カバン、いろいろ色移りにご用心

先ほどちらりと予告したことを書きますね。
shibafバッグに限らないことですが、革ひもや色の濃い布バッグの使用上の注意について、失敗経験談です!(;∀;)
マトちゃん革ひも**1:革ひもの色移り**
GWに入手したマトリョーシュカショルダーちゃん
革ひもの黒い染め色が…..服に移ってしまいました( ´Д⊂・゜・


斜めがけして一日持ち歩いたら、濃いめのベージュの服だったのですが胸と肩のところにこすれたような黒い色が。
うう、クリーニングで落ちるだろうか。。(その後:綺麗に落ちました!)
web注文で届いたオレンジちゃんのほうには、「shibafトート、使用上のご注意・お手入れについて」という注意書きが同封されており、そこにはちゃんと
「(特に雨や汗などの水がかかると)色移りすることがありますので十分ご注意下さい」
と記されていました。ああっこれを先に見ていれば。。というか、注意されなくても常識として気づくべきだったんですよね;
黒とこげ茶の革には、裏側にも同色の染色がほどこされているため、色移りしてしまうということでした。
ただ、明るいキャメル色の革持ち手アロエちゃん)の場合も、雨が降ってきた時にちょっと濡らしてしまって、肩にキャメル色がうっすら移ってしまったことがありました。
こちらは裏染色はされていないので、外側の色が落ちて移った感じでした。以来、濡らさないように気をつけています。
というわけなので、革持ち手のカバンをお持ちのかたはご注意下さいませ~。
**シロート対策**
マトリョーシュカの黒革ひものほうは、肩掛けバッグなのでひもが色移りするというのはちょっとけっこう困ってしまいます。。
一応今は、すそ上げ用のアイロンテープをあててみています(100円ショップでジャストサイズを見つけた☆)。
これでようすを見てみようと思うのですが、さすがに白い服には怖くて持てない。でも白いシャツにぴったりなカバンなだけにもったいないな。。
しばらく家で、白っぽいパジャマで斜めがけのままうろうろして、色移り実験してみようかな(^▽^)。
それによりアイロンテープで染色部分を隠してもやはり移ってしまうようなら、思い切って裏が染色されていない革ひもに付け替えてみようか。。。とも考え中。
そういうことを気にせず持ちたいですものね。
**2:布の色移り**
さてお次。
ちょっと前の話ですが、雨に濡れたカバンどうしをくっつけて置いていたら、なんと赤い布カバンの色が染みて、shibafマロンちゃんに赤く色移りしてしまった!
重曹や石けんをつけて、歯ブラシでそっとこすってみましたが当然落ちない。バッチリ染色されてます☆(T▽T)
お、おううう、濃い色・染めもの系の布の時には本当に気をつけないといけませんね。。
ほんと、皆さまもご注意下さいませ。
**シロート対策**
さてこちらへの対策は、落とせないなら塗り潰してしまえホトトギス。というわけで、
ハンズで布用塗料を買ってきて、塗ってみた。
ちょうど元の布の白い部分に赤が目立っていたので、白い塗料を買ってきてそうっと塗り塗りしてみました。
塗る前の写真は、何だかかわいそうだったので残していないのですが、一応塗った後の写真を。
マロンちゃんムラのとこを塗るちょっと白すぎて浮いちゃいましたが。。。赤い部分は見事に隠れ、目立たなくなりました!やった!
白一色だけでなく、この布の白に近くなるように他の色と混ぜて塗れば完璧だったかな、とも思いました。

ちなみに、この白塗料が色落ちするようだと困るな。。といらないタオル等でかなりこすってみたりしたけれど(←乱暴者)、今のところ大丈夫そうです。水にも強いということだし。
あとは写真でもわかるように、薄緑色の部分にも赤は残っているのですが、さすがにこんな微妙な色を配合する自信はないし、まあこの程度なら端っこだしそんなに目立たないからokとしようかと。
そういう思い切りというか、ぶっちゃけずさんな神経も時には大事かな☆なんて(^△^;)。
だって全体的に可愛いし便利だし、どこも壊れてないし、いいんだもん。少々難があったって使いたいんだもん♪(*´ω`*)
 *  *  *  *  *  *
そんなわけで、うっかりやっちゃった使用上の不注意をいくつか挙げさせて頂きました。皆さまの衣類やカバンを守るお役に立てれば幸いでございます。
また、それに対するけっこう乱暴な対策も併せて書き記しましたが、これらのことはすべて自己責任でおこなっております。
当然の事ながら失敗する危険性もある
ので、安易におすすめするつもりはまったくありません。
くれぐれもご了承下さいませ。
同じような症状でお困りのかたも、布や革、塗料の性質の違いなど様々な条件によって結果が異なる恐れもありますので、もしも試してみる場合は、ご自分の責任の上で、くれぐれも慎重になさって下さいね。
私もたとえ失敗しても致命的なことにならないように恐る恐る少しずつ試したし、万一ダメになってしまっても仕方ない、と覚悟を決めて臨みました(実際ダメにしたものも数多くあります…..)。
皆さまのカバンlifeがよりよいものになりますように。

ハートをつけてあげて ハート 0

6 Replies to “カバン、いろいろ色移りにご用心”

  1. 色移りですか・・・それはショックですね。
    私が去年のparkでGETしたショルダーは色移りはしませんでしたが、
    しばらく革がすれてもろもろがシャツについてました。
    今はそういうこともすっかりなくなりましたが。
    ただ生地の方が体とすれる部分が擦り切れてきました。
    だから片面だけにかたよらないように気をつけてます。
    でもすでに両面一部分が擦り切れてますけどね。
    そのくらい愛用してるってことですね。
    ほんとにどのサイズも使う人の心を満足させてくるものばかりで
    shibafのスタッフも研究し尽くしてるんでしょうね。

  2. 私もあのショルダー、いつも白い服に合わせて使ってる!!
    全然色落ちとか気にしてなかった
    帰ったら白い服チェックしてみなくちゃ!
    シロート対策ありがとう。参考になります♪

  3. >ともももさん
    >しばらく革がすれてもろもろがシャツについてました。
    そう、記事読ませて頂いて、染めてなくてもそういうこともあるのか~と思いました。でももう落ち着いたのですね。
    >ただ生地の方が体とすれる部分が擦り切れてきました。
    ああ、これは友人のもそうなってしまったようです。アトリエに聞いてみたところ、やはり生地がもうないので張り直しもできないとのことで。。(持ち手の付け替えはできるみたいです)
    残念ですが、確かにそれだけ愛用してるということなのですよね。
    >ほんとにどのサイズも使う人の心を満足させてくるものばかりで
    >shibafのスタッフも研究し尽くしてるんでしょうね。
    ね~~。次々ほしくなってしまって困ります!

  4. >シオリちゃん
    >私もあのショルダー、いつも白い服に合わせて使ってる!!
    >全然色落ちとか気にしてなかった
    ちょっと気をつけたほうがいいかも~。白い服、点検してみた?どうだったかしら。
    シロート対策のアイロンテープですが、あまりに幅がぴったり、というか1mmほど狭かったため、余る幅のを買ってきてほんとーにギリギリサイズに切って付けてみようかなーとかも思い中☆

  5. shibafちょこっとカスタム、バッグの取っ手に留め具

    そういえば以前shibafカバンの色移りにご用心という記事を書いて、続けてこれもupしようと思っていたのに10ヶ月も放置してしまった。。
    shibafカバンの持ち手に、留め具を買ってきて使っています、というお話です。肩にかけて歩いているとどうしても、持ち手の片方がずるん….

  6. 染色に挑戦・後編、本当にいい仕事だった編

    ブラウスをこげ茶色に染色したかったのに真っ黒になったおヽ(´▽`)ノ、と書きました。
    だけど一晩経ってすっかり乾いたら、あれ??
    麗しい焦げ茶色になっているではありませんか!!??
    ←昨夜の段階。
    写真だと差がわかりにくいかしら。
    濡れていたから色が….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です