逸見さんの追悼番組

クリスマスが明けて、今日の東京は雨模様で寂しげなお天気ですね。そんな日にぴったりのお話をひとつ。
先月蛭子さん結婚の報の際にちらりと触れた、逸見さんの追悼番組の件ですが。
これがね!
すごかったんですよ!!


逸見さんといえば、フジテレビの人気アナウンサーだった逸見政孝さん。30代以上で知らない人はいないでしょう。
逸見政孝(Wikipedia)
おカタい外見としゃべりと生真面目な性格に、少しのスキのあるキャラが絶妙にいじりやすくて、たけし・さんま・タモリさんと4人で毎年お正月には妙なルールのゴルフやってて、お茶の間で広く広く愛されていたかたでしたよね。
ああ、先ほど引いたWikipediaにも、親しかったタレントが号泣と著名人が列挙されています。
でも私が鮮明に覚えているのは、名前も知らない人の泣く姿です。
泣き崩れず、堪えて必死に仕事を続けていました。
 *  *  *  *  *  *
彼がガンの闘病生活を経て亡くなった時(クリスマスでしたね)、昼間に追悼番組をやっていてついつい見てしまっていたのですが(フジだけでなく他局でも当時そういう番組をやったそうなので、どこだったかは定かでない)。
あの、昼下がりのTV番組って、なんかCMを人がスタジオでやるじゃないですか。生放送みたいなかんじで。洗剤だったら何か洗ったり、宝石だったらつけてみたり。
そ、そういうCMをですね、な、なんとその追悼番組の間にはさんでたんですよ。
「ではここでCMです」と沈痛な面持ちのスタジオ(背景は一面の菊の花と逸見さんの笑顔の大きな大きな写真)からカメラを回され、そこには….
し、CM担当のおばさまがですね。
一人ぽつんとCM用の小さなセットの中に立ち。
「はい、今日はこちらの、○○のご紹介です」
(もう何の宣伝だったかなど)
と、
明らかにさっきまで泣いていた真っ赤な目で!
震える声に無理矢理笑いを含ませて!
口の端もひきつらせて!
眉毛なんて完全に泣いちゃってますよ!?
「ご覧下さい、とっても○○でしょう?
 (´;▽;`)」

とか明るくなんぞかの商品の説明をデスね!!
するですよ!!!

出待ちの間にね、ずっと今流れてる番組見てるわけじゃないですか。逸見さんの人となりとか、笑顔とか、さんざん流れてくるじゃないですか。
同じ場所で働いた人ですから裏ですれ違った時とか、何か楽しく会話が弾んだこととか、個人的な思い出もそりゃあお持ちでしょう。
同じスタジオ内で生でそれを見せつけておいて。
ハイ明るくCMをやれといいますか!
どんな罰ゲームだよマジで!!
いいじゃんもうそんなCMはさまなくても!
商品買っちゃうよ!!!

いやあれは凄かった。凄かったです。
高3だから18だよなあ。13年も前なのか。忘れられません。
働きマン(安野モヨコ)


 *  *  *  *  *  *
皆さん、今年はどんなクリスマスでしたか。
そしてどんな年越しですか。
うちは例年と変わらず、特別なこともせずゲーム三昧のクリスマスに、近所のおそば屋さんで紅白を見る年越しです。

ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です