Wii祭り、Wiiボウリングに甦る父の教え

Wiiボウルちょっといい話かも。
あのですね、Wii Sportsで一番一般的に誰もが楽しめるのはテニスだと思いましたが、個人的に一番感激したのはボウリングです。
なぜなら。
昔父から教わったことを忠実に守ると、かなり良い球投げられるから。


子供の頃、ボウリング好きのチチによく細かい技能を教えられたものですが….
自分の肉体を使ってやった時には全然できなかったのに。
身体能力の低さが邪魔で。
でもWiiSportsだと、理論だけでできるんですよ!

これは素晴らしい。
・レーンの一番右あたりの三角を狙って、
・ちょっと手首を左にひねるように投げると、
・ピンの山に斜めに球が入っていくので全部倒れるぞ!?

みたいなことをね?
チチからいくら言われても、右の三角狙ったってそこに投げられないし、左にひねりすぎてボール吹っ飛ぶし、ボール離すのが下手で球に勢いが出ないし。
それがですね。
WiiSportsでも、確かにコントローラーのボタン離すの下手で(爆)球がゴツンと吹っ飛んで音を立ててレーンに落ちたりもするんですが(現実と一緒じゃん)、「よし、ちょっとひねるだけ」とか「まっすぐ力を入れるぞ」と思うだけで、かなりの精度で言うことを聞いてくれるんですよ。コントローラーを信じる。
そうすると、ものすごく思った通りの球が投げられる!
つまりはまあ、自分の身体より、コントローラーのほうが上手いわけです(爆)。
チチはほんとボウリング大好きで。
わがやは様々なボウリング大会のトロフィーだらけでした。土曜は必ずテレ東のボウリング番組見るですよ。そいで家族でボウリング場に行くですよ。
アニはチチの教えをすくすく吸収してめきめき上手くなって、二人してスコア表を真っ黒にしていたものですが(そして大学生、社会人になってから友人とボウリング行ってあまりの巧さにびびられハンデをつけまくられていたとか)、いっぽう私はどう教えられてもダメで。
おかげでフォームはすごく綺麗になりましたよ?
なので学生時代、友人たちと初めて一緒にボウリング行ってその立ち姿に「おおっすげえ上手そう!」と思わせておいてめっちゃガーターでギャラリーをずっこけさせまくったり。
ちなみにハハには後ろに球をすっ飛ばした伝説がありました。若い頃、チチとのボウリングデート中。っておとんめっちゃ自分のフィールドに連れてってるし(爆)。
いや、楽しいですWiiボウル。
久しぶり(てかWiiでやるの初めてだってば)にしてはけっこう良いスコアが出たかと。
Wiiボウルスコアオットくんに至っては「あ、2回しか投げられないんだ」そうだよ。ほんとに初めてなんだね(^▽^)でもすごいよこのスコア。


チチとアニは「今日は200切ってしまった、調子悪い」とか言ってたな。
すごく重くて穴の大きな、真っ黒のボウルがレーンを滑走していく鈍い音と後ろ姿、まだボールが走っているうちにガッツポーズを決めてそれがちゃんとストライクだったり、端と端に離れて残ってしまったピンを見事撃ち取ったり。
そんなことを懐かしく思い出しました。また見たいな、あのフォーム。お兄ちゃん今度ボウリング行かない?お父さんと行ったらまだ上手いかねえ。もう来年62だもんねえ。
としみじみしてみたり。
任天堂の思うつぼ。
テニスの時も思ったけれど、テニス好きのお母さん、ボウリング好きのお父さん、やったら楽しいんじゃないかしらほんとに。
今までのゲームと圧倒的に違うところは、やはりボタン操作でなく、コントローラーを直接振るところです。すごくそのまんま、そのスポーツができますよ。

Wii Sports
Wiiボウル、あとは球の重さを選ばせてくれると嬉しいな。もうちょっと重い球投げたいです。


**Wii祭り開催中♪**
*Wii,ニンテンドーDSカテゴリ*

ハートをつけてあげて ハート 0

2 Replies to “Wii祭り、Wiiボウリングに甦る父の教え”

  1. すごい楽しそう!
    お父さん、ボーリングすごいね。
    私もぜひ小さいときから教えてもらいたかったなー。
    むかーし、会社でボーリング大会とかあって、私はいつも「めざせ100」レベルだったの~(TдT)
    家族みんなで集まったときとかに、
    みんなで楽しめていいね、このゲーム。
    それにしても、オットくん、初めてだったんだー。それでも私の目標は超えちゃうのね。。。
    ホント、楽しそ~♪

  2. >シオリちゃん
    >私はいつも「めざせ100」レベルだったの~(TдT)
    そうそう、私もそうだったよ~。
    >家族みんなで集まったときとかに、
    >みんなで楽しめていいね、このゲーム。
    うん、ほんとそういうのに向いてると思う。すごいな~と感心しちゃうよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です