20歳という若さでスタートしたのが少し意外でした。もっと年取ったところから開始するかなと何となく思っていたので。
    いずれにせよ楽しみですね。

  4. 新井英樹『キーチVS』、9巻で俄然盛り上がってきた

    キーチVS 9 (ビッグ コミックス)著者:新井 英樹販売元:小学館(2012-06-29)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見るキーチVS 8 (ビッグ コミックス)著者:新井 英樹販売元:小学館(2012-01-30)販売元 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です