舞姫(テレプシコーラ)が面白すぎて

舞姫(テレプシコーラ) (山岸凉子)を読み始めました。バレエでがんばる小中学生の姉妹のお話。
おもしろすぎる!!!


以前にちょっとだけ読んだり、連載誌ダ・ヴィンチを買った時に読みかじったりしていたので気になっていたので、風前の灯火な近所のレンタルマンガやさんで借りてきたのですがこれも買い集めてもいいかもなあ。。
いやおもしろい!!
『のだめカンタービレ』を読んだ時にも感じた、「ああ、私も何かがんばらないと。みんなこんなにがんばってる」という焦りにも似た前向きな気持ちになれる作品ですね。
バレエの柔軟とか身体の使い方って、少しヨガのポーズに通じるものがあるのですね。以前読んだ時には「ふうん」と読み飛ばしていた、「すごい!あんなポーズをとれるなんて!」とかいうところでいちいち「ほんとだすげえ!」と驚けるようになりました。肩を下げるとか、脚を開くとか上げるとかそういう、見ている分には何でもなさそうなことに本当に!!筋力を使うものなんですよね。。
そんなわけでついつい、登場する少女たちががんばっているもんだから私も開脚しながら読んだりしています。80度くらいしか開かないけど(てかそれ開いてるっていわないから!固すぎ!)
そう、出てきてがんばってるのがみんな少女なのもまた、引き込まれる要因かも。姉妹のお姉ちゃんも才能もあるし環境にも恵まれてるんだけど何よりも本人の情熱と努力!すごいな~もう。なのに何か妬まれてるし!許せん。彼女以上に努力してから文句いえヽ(`Д´〆)ノ。
妹ちゃんは自信なさげでおぶおぶしてるのにたまにキラっと輝く素質と可愛らしさがたまりません(*´Д`*)。
またこの姉妹の関係が仲良しで素敵なの(*´∀`*)。女性誌のマンガってけっこう、ねたみとかそねみとか愛憎とかそういうのどろっと描くものが目立つけど(こういう天賦の才能がものをいうものだと特に)、これはお互い精神的にも実質的にも(練習などでアイディア出し合ったり)助け合っていて、読んでいて清々しいです。
もうね、そんな少女たちががんばってるとですね、読んでるこっちも
「。。。(´。ω 。`)」
(↑怒られてしょげている場面)
「。。。(*´∀`*)」
(↑褒められた)
「。。。Σ(;Д;||)」
(↑アクシデントが?!)
「。。。(* ´Д⊂・゜・」
(↑がんばり通した)
すっかり百面相です。
のめり込みすぎ。
あとはですね、若い女性の先生がもう素敵な味を出しまくってて大好きです。姉妹のお母さんもバレエ教室の先生なのですがお母さんはなかなか厳しい。そこへ新しくやってきた優しい先生が、なかなか自信を持てない引っ込み思案の妹ちゃんの感性をいち早く掴んで、褒めたり安心させたりして上手に伸ばしてあげるんですよね~。うううこういう人に子供の頃に出会えると本当に人生変わるんだろうな。こんなふうに子供に接することのできる大人になりたいものだ。
いっぽうビシビシ厳しいお母さんの指導で、負けん気の強いお姉ちゃんはガシガシ技に磨きをかけていくという。相性なんだなあ。
現在5巻まで読んだところなのですが、10巻も出てるのかあ。ううむ。。続き買ってこようかしら。。
舞姫(テレプシコーラ) 10
あらすじでネタバレしてそうなのでリンク開けませんが^^;

ハートをつけてあげて ハート 0

One Reply to “舞姫(テレプシコーラ)が面白すぎて”

  1. よつばと舞姫(テレプシコーラ)

    というわけでハイっ。よつばとリボルテックにこんなポーズをがんばってもらいました!
    舞姫(テレプシコーラ)(山岸凉子)
    いやこれがなかなかどうして、リボルテックの魅力と限界を明らかにする大変興味深い思いつきでしたよ。ていうかバレリーナすごい!
    以下、うち….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です