真説ザ・ワールド・イズ・マインが本屋で発見できないのはサイズのせいかもしれない

真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (2)巻
うわあんないよう!(*前回のあらすじ*
近所の本屋(2軒だけど)全滅!
意地を張らずに(?)amazonで注文しておけばよかったか?
本屋の棚を何度もうろうろしてしまいました。
なぜならオットくんが、
OT「アマゾンだとわかんないけど、実は


リリパット文庫サイズかもしれないじゃないか(゚Д゚)」
リリパット文庫=キーホルダーにくっついてる豆本だそうです。グーグル先生もろくに知らないご様子ですが皆さんご存知ですか?私は知りません。
OT「amazonのイメージ画像よりも実物が小さいんだぞ!?
←【参考1】
ええ、これより!?


豆本、花言葉←【参考2】
豆本キーホルダー
ええ、このサイズでモンちゃん大暴れ!?


でも厚さは2冊で9cmとの情報も寄せられているのですが、それ本として成り立つのか!?コロコロコミックどころの騒ぎじゃないですぜ?
まあでもだからひょっとしたら小さいのかもな、と思って一生懸命探してみましたがありませんでした。
ってネタこねてないで早く買いに行けー!
入手後。
**新井英樹祭りもいよいよ大詰め**
**WIM表紙にドキッ★**
**WIM完全版発売との情報に大興奮
**新井英樹『キーチ!!』啓蒙第一章・導入編
**新井英樹『キーチ!!』啓蒙第二章・孤高編
**新井英樹『キーチ!!』啓蒙第三章・託宣編
**ヒデサマのここがたまらん!
**新井英樹・萌え編
オマケ。
文庫版 鉄鼠の檻
京極夏彦先生、豆本界に進出。
というのはどう?

ハートをつけてあげて ハート 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です