自家製ジンジャーエール、甘さ控えめバージョン

しょうが仕込み中オトナバーベキューに持って行った手作りジンジャーエールっぽい飲み物。
たまに作って飲んだりしていたのですが取り上げるのは久しぶりなので、レシピを改めて掲載しましょう。今回は甘さ控えめバージョンで製作。分量はわりと適当です。。


**自家製ジンジャーエール、原液**
**ハチミツ漬け**
・しょうが:300g
・はちみつ:400gくらい
・レモン汁:3個分
・クローブ:5粒ほど
(スティックシナモン、今回は切らしてたので無し)
 極薄切りにしたしょうがと材料を瓶詰めにして冷蔵庫保存。一晩~一週間以上寝かすだけ♪

です。今回は甘さを控えるために、半分は煮出しバージョンにしました。
**煮出しバージョン**
・しょうが:300g
・クローブ:5粒ほど
 極薄切りのしょうがとクローブを、ひたひたの水で適当に煮出す。だけ。

今回はすぐに両方を混ぜちゃって同じ容器で保存しましたが(おおざっぱ。。)、はちみつでしょうがの成分を染み出させるのと煮出すのは根本的に抽出法が違うので、別々に保存して最後に混ぜたほうがいいかもしれません。
(しょうがの状態が全然違ってました。はちみつのほうはカサカサっと水分が抜かれて縮んだ感じ。煮出しのほうは煮込んで透明になった感じで、縮んだりしてない)
さてまあこんなふうにして作った原液を、いろんなもので割ります。
**割るとおいしいもの**
炭酸水/赤ワイン(これはすごく合う!!)/スピリッツ各種/ジュース/カルーア!(hinaさんのレシピ) etc.

ぜひお試しあれ♪
ほんと、赤ワインに入れるとドイツのクリスマス名物グリューワインみたいな、スパイシーであったまる素敵な飲み物が出来ますよ!
個人的には、はちみつ:煮出しが5:5だと若干甘さというか、コクが足りなくなっちゃったかなと感じました。6:4くらいにしてもいいのかも。それとも煮出しの水が多かったかな?この辺はお好みだと思います。
あと、今回はシナモン抜きで作ってますが、シナモンは抜いても大丈夫だけど、クローブは必ず入れないと、ジンジャーエールのピリピリ感が出ませんのでご注意。特にウィルキンソンが好きな人はクローブ必須です。逆に刺激を減らしたい人はクローブ抜きで作るとまろやかなジンジャードリンクが出来ると思います。
BBQ・ジンジャーエールしょうがは600gも使ったけれど、出来上がりはほんのちょっと(500ml)です。

ハートをつけてあげて ハート 0

3 Replies to “自家製ジンジャーエール、甘さ控えめバージョン”

  1. はじめまして。
    いつも 楽しく拝読させていただいています。
    ウィルキンソンのドライのジンジャエールは
    もの凄く 自分好みの一品。
    あのピリピリ感は クローブなのですね。驚き☆
    これは作ってみるしか!! と思っているところです。

  2. >紺さん
    はじめまして!コメントありがとうございます。
    ウィルキンソンお好きですか!いいですよねあれ。ビンのデザインも好きです。
    ハチミツを大量に使って割って飲むので、ウィルキンソンよりもかなり甘めで薄めではありますが、あのビリビリ感に近いものがありますよ。簡単だし、ぜひお試し下さいませ。クローブはなるべくホールタイプがいいようです(粉末だと粉っぽくなってしまう)。

  3. 去年ここで教わってから作るようになりました!
    ソーダで割るよりも焼酎で割って飲む方が多いですけど、
    いい感じですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です